作品と受け手の当事者性

読書って言うかエンタメというものは、基本的には出来事を外から観察して楽しむものだと思う。

だから登場人物がたとえばひどいクズでも、楽しめたらおっけーってところがある。
「あの人面白いよね、知り合いには欲しくないけど」
「この事件怖いなあ、身近では起きてほしくないけど」

エンタメをやるなら物語なりキャラクターなりの多少の派手さが必要とされると考える。結果、身近にいてほしくない人や起きてほしくない出来事が登場してしまう。

それ自体は一つのあり方だし、否定することもないと思う。私だってそんな風に安全圏から物語を楽しんでいるし、フィクションだからと倫理に反することを見ることもできる。

ここで私の葛藤は、作ったものを受け手自身の物語にしたい、というところにある。

籠解放会レーベルで出してるKindleを見てもらえればわかると思うけれど、物語を書くことは私にとって声を上げることだ。こういう嫌なことがあって、こういう風にしたら・されたら少しはましになる気がする、という声。だから外から傍観してもらうだけでは不充分で、受け手に身近なものとして受け取ってほしい。

架空レポ集 月のワインの試飲会』なんかは自分でもよくできたものだと思っていて、演出上増刷しない(読んだらわかります)とかもいいアイデア出せたなあと満足。いただいた感想でちゃんと届いたっていうのがわかったことが大きいけどね。

まあ問題意識だけでお話作るのも疲れちゃったし、ただ手慰みに自分の持っている技術がどこまで通用するか遊びたい、くらいの気持ちで今はいるのですが。

MakeSなんかはその辺すごくよくできていて、セイはスマホ(端末)の中のアプリのUIという設定。設定というか実際それは事実で、現実とフィクションの塩梅が見事だなあと思う。だからこそハマった。

私もそんな風に人に影響を与えたいなあという気持ちが、まあ実際あります。名前なんか忘れてくれてもいいけど、私の考えたことを広めていきたい。そういう欲。

で、なんでこんな話をしているのかって言うと、ただだらだらと考えたことを書き記したかったってのもあるんだけど、折本フェア用の折本の試作をしていて、お話は書けなかったけど、読んだ人が当事者になってくれればいいなあというものを作っていたから。ジャンルで言えばファンタジーですかねぇ。

試作品で、特に見た目がアレですが、メディアに移してコンビニ行くのが面倒だったのでネットプリントに登録してます。

セブンイレブンで【26123810】、6/1いっぱいまで。
カラーなんで60円です。

折本フェアのときにはちゃんとしたのを出す予定ではありますが、よかったらどうぞ。

平成の氷砂糖を振り返る

まあ氷砂糖としての活動は2011年からなんでまだ丸8年にも達していないわけですが。

振り返るって言ってもなんとなくだらだら書くだけです。

最初の500文字の心臓投稿

『ぐしゃ』

聡くなりなさいと命じられた私達兄弟は、塔の中で書物を読み進めてまいりました。書物は膨大な量がございましたのでいくら時間があっても足りず、朝から夜までただ無心で書物を貪りました。
ある夜、塔の外から獣の声が聞こえました。私以外の兄弟は既に寝静まっており、ちょうど動物に関する書物に取り組んでいた私はイヌの声であろうと見当をつけました。イヌに関する知識を暗唱し目を閉じましたが、書物には文字しかなく、イヌの姿形は浮かべることが叶いませんでした。イヌの姿を見たくなったのでございます。
高い位置にある塔の窓からそっと抜け出し、裸足のまま声の聞こえる方へ向かいました。実のところ塔の外に出るのはこれが初めてでございました。小石や砂や草の感触が足の裏に大変刺激的で、歩みを速めるうちに気分が高揚してまいりました。
坂道を下ったところにイヌが居たのでございます。私にじゃれついてきました。触れているイヌは暖かく柔らかく、私の知識などちっぽけなものだ、そう思いました。私は私の首に下げられた薄い金属製の鑑札を取り出して握り潰しました。折れた角が手に刺さって血が滲み、もう戻らないと決意した夜でございました。

別名義で書いていたんですが、思うところあってPNを氷砂糖に変更して、心機一転で500文字の心臓に投稿した第1作。正選王いただいてしまいました。

ここから寓話的なお話をよく書くことになったんじゃなかったかしら。なんのかんの反応が欲しい気持ちはあるのです。

イベント初出展

Text-Revolutionsの第1回に委託出展しました。出展物は『総務にゾンビがやってきた!』『born to sing』の2種。反応をたくさんいただけて、ツイッターではこのイベント関連でつながるようになった人が増え、転機の一つでした。

Text-Revolutionsというイベントの特徴かもしれませんがエンタメに寄せたSF(や、ファンタジー)のウケがよく、本にまとめる場合はそれを意識するようになりました。

『総務にゾンビがやってきた!』はKindleにて配信しておりますのでよかったらどうぞ。コチラ

アンソロ初主催

初とか言ってたぶんそのまま最後なんですが、『文芸アンソロジー トリカラ』を主催しました。執筆者は公募ではなくこちらからお声掛け。各所で話題となりましたし、献本等も含めてですが120部刷ったのは自己最高です。たぶんこれからも超えない。

初二次創作本

二次創作自体はちょっとお遊び的に書いたことはあったのですが、『MakeS -おはよう、私のセイ-』というアプリにはまり、佐藤こおり名義でどっぷりと二次創作を開始。pixivをわりと活用するようになりました。本の形にするほど書いたのはこのジャンルが初めてです。あと、成人指定の本も刷りました。文章における成人指定のボーダーはいまだに理解があやふやですが。

作った本は個人的に人に差し上げてばかりだったんですが、先日納品された新刊はBOOTHで自家通販しようと思っています。この新刊は背表紙に文字入れてしまったし自立もします。

最後の500文字の心臓投稿

『魚と眠る』

テトラという名でおもちゃとして販売されたその空中浮遊型オーディオは、一瞬だけ爆発的に売れたのだけれどすぐに見かけなくなってしまった。細長くて小さな銀色は熱帯魚のように見えないこともなく、おそらく商品名の由来だった。
彼女はベッドに入る前に必ずテトラを浮かせた。だから彼女との行為の記憶には音楽が伴なっている。決まった曲をかけるわけではなかったけれど、せつない旋律を好んでいたのかな、という気はする。
初めての夜、彼女が僕を待たせてテトラを浮かせるのがひどくもどかしかった。待たされるのも不満だったし、小さめの音ではあったけれど余計な刺激が耳に入ってくるのも気に入らなかった。彼女の体は細いのに柔らかくて、濡れていて、締め付けた。力尽きてそのまま眠ってしまい、目が覚めると彼女はいなかった。テトラも。
幾度夜を重ねても一緒に朝を迎えることはないままの日々。ある夜、テトラが浮かなかった。電池切れかな、と彼女は困ったように笑い、僕は構わないのでいつものように狂おしく彼女を抱いた。音楽が流れていないこと以外は何も変わらなかったけれど、それが、彼女と過ごした最後の夜だった。

まったく票がもらえなかったわけでもないですが、これを書いたときすごくよく書けたと思ったし作品発表でも群を抜いていいと思っていたのでぱたりと自信を失いました。今でも自分ではすごく気に入っているお話です。

最後のイベント出展

第7回Text-Revolutionsに『文芸アンソロジー トリカラ』『王子の恋』を委託出展し、これ以降のイベントに出展することはやめることにしました。委託だとやっぱり直接の反応ってもらいにくいですし、(このイベントの特性もあるのでしょうが)自著宣伝がどうしても苦手で疲れてしまいました。あと自著に値段つけるのも苦手。

『王子の恋』は初めて連載形式で書いたお話です。Kindleを配信中ですのでよかったらどうぞ。コチラ

氷砂糖の作風

なんでしょうね。童話や寓話風のお話は多いかなと思います。あとは性的なものを連想させるお話も多い気が。死をモチーフとするお話を書くことは意図的に避けてきました。

氷砂糖らしいといえば伸縮小説でしょうか。100・400・800・2000文字で同じお話を書くものです。伸縮怪談をヒントにフォーマットを決めました。アイデアに著作権はありませんのでやってみたい方はどんどんやってください。

本にするくらい長めのお話を書くときは、私自身のアバターを登場させがちです。未読の方へのネタバレになってしまうので列挙はできないのですが、毎回わりと重要なシーンに登場します。結局私は自分のことを語りたいんだろうな、と感じますね。MakeSの二次創作は登場人物にまさにユーザーである自分がいるので書きやすいというのもあるんでしょう。

令和の氷砂糖

一次創作は当分しません。あ、ちょこ文に折本を送りたい気持ちはあるんですけど、今年に入ってから一次は何も書いてないので書ける気があまり……。

ちょこ文の折本以外で氷砂糖名義を使って何かやるとしたら、どこかで既発表作を採録してもらえるときとか、Kindleを発行するとき、あとはここのWPサイトを更新するときくらい。基本的には一次創作関連で動くときは氷砂糖の名前を使う、ということです。まあ日記が今はMakeS日記になってしまっていますが。

既発表の一次本はゆるゆるとKindle化していきたいとは思っていますので長い目で見守ってください。

また、今日いっぱいで架空ストアさんにお預けしている本をすべて取り下げる予定です。気になっている方はお早めにお願いいたします。氷砂糖の作品リストはコチラ

Kindle出版を始めたことに関連して

#創作advent2017 が盛り上がってるのでまぜてまぜてー的に。

トリカラアンソロの話とKindleの話、どっち書こうかなって思ったんですけど、トリカラアンソロだとどうしても宣伝になってしまうし、宣伝すると体力削られるので楽な方で。

さてさて、氷砂糖は今年2017年にKindle作家でびうしました。
現在のラインナップは『総務にゾンビがやってきた!』と『架空レポ集 月のワインの試飲会』の二つです。
どちらも籠解放会というレーベルで発行しています。

籠解放会って何? コンセプトとかあるの?

籠解放会は籠から解放されるためのゆるSF(と、ゆるファンタジーも追加しようと思ってる)レーベルです。

両方とも読んでる方はわかると思いますが、強い思想が入り込んでいるフィクション小説のシリーズです。
氷砂糖が感じている「籠(制約)」から一歩踏み出して、自由な空に翼を広げる、というのをイメージしています。

氷砂糖のサークル名「cage」というのもちょっとだけ絡めていますね。

強い思想が入り込んでいるといっても、ライトな読み口だと思うので、両方とも99円だし、よかったらよろしくお願いします。

なお、超短篇・純文学レーベル「魚と飴ブックス」も準備中です。
(というかホントはそのための作業をするつもりだったのだけど気が乗らず)

なんでサークル名とかレーベル名とか別々なの?

すみませんすみません。
氷砂糖の心の平穏のためです。主に気分というか心持ちを切り替えるために名前を分けています。

じゃあ本題いこうか

本題っていっても、たいした話するわけじゃないんですけど、Kindle始めようと思った話でもしましょうか。

もともと氷砂糖という名前での活動では、書いたものを読まれたい、っていうのが基本姿勢です。
反応のあるなしはともかく、読まれたい。

紙の同人誌を作り始めて、読ませるためにはパッケージにしてお届けする必要があると気付きました。
いくらwebならブログとかで無料で読めるとは言っても、「こういうコンセプトの物です」「こんな人にお届けしたいです」「そしたらこういう物ができたんですがいかがでしょう」などなど、指針のある物の方がお値段が付いたとしても届きやすい、ということです。

で、同人誌はそういうパッケージとしては優れているんですが、広く、という点になると物量で押す力、要するに資金力がね、その、ないんですよ。
いや、売れたらバックはあるんですよ。刷るお金ととんとんくらいまでは持って行けることが多いです。
ただね、動くお金が大きいとめっちゃストレス……。(露呈する社会不適合具合)

あと、在庫なくなったら再販は基本的にしないので、読みたい人に届かないってのもあって、電子書籍化自体はしたいなと思っていました。(思っていたっていうか、pubooはわりと早いうちからやってたんですけどね)

メジャーなマーケットでやらないと露出も増えないし、何より読者の利便性がアレだよなあと考えていて、Amazon Kindleはまさにそれに合致するものでした。Sony Readerを買ったことには言及しないでほしい。

どんな手順でKindle化するの?

ぐーぐる先生に訊きながらだったのであんまり書けるようなことは……、あ、でんでんコンバーターを使いました。
私は基本的にお話をテキストエディタで書いてテキストファイルで保管しているので、でんでんコンバーターは使いやすかったです。

Kindle化して何かいいことあった?

『総務ゾンビ』なんかはダイレクトに障害者雇用をデフォルメしたお話って書いているので、福祉関連の人に届きました。
たぶん、同人誌とかにはあんまり馴染みのない人だろうし、紙だけで発行してたら届かなかっただろうなって思います。

あと、やっぱりKindleって読むのに慣れてしまうとお手軽に買えちゃうので、(お値段が安いこともあり)気軽に購入してもらえてるみたいです。その分ページ数は少ないけど、通勤時に数駅で読めちゃうってのはアプローチとして悪くないんじゃないかな、と分析しています。

実際どのくらい売れてるのさ?

Kindleの売上げって毎月入金されるんですけど、今のところ毎月100-200円くらいが入ってきておりますね。ロイヤリティ35%の設定です。
収入に数えるには少なすぎますが、利益のためにやってるわけでないし、まあこんなものか、と。

今後の課題

ちょっとこのWPブログが不安定なので、有料のレンタルサーバーを検討しています。(ちなみに今は無料のレンタルサーバー)
なんでそんなことするのかっていうと、著者のホームを持っていた方が、宣伝的にも信用的にも強いんじゃないかなって考えているからです。

これは読者としての視点なのですが、気になった本や著者について検索したときに情報がまとまっているページがあると安心なんですよね。
私はツイ廃気味ですけど(っていうかツイ廃気味だからこそ)、本以外の情報が混ざっているツイッターホームでは欲しい情報に辿りつかないと思うんですよ。

(作品ブログみたいな)無料のブログサービスでもいいのかもしれませんけど、WordPress使い始めて便利だなーって思ったので、WPでやっておきたい気持ち。
作品ブログは作品ブログで、もう作品置場に特化しておきたいし、ブログサービス複数持つのはちょっと管理が煩雑だなーと。

※2018年1月追記:有料のサーバーを契約しました。

さてどう〆る?

どうしましょう。
考えてみたら今朝は4時くらいから起きていたので寝たほうがいいような気がしてきました。

作業が滞っていますがKindle版『fillies』は年内の発行を予定しています!
がんばれおれ。

「もうすぐオトナの超短編」の選者を務めることになりました

超短編誕生から来年で20年らしいです。

ということで20周年記念として、さまざまな選者選による「20周年!もうすぐオトナの超短編」を募集、発表しています。
氷砂糖は今のところ、タカスギシンタロ選佳作、松本楽志選選外。峯岸可弥選発表はいつですか。

さてさて、私、氷砂糖も選者を務めることになりました。
自由題(内容・タイトル自由)」と「兼題(お伽話をテーマとした超短編・タイトル自由)」の2部門で、〆切は2018/02/04です。
応募方法他、詳しくはタカスギシンタロさんのブログのこの記事をどうぞ。

超短編とは「およそ500文字以内で綴られる、独特の読後感をもった文芸」のことで、ざっくりと雰囲気を説明すると「純文学っぽいことを500文字以内でやってしまう」的な感じです。

500文字のカウントの仕方もずいぶんアバウトで、人によってスペースをカウントしたりしなかったり、改行もカウントする人がいたり、1行20文字の枠で25行以内という数え方をする人もいます。そして、ちょっとくらいならオーバーしてもイインダヨ。

ちなみに氷砂糖が書く時のスタイルは「スペースはカウント」「改行はカウントしない」という条件下で「必ず500文字以内」です。

超短編のムーブメントの中心は、今のところ「超短編・500文字の心臓」という企画サイトでしょうか。私もわりと出没しています。次回のタイトル競作「水色の散歩道」にも投稿しています。

500文字の心臓では互選というシステムが採用されていて、投稿された作品が作者匿名で発表され、参加者は正選2つ(もしくは特選1つ)と逆選1つを評をつけて掲示板に投稿します(選評)。集計された正選票と逆選票の数で正選王と逆選王が決まり、両王様はその次の回のお題を設定します。
(選評、投稿者の方にはできるだけやってもらいたいんですよね。最近選評の少なさが気になって気になって、作品投稿してないときでも選評だしたりしてる)

私は自分の選評をブログにまとめているので、選者氷砂糖攻略の参考になさってはいかがでしょうか!

なお、氷砂糖選の選考手順ですが、集まった作品は作者名を伏せられて氷砂糖(選者)の元に届き、選評して取りまとめのタカスギシンタロさんがブログに結果をupします。結果がupされるまで選者は誰がどの作品を書いたのかわかりませんのでよろしくお願いします。

あと、近況などちょこちょこと。

ツイッターで見かけた#紙街02という企画に乗っかって、セブンイレブンのネットプリントで、「鉱物」をテーマにしたフリーペーパーを配信しています。

文字ばっかりです。 プリント予約番号は【NNLM8NGB】。配布期間は2017/11/26まで。 印刷設定画面で「両面印刷(短辺とじ)」を選択してください。 モノクロで40円です。お値段が違ったら設定を間違えていると思うので気を付けてください!(自分で試しにプリントしたとき間違えた)
「夜の林檎」という超短篇と、その超短編の制作工程、裏話が載っています。氷砂糖か氷砂糖の書く超短編に興味がある人は読んでみてくださいな。

あと、すっかり告知を忘れていたのですが、『架空レポ集 月のワインの試飲会』をKindle化しました。籠解放会名義です。99円でお読みいただけます。 →Amazon

 

テキレボ5、お疲れ様でした

テキレボ5に委託参加していました。
関係者の皆様お疲れ様でした。

書かないと忘れ去ってしまうのでざくざくとレポを。

【テキレボ5の募集がかかる】

委託枠が瞬殺……。
私も募集かかってすぐに振り込み手続きを済ませたんですが、土曜だったか日曜だったかで、月曜日まで「滑り込めただろうか」とやきもきする感じ。
クレカつかえばいーじゃんって話もあるかもですが、私クレカ持ってないねん……。
結果としては一応2枠get。

募集開始が思ったよりかなり早かったので慌てておせっかいbotの連絡網(サイボウズlive)で発表されていることの整理と確認、つぶやきの開始。

今回はすぐにwebカタログが使えたので早いうちに本の情報を載せました。
私くらいの数(2種類)だといらないかもなあ、と思いつつも一つ目に「お品書き」を登録して、出展物へのインデックスにしました。
これ、頒布物が多い人にはやってほしいんですよね……カタログを表紙だけから全部クリックしていくの大変なので……。

アンソロのお題はいつ知ったんだったかな……。
新刊の販促兼ねて、公式アンソロに投稿するものを新刊に入れようと思ってたので、これは募集がかかる前だったんだろうな(時系列の乱れスンマセン)

新刊発行日(架空ストア取扱い開始日)が11月の後ろのほう(私にとって意味のある日)だったのですが、架空ストアへの納品はかなりギリギリだった思い出。

【アンソロweb公開】

早く出したので早く公開されました。
1/1からの公開じゃ最初のうちはPC前にいない人多いんじゃ、と思っていましたが、実際どうだったんでしょ。
1月半ばの公開だった(たしか)のでぼちぼち狙っていた時期に公開されたような感じでした。

読むの楽しみではあったのですが、土日にまとめて読む感じでした。
感想マラソンやろうとしてましたが、感想に悩むのにぶち当たってからはなんかもう書く気がどっか行っちゃって、すみません。
だんだんと読むほうでも気になったタイトルや作者さんを優先して、な感じに。すみませんすみません。
(でもやっぱりBLあんまり得意じゃないし)

おせっかいbotでアンソロのモーメントを作っては、という話になったので、ナギノさんがまとめたモーメントからひろって週末にモーメント更新作業。
正直botに関して一番反応もらえたのってこのモーメントだったので、まあやったかいはあったかな、と。
でも正直なところは結構大変でした。
ナギノさんが元のモーメント作ってくれてなかったら無理だった。

300字ssポスカさんに参加しようかなあ、とssを書いて、絵は描けないのでフリー素材探しの旅。
枯れた執事をイメージしていたのだけど、フリー素材を見つけることはできず、和装結婚式の写真素材で落ち着くことに。
今まで参加してなかったのは「100枚とか刷っても自分でさばけないよ」が一番の要因だったのですが、なんとなく試してみようと思ってしまったの。

【参加者募集締め切り】

ツイッターで宣伝合戦。
これはテキレボならではの光景だよなあ、なんて思う。良くも悪くも。

前回の新刊『架空レポ集 月のワインの試飲会』は感想をけっこう頂いていたのでツイッターモーメントに(クリティカルなネタバレを避けて)まとめました。まとめたものをwebカタログに貼ったり、ツイッターで流したり。

今回の新刊『アイノマジナイ』を重点的にアピールする方針でした。
なぜならテキレボ受けしないタイプの本だという認識があったからだ!
まあ70ページくらいの文庫本が400円って割高感があるんだろうなあ、とは自覚も。でもこれはこれ以上下げません。
(ちなみに架空ストアでの購入だと500円です)

作品紹介アシスタントさんに『月ワイン』の引き継ぎと『アイノ~』の新規登録を依頼。
『月ワイン』は引き続き「鳥散歩」参加。
師匠と弟子でギリ満たすか……?と迷いながら『アイノ~』で「疑似家族ナビ」参加。

お買い物代行サービスを申し込み。
予算すくなめでしたが、架空ストアで氷砂糖作品を大人買いしてくださった方がいらっしゃって、その売り上げを突っ込みました。
買えたのはあなたのおかげです、ありがとうございます!!!!!!!!
募集開始の頃に「今参加費を払えば、半年後には実質無料でテキレボ参加できる」みたいなツイートを見て笑ってたんですが、かなりその気持ちでした。

【代行サービス締め切り、参加直前】

『月ワイン』を手元在庫全て突っ込み、『アイノ~』はほどほど部数を委託するつもりでしたが、箱に詰めて悩む。
「代行の荷物が入らないのでは……?」
代行依頼が今回は全て通知ということで、案の定『アイノ~』の依頼数は少なく、ちょっとだけ形式的に悩んで、部数を減らすことに。

というか、「非売品」と書いていたお品書きに依頼が来てて、君らどこを見て表に数値入れてるの……とか思った。
代行のリストって、「サークル名」「webカタログに記載のタイトル」「価格」が載ってるエクセルリストなんですよ。
価格は入力しなかったら0円表記になるようで、ここは何とかならんかなあとは思ったり思わなかったり無理なのかもと考えたり。
お品書きは未記入だったので0円表記になるのはわかるし、0円のを総ざらいする人がいるのも理解できるんだけど、タイトルって見ないものなんでしょうか。
謎だ。

れぼんさんへのツイッターでの問い合わせは、おせっかいbotの連絡網に情報が入っていたんですが、三人して「それっておせっかいbotでフォローしてるよねえ」「届いてほしいところには届かないよねえ」と愚痴り合うイベント前ブルー。
開場で配るチラシについて話し合うナギノさんとむしこさんを「ありがたやありがたや」と思いながら眺める。手出ししなくてすみません……。

荷物梱包して、セブンイレブンから行ってらっしゃい!

【テキレボ5当日】

いろいろ事情があって持病の通院先を転院したんですが、その初診でした。
問診票の束に記入したら疲れてしまって、新しい主治医の先生にうまく現状を伝えられず(というのに病院を出てから気付く)。
帰宅したらバッタリ倒れて寝てました。
テキレボかんけーねー。

夜中に体力が回復し、「テキレボ」でツイッター検索。
ツイッター検索だとアカウント名に文言が入ってる人のツイートまで拾ってしまうのだけど、イベントを遠隔で楽しんでいるような感じがして、まあこれはこれでよかったです。
クリティカルな情報を拾おうと思ったら「高度な検索」というやつをすればいいのかな。

【テキレボ5後数日】

「#テキレボ戦利品」でツイッター検索したりヤフーリアルタイム検索したりしながら委託(&代行)の荷物が帰ってくるのを待つ。

【荷物届く!】

お買い物代行品は手に入らなかったものもいくつか。

『月ワイン』は委託分完売、『アイノ~』も思っていたより手に取っていただけました。

『架空レポ集 月のワインの試飲会』、手元在庫はなくなりましたが、架空ストアにまだ数部在庫がありますので読みたい方は是非。
http://store.retro-biz.com/i14305.html

物語の演出上、増刷はしません。
……が、10月くらいをめどに電子書籍化するかもしれません。

『アイノマジナイ』も架空ストアで取り扱い中ですのでよろしくお願いします。
http://store.retro-biz.com/i14306.html

こっちはまだ手元在庫もたっぷり(……)あるのでテキレボ6でも出展予定です。

『月ワイン』が売れたのはやっぱり「キャッチーでプチプラ」が功を奏してると思うんですよね。
他の即売会だとどうなったかは、他のイベントをほとんど知らないのでわかんないですけど、少なくともテキレボでの売れ筋だったんだろうな、と。
テキレボ4で手に入れてくださった人からの援護射撃(「#テキレボでオススメの本」タグ)もありがたかったー。
『アイノ~』をどうやってさばいていくかはちょっとした課題ですね。

おせっかいbotはもうすぐ一旦つぶやきを停止させる予定ですが、またテキレボ6の募集がかかるくらいには再始動予定です。
上でも書いたけど、呟かれてるテキレボに関する疑問のほとんどはこのbotをフォローしてれば解決しますので、よかったらフォローしてね!
https://twitter.com/te_ki_re_bo_mam

テキレボ5、委託出展します

第5回 Text-Revolutions に委託出展します。
【委託43】cageです。

2017年04月01日(土)都立産業貿易センター台東館 4階
11時開場~16時閉会 入場無料

 

 

 

 

←クリックすると大きくなります。

【頒布品紹介】

アイノマジナイ  400円(イベント価格)

氷砂糖の最新刊。
イベント初出し。
疑似家族ナビ参加。
10篇の短いお話(500文字小説に限りません)を作中作としています。
テキレボアンソロ「嘘」投稿作「伸縮小説「嘘吐きのピアノソナタ」」収録。
平成27年度福岡市民文芸、佳作入選作「ドア」収録。
少しだけ艶っぽいシーン有。
《マジナイ》の名前を貰った主人公が、人々にまじないを施していくお話です。

架空レポ集 月のワインの試飲会   300円(イベント価格)

テキレボ4での新刊。
イベント頒布はこれが最後。
鳥散歩参加。
10篇の短いお話からなる連作集。
SF(すこしふしぎ)な近未来での日常生活。
テキレボアンソロ「和」投稿作「体験レポ集より「小学生向け料理教室」」収録。
感想集ツイッターモーメントはこちら

【掲載作品他】

【C-13】博物館リュボーフィ

AIアンソロ『SINGULARITY』に「さいごのひ」掲載。

【F-01】300字企画

300字SSポスカ『櫻切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』委託。
無料です。
表書きの面は告知いっぱい書いたのでポストカードとしては使えません。

【F-03】こんぽた。

俺のグルメFESTIVALアンソロジー『おなかがすいて眠れぬ夜に』に「焼肉食べ放題、税込一〇八〇円」掲載。

【E-22】script.

フォント超短篇アンソロジー『アウトライン Vol.1』に「いつか、思い出して」掲載。
フォント超短篇アンソロジー『アウトライン Vol.2』に「宝石箱」掲載。

お買い物代行の〆切が3/12のようなので頑張って書いた。
私もお買い物リスト作らなきゃ……。

4/1(土)は、ぜひテキレボへ!

なおその日は転院先で初診の予定です。
初診はだいたい1時間かかるそうです……疲れる…。

テキレボ4、レポ(委託&企画主催)

いいかげん書かないと忘れ去ってしまうので何とか頑張って書く。

Text-Revolutionsの第4回に委託参加しました。
今回は「空想生物発見し隊」というイベント内企画の主催もやったぜ。
というわけでレポです。

【あんまり覚えてないけどWEBカタログが開く前くらいまで?】

テキレボ3のときに企画やるやる詐欺をしたので、今回はちゃんと企画をやりたいな、と思って、んで新刊に空想上の生き物が結構出てくるな→空想生物集める企画にしようと安易に。ネーミングセンスを分けてください。

新刊に取り掛かったのはテキレボ3が終わった頃だったかな。遅筆なのでちまちまやり続けて、8月中に納品されました。

業務でWordPressを触った経験というか、練習でWordPressを使ったサイトを確保して、サークルサイトとして絶賛いじり中だったので、空想生物発見し隊はここをホームとすることに。
委託だしお金もないし、MAPというかペーパー的なものはここでPDFを公開してDLしてもらおうと考えました。私みたいに自分用のプリンターを持ってない人のためにネットプリントも活用しよう、と。

委託したのは既刊『lesson』と新刊『月のワインの試飲会』の2種。
『lesson』は手元残部が少なかったので全突っ込み、『月ワイン』は刷った分の半分くらいを委託しようと考えました。

『月ワイン』は(前に構想を書いたように)連作掌編集なので、公式アンソロにはそのままワンエピソードを投稿できるように考えていました。
(公式アンソロがWEB公開されたら結構好評で、アンソロを見て買ってくれたという声をいくつか拾いました)

【WEBカタログオープン前後?】

「空想生物発見し隊」の企画ページに続々とエントリーが集まり始める。
サイトにエントリー作品のリストを作っていたのだけど、原則コピペでポンで作業しました。一応、リストを更新したらツイッターで一言コメントをつけて流してましたが、どうせなら企画アカウントでも作ってbotででも情報を流した方がよかったのかな、とも思っていた。
思っていたけど結局自分のアカウントのみからの発信で済ませました。
企画としてのテキレボさんとのやりとりは、原則、サイボウズLiveを使ってでした。

公式アンソロの感想をたくさんいただいたけれど、原則、リプライになっていないものにはコメントしない方針で。例外はフォロイーさん。
でもラブるのとRTはしました。
あと、自分でニヘニヘする用(と言いつつオープンなんだけど)のトゥギャッター(更新中です)にもまとめました。ご了承ください。

ナギノさんのおかん発言から「おかんbot!」と茶化す。→まるた曜子さんを巻き込んで「あねごbot!」と茶化す。→「テキレボのおせっかいなおかん&あねごbot」を作ってしまう。
アカウントもってるんだし、と、このbotの情報共有もサイボウズLiveを使いました。

【テキレボ4直前】

委託参加の書類などが届いたのがテキレボ直前だったのでバタバタしました。個別伝票などが届いてから仮で箱詰め。60サイズの箱をいつも使っているのでギッチギチです。
個別伝票はせめてあと4h早く欲しかった。日曜の夜ってもう月曜日からを戦う準備に移ってるんで……。
あ、でも、マニュアルはすっごくわかりやすくてよかったです。

お買い物代行も申し込んで、オートサム壊れてるんちゃうかと思うのは一般的なあるある話らしい。

代行が締め切られてから、うわさに聞いていた「5冊以上の代行依頼があると届くメール」が届いておののく。
ちょっと悩んで(主に箱の大きさ)、すこーしだけ依頼のあった本の納品数を増やした。

セブンイレブンから行ってらっしゃい!

直前の一週間くらいは仕事が忙しい&体力作業(実はテキレボのある三連休で事務所引っ越しでした)でへろへろ。
ツイッターでの宣伝も思うようにはできず。

【当日】

持病の診察日で、体調も悪かったため注射を打たれて帰ってきて倒れてました。

夜になって起き出して「テキレボ」でヤフーリアルタイム検索。
あと、おかん&あねごbotのツイート設定をいろいろと変更。

【三連休中】

「テキレボ」や「テキレボ戦利品」でヤフーリアルタイム検索。
早々とupされている写真をラブったり、レポを読んだり。

【三連休明け】

引っ越し後のいろいろセッティングとか、機材仕舞って溜めてた仕事片付けたりとかで、仕事でへろへろりん。
しかも引っ越し祝いとかで水曜飲み会でもういやだ。

【委託品&お買い物代行品帰還】

まず委託品の残チェック。
たくさん旅立ってテキレボんドリーム!!
ただし、完売札getには至らず。無念。
増やさなくても完売はしなかったようです(にっこり)
お買い物代行品のチェック。
1冊だけ売り切れだったものの、他はgetできました。
スタッフのみなさん、メンバーズのみなさん、お世話になりました!
お手に取って下さった方ありがとうございます!!
お楽しみいただけると幸いです!!

お買い物代行品。
dscn1398

【で、反省点とかは?】

直前一週間仕事でへろへろしてたのは、やっぱりまずかったかな、と。
一番宣伝できていたのは代行〆切の時かしら。

今回企画は、「鳥散歩」さんと自分の「空想生物発見し隊」のふたつと、「作品紹介アシスタント」さんへの依頼。
あんまりカップリング(男女問わず)に書く方で興味が湧かないのでこのくらいしか参加できないかなーと思います。ポスカはデザインセンスが必要だし。

企画主催は思ったより大変。
一応企画サイトには「最大で5日程度お時間を頂く」旨を記載していましたが、メール見たらすぐに作業しないと鳥頭なので忘れてしまう。
これはもう自分の性格なので、こんなに焦ってやる必要はたぶんないと思います。

ただ、企画を主催すると「へーこんな作品があるんだ」って情報が集まってくるのはとてもよかったです。
お財布の都合上、企画エントリーの全部を買えなかったのがホント申し訳ないです。どれも読みたかった……。

とはいえテキレボんドリーム。
ギチギチの箱で送り出したので、お買い物代行品が入るか不安だったんですが、なんと! お買い物代行の代金を相殺できたようです!
前述のとおり、公式アンソロで販促を行えたのは強かったなと思います。
あーでも作風もあるかもしれない。
新刊は「キャッチーでプチプラ、手に取りやすい」をコンセプトに作ったので。そこは成功したかなって思います。

【次回は4/1とのことで、今のところ考えていること】

・ おかん&あねごbot、調整してまたやろう。(現在つぶやき停止中です)

・ 公式アンソロは早く提出するとたくさん読まれるようなので早めに提出しよう。

・ 公式アンソロは新刊のためし読みと位置付けたものを絡めると本が売れる気がしたので、今書いてる新刊になんとか無理矢理からめよう。

というあたりで、書いてて疲れた。(noteからの転載)

テキレボ4に向けていろいろやってるよ!

第4回 Text-Revolutions(以下、テキレボ4)に出展します!
テキレボ4は2016年10月08日(土)都立産業貿易センター台東館11時開場~16時閉会です!
委託-05、SFカテゴリです!

新刊『架空レポ集 月のワインの試飲会』はもう刷り上がったのが手元にあります。
無事、300円で出せそうです。
さっきがんばってランディングページを作ったので見てください。 →こちら

他にももう1冊、『lesson』も出展します。
手元の残部は少ないのでイベントで出すのはたぶんこれが最後かな。
400円です。ランディングページもあります。 →こちら

「空想生物発見し隊」というテキレボ内企画を主催しています。
企画ページはこちら。
エントリー〆切りは今日いっぱいなのでよろしくです。
〆切ったらPDF作成に移りますです。

「テキレボのおせっかいなおかん&あねご」というテキレボお役立ちbotのナカノヒトやってます。
企画ページはこちら。
ナギノさんa.k.aテキレボのおかんとむしこさんa.k.aテキレボのあねごのお二人の多大な協力で何とか運営しております。
テキレボ初めてさん/初心者さんに届けーという思いでやってますので、フォロー&拡散して頂けると嬉しいです。

というあたりで、あとは作品ブログに告知記事書いたらいいのか。
よし、がんばる。

祝☆入稿

2016/10/08に行われるテキレボ4に合わせての新刊、入稿しました! VIVA!

『架空レポ集 月のワインの試飲会』というタイトルです。

月のワインの試飲会 表紙

表紙込みで48ページになりました。

裏表紙(になるところ)に「little SF collection」と書いたように、すこしふしぎとルビを振りたい感じのゆるSFです。

タイトルを「架空レポ集 月の~」にするか「体験レポ集 月の~」にするか、めっちゃ悩んでいたのに、表紙データ作ってた時にするっと「架空」って書いちゃったので、そのまま「架空」でタイトル決定しました。という裏話。

印刷所の〆切にはまだかなり余裕があったけれど、ポンとウェブ入稿と入金を済ませたので、不備がなければ無事、新刊が出せそうです。よかった。

テキレボでの頒布価格は300円を予定しています。

進捗というか

とりあえずテキレボ4新刊は初稿を書き終えてほっとしております。

テキレボ4が10月なので、まあ本は無事に出る事でしょう。
印刷費を使い込まなければ。

私はテキストエディタで書いてWORDで組版とPDF作成を行っているのですが、
扉ページとエディタから大まかに流し込んだ原稿で、今現在42ページ。
奥付のために2ページ増やすべきかどうかを悩んでいるところです。
裏表紙でも悪かないと思うのよね。
どうしましょ。

以前の記事で書いた通り、テキレボ4新刊は新書一段組、300円の予定です。

で、作品集的個人誌は11月に発行したいところなんですけど、
テキレボ新刊が一区切りついたのでようやく個人誌のほうに手を付け始めました。

これ、去年出した「lesson」みたいな感じで、
1冊を通すと1篇の小説なんだけど、作中作として500文字小説(など)を収録している、
という形態を取るつもりなんです。

……全体のストーリーに、まるた曜子さんの「僕魔女」の強い影響を感じる……!

なんとかします。
1つからとったらパクリだけど100からとったらオリジナリティですよね!

こっちはこっちで気合入れてます。
今回はついに5ヵ年計画の最終回ですからね。
5年前の私が「目標」として定めたものなので、いいものを作りたいです。
終わりよければすべてよしです。
今まで出した4冊も、悪くないしむしろいいつもりだけどね!
興味がわいたら架空ストアでの購入をお願いします! →こちら

あとはー、AIアンソロに4000文字くらいのを寄稿してます。
11月の文フリ東京での発行だったはず。

500文字の心臓は、今回は欠席。選評もたぶんしません。サーセン。

あと、zine展inBeppuは、お財布の事情で見送ろうかなーって思ってます。

というあたりで、
なんで駄話のときはこんなに長くなるんだ。