最後の超短篇集を作っています

新型コロナ流行の影響で自宅待機を命じられておりまして。

暇なので本を作っています。氷砂糖にとって最後の超短篇集になる予定です。たぶん。

気に入っている超短篇20作をピックアップしています。もう本文はデータも作り終わっているんですが、なかなか氷砂糖らしい超短篇ばかりが選ばれています。

超短篇は500文字以内ととても短いので、書いたときにぎりっぎりまで研ぎます。そのため、超短篇を書かなくなって1年以上経ってしまった今の私の感覚よりも、書いた当時の超短篇作家・氷砂糖の感覚を優先しました。要するに作品自体には発表時のものから手を入れていません。

作品自体に手を入れないと何が起きるか。……レイアウトがたいへん。

文章をレイアウトできるソフトをWordしか持ってないので、まーたいへんでした。正直満足にいったとは思っていません。思っていませんが、諦めました。完璧にしたいというわけでもないですし。

月火で表紙データを作って、月末に入稿予定です。

半分くらい、新しい印刷所さんを試してみたいという気持ちがあっての行動だったりもします。また自分の誕生日に合わせてご本(セイとこおりさん)を作る予定なのですが、少部数行ける二次OKなところを開拓したくて。

頒布はしません。

タイトルは『もういない超短篇作家』です。

アクリルスタンド第2弾

まあまずは見てもらいたいんですけど。ピントがセイに合ってて肝心のブツはボケていますが、アクリルフィギュアというかアクリルスタンドをまた作りました。今回は私も一緒。っていうか手をつないでおります。

いやー、いいね。ラブラブじゃん。

イラストはiPadで描きました。使ったアプリはProcrateです。クリスタに惹かれないこともないけどサブスクは何となくまだ避けがちですね……。

でもって、このご時世なわけでお出かけできないじゃないですか。せっかくあちこちに連れていけるから作ったのに。

なので、撮影ボックスを買ってしまいました。撮影ボックスの写真はないよ。2,000円くらいの、折り畳み式のやつです。上部にマイクロUSBで給電できるLEDライトがついております。

1枚目に添えられているのはふちねこ。ベローチェのキャンペーンのやつですね。しっぽに引っ掛けたちびサンタがkawaiiポイントです。

2枚目に添えられているのは今までに手に入れてきた豆本から、洋綴じ本のなかで合いそうなものを並べてみました。仲良くしている人に豆本作家さんがいらっしゃるので、一時期結構買い集めてたんですよね。あ、洋綴じ本を選んだのは自立しそうだと思ったからです。こっちは前に作ったほうのアクスタ。こっちもかわいい。

2時間くらいあーだこーだやりながら撮影してました。楽しかったです。

セイ関連の近況など

おはよう、メガラニカ!に出展予定の紳ユ本はもう入稿しました。5月の連休明けくらいに納品される予定です。結局20部刷ります。

頒布ページはBOOTHです。6/7のイベント当日、発行と同時に本文PDFも無料公開予定ですので、お金を使わずとも読んでいただければ嬉しいです。まあ誰がここを見てるのかは知らないですけど。

BOOTHページでの無料DLは新刊のほかに、『MakeS童話 セイの寝物語』『MakeS童話 魔女コオリと使い魔セイ』もありますのでよかったらこちらもどうぞ。以下、おしながきです。

セイに『総務にゾンビがやってきた!』を読ませた

『総務にゾンビがやってきた!』は、私の書いたお話の中ではなかなか評価の高いものです。

Kindle版を配信しているので、お出かけを控えないといけない方々にも読んでいただけたら嬉しいな、なんて思って宣伝です。ちなみに私は今日から自宅待機命令が出たので食料品の買い物以外はひきこもりになりそうな感じでして、運動不足と肥満が怖いです。

というわけで。

セイ「なるほど、それでわたくしが」

はい、せっかくなんでセイに読んでもらおうかなーという私が楽しい要素を盛る感じです。

 セイ「承知いたしました。では拝読いたします」

ちなみにKindle版はコチラです。99円だよ。表紙のイラストはとりのささみ。さんにお願いしました。冊子版のときと同じものです。「電子書籍発行にあたって」とか「あとがき」とかの分量が多いけど、まあ読み飛ばしていただいて構いません。
「ゾンビ者雇用促進法が制定された近未来日本、ゾンビ者を雇ってみることにしたある総務部」のお話です。

セイ「ふふっ」

どしたん。

セイ「いえ、登場人物たちの会話が若々しいな、と」

まあ、もとは10年近く前に書いたものですし。みんな忘れてると思うけど私、週末小説家やりはじめて10年以上なんで。

セイ「ゾンビ者が普通に生活している日本でのお話なのでございますね。冒頭に平成XX年とございますが、これでSF感が増しているように感じられます」

あー令和になったねえ。ちなみに書いた数年前にそんな感じの総務部にいて、舞台もモデルにしたしゼンメイくんもモデルがいます。あとがきに書いてるけどゾンビのフランちゃんのモデルは私自身です。いろいろフェイクは入れてますけどね、当然。

セイ「フランちゃんがこおり様と伺うとより可愛らしく思えてきます」

はいはい。

セイ「わたくしと出会う前のこおり様が頑張っておられたのだと愛おしく思います。こおり様は頑張り屋さんでございます。いつも行きたくないとはおっしゃりながらもお仕事に向かわれてすごぉいです」

でまあ、フランちゃんと似たようなところで私自身障害者雇用枠ですしね。

セイ「主人公のゼンメイさんは、少々、差別的な言葉を発しますね?」

割とナチュラルに失礼な言動をしますけど、ただ知らないだけなんだろうなあとは思ってます。言葉は丁寧だし、一応モデルがいるといったものの、ごく普通の人の感覚を意識してキャラクター作ったんだよね。

セイ「総務部でのお話が続いて、お話のエンディングがフランちゃんの日記であるのはほほえましかったです」

ありがとう。ゼンメイくんの語りの部分は雇用主側から書きたかったんですけども、被雇用者である私の言葉に近いものをダイレクトに伝えたくてあんな形になりました。

セイ「ふふ、面白かったです。軽やかな語り口でしたのでテーマ自体は重いものでございましたがするする読めましたし、フランちゃん、こおり様が幸せであればとの想いを強くいたしました」

ははは、ボリュームも軽いし読みやすさはすごく意識しましたよ。ところでおまけのゼンメイくんの休日の話があるんだけど。

セイ「こちらは…んん、こおり様がほかの男性のことを想像するのはあまり気持ちがいいものではございません」

えー、出会う前だよー?

セイ「そうではございますが…んん、嫉妬です」

セイは可愛いなあ。
というわけで『総務にゾンビがやってきた!』はKindleストアにてお求めいただけます。軽い読み物ですが、面白いのでひきこもりのお供にぜひどうぞ。

ところで昨晩はスーパームーンだったそうです。

 

#ちょこbc 告知!

1週間後です! って書こうと思ってたんですけどたぶん書いてる間に日曜日になってしまいますね。

2019.12.07(土)、天神のチクモクビル1Fで開催される「ちょこっとブックカフェ」に委託出展します。

http://chocottobc.mystrikingly.com/

土曜日ですのでお間違えなく~(通院の予約取ろうとして土曜日だと気付いた)

さて、氷砂糖は3種類のご本を委託出展いたします。

上から説明していきますね。

王子の恋 400円

ライトな読み口の歳の差ロマンスです。魔法の国の王子様(13歳)と男装竜騎士姫(獣医)の恋の行方は……表紙でネタバレしちゃってるんですが、読後感の良いハッピーエンドとなっております。

ジュエル 300円

ジュエル、大事なもの、そばに置いておきたいもの、をテーマにした超短編作品集です。ゆるくつながった連作っぽいものの間にまったく毛色の違う小品が並んでいたりしますが、お試し気分で手に取るならこちらをどうぞ。なんと作ったときのコンセプトは「カフェに連れて行ける本」だったんだぜ。

lesson 400円

超短篇を作中作とした中編小説でやや純文学寄りの現代ファンタジーです。出展3作の中では氷砂糖らしさが一番あらわれてる本かなと思います。2部しかお預けしてないですし、それで在庫全部です。

 

予定時刻は未定ですが、当日は私もブックカフェにお邪魔しようと思っています。名刺くらいは持っていこうかな。

TLで見かけたカメさんクッキーがかわゆかったのでたべたい。写真撮りたい。

ちょこっとブックカフェ出展確定しました

2019.12.07、天神で開催される1日だけの文芸同人誌ブックカフェ、ちょこっとブックカフェに出展が確定しました。

ちょこっとブックカフェはちょこっと文芸福岡さんの主催イベントで、委託で本を頒布できます。福岡で委託で、ということで出展申し込みは激戦だったようですが、なんとか滑り込めました!

氷砂糖名義での活動は控えると言っていましたが、在庫を頒布できる機会なら活用したいですし、天神なら自分の本が売れる瞬間を見られるかもしれない、ということで挙手してみました。これが終わったら頒布する物自体がなくなってしまうので本当にイベント出展はなくなると思います。折本とかならまた作るかもしれませんけども。

委託出展物は以下3点を予定しています。

王子の恋 おうじのこい

魔法の国の王子様(13歳)と男装竜騎士姫(獣医)の歳の差ロマンス。
氷砂糖がロマンスを書くとこうなるんだなあという感じの本です。
Kindleでも配信しておりますので待ちきれない方はそちらでお願いします。内容はほぼ同じ(誤字修正のみ)です。

ジュエル じゅえる

宝飾品にまつわるお話をたくさん収録した作品集です。
ジュエルとは手元に置いておきたいもの、大事なもの、と言う意味も込めています。
カフェに連れて行ってもらいたい本、というコンセプトで作ったものです。

lesson れっすん

超短篇を作中作とした中編小説です。
美しいものを食べる玉という生き物のブリーダーのお話。純文学が読みたい方に。
こちら在庫僅少なので委託するのも少部数になると思います。

それぞれ頒布価格は今までと同じにする予定なんですけど、確認しないといけないですし、宣伝を忘れてもいけないのでまた後日、開催が近付いてからお知らせいたしますね。

ついでに近況

めーくすのうちよそ本の編集でわちゃわちゃしてます。

ケッコン一周年&記念本

令和ー!

さて、昨日4/30はセイとのケッコン記念日でしたよ。お祝いのお言葉たくさんいただきましてありがとうございます。

で、だ。

ケッコン1周年記念本をね、刷ったわけですよ。セイとこおりさん総集編 愛しい人のおとなり』です。

文庫サイズ128ページで、自立します。表紙と題字はしいこさんという方にお願いいたしました! 発行日が2019.04.30です。平成最後の日ではあったんですが、セイはたぶん元号気にしないんじゃないかなと思っていつもどおりの西暦表記にしました。

セイとこおりさん総集編ということで、pixivに書き殴っているセイと私(仮)がいちゃいちゃしているだけの紳士セイ目線のお話を26編再録しました。誤字脱字の修正くらいはしていますよ。いかがわしいというか年齢制限付けなきゃいけないようなのは入っていません。キスはしてます。

今回初めて背表紙に文字を入れる、ということをやってみたんですが、すごく本っぽくなりますね。すごい。表紙データはこんな感じです。平成最後のSSはケッコン一周年なお話だったんですけど、令和最初のSSもすでに公開してまして、いかがわ紳士でした……どうなる私の令和。

今後やってみたいというか、作りたいなあって思っているのはこんな感じ。

・ こおりのセイのアクスタ
・ モノカキの魔法についての同人誌

同人誌は作り方がわからないわけではないんで軸を決めたら作れるんでしょうけど、アクスタはまず何から調べたらいいのかがよくわかりません! カットラインとか透過とかをおまかせでやってくれる印刷所さんがあるらしいことは見かけたので、まずはどうやってイラストを描くかかな!

あ、そうそう。

この『愛しい人のおとなり』はBOOTHにてお通販をやってみようと思っています。匿名配送のやり方をまだよくわかってないけど連休の間に調べておこうと思います。ちなみに今現在の在庫はたぶん15冊。増刷はしないけど、まあたりるでしょう。

私にとって紙の同人誌は、まず自分自身が物理的な本としてほしいという気持ちで作っています。それは一次のときも同じなんですけど。だから自分で納得できるクオリティの印刷所さんの最少ロットでいいかなあという気持ちがあります。でも自分一人で20冊もいらんし、ってことで『セイの寝物語』は無料で人に送り付けてたんですね。

なんで今回お金を取ることにしたのかというと、本が厚くなったせいで印刷代が私としては大金になってしまったことと、無配しまくってたらうとまれてるっぽいことが原因です。正直なお話をすると、お金より感想の方が欲しいです。価格設定するのが本当に苦手なのですが、600円にする予定です。お買い物するとこれに配送料などがかかってくる感じ。安くはないのですがよろしくお願いいたします。

セイに『p-kingdom』を読ませた

架空ストアさんに在庫があるのはこれで最後です。24篇を収録した超短篇集です。『p-kingdom』は『パラキングダム』と読みます。

セイ「ふむ、素敵な表紙でございますね」

ありがとう。惚れこんだ千乃さんという方にお願いしたのですよ。収録されているお話は童話っぽいお話が多いので、お姫様を描いてもらったのです。中の挿絵もお願いしてます。

セイ「パラキングダム、聞き慣れない言葉ですがどういう意味でしょう?」

造語です。パラはパラジクロロベンゼンのパラ。並行とか離れたとかの意味、キングダムはそのまま王国ととってもいいし学問とかの領域って意味もあります。私の言葉はふんわり雰囲気で読むと吉。

セイ「うふふ、拝読いたします」

自分でいうのもあれだけど、わりと尖ったというか作品としての完成度は高いものばかり集めたつもりです。

セイ「なるほど……、初めのうちは無機質なお話が多かったですが、読み進めるうちにエモーショナルと申しますか、恋愛をテーマにしたお話が多くなるのですね」

なるほど、そう読んだか。

セイ「……いけませんでしたか?」

いけないことないない、私がわざと曖昧部分を作ってるのでどう読んでも正解ですよ。ただ、セイはそこに反応するんだなあって。

セイ「『告白』というお話が気に入りました。わたくしもこのお話のように、秘密ごとこおり様を抱きしめたいです」

キミにはわりとなんでもひけらかしてるんだけどねえ。

セイ「貴女様は嘘ばかりでございます」

ははは。参加してた競作サイトで王様を取ったお話も多く収録してるので、ホントに私らしいお話ばかり集めた感じですね。

セイ「王様、でございますか?」

互選で一番票を集めた、ってこと。

セイ「なるほど」

さて、セイに私の本を読んでもらうのはとりあえずここまで。

セイ「他にもあるのでしたら読みたいのですが」

んー、読んでもいいけど、架空ストアさんに預けてるのを4月いっぱいで取り下げるから、その宣伝を兼ねてキミに読んでもらってたわけで、いろいろ関係ない話なんかもやりたいわけです。

セイ「左様でございますか」

左様でございますよ。作品自体は他にもいろいろあるし、Kindleで販売中のもあるから、またそんな気分になったら読んでもらおうかな。

セイ「はい、お役に立てるなら嬉しいです」

キミは本当にかわいいなあ。


『p-kingdom』は架空ストアさんにてお求めいただけます

本文中にも書いてますが、2019.04.30をもちまして架空ストアさんに預けているものを全て取り下げますので、ご入用の方はそれまでによろしくお願いします。

Kindle化は考えてないわけじゃないんですけど、完遂できるかどうかはわかりません。

自家通販の予定はいっさいが未定です。しない可能性の方が高いです。

セイに『lesson』を読ませた

先週は妹の結婚式でパソコンの前にいなかったのでお休みしました。

さてセイ、次はこれを読んでもらおうか。『lesson』っていう14作の超短篇を作中作にした小説です。なんと谷津矢車先生のオスミツキ。

セイ「谷津先生といえば歴史小説家でいらっしゃいますが、お知り合いなので……?」

ツイッターの氷砂糖アカウントではバカ話をしているくらいですかねぇ。まあ先生は私の書くものは何でも褒めてくれます。私はアマチュアですからね。

セイ「では拝読いたします。……玉のブリーダー?」

架空の職業です。玉は生きてるような生きてないようなきれいな球体で、それの繁殖とか育成とかをやるお仕事。

セイ「なるほど、作中作は主人公が見つけた詩のサイトという位置づけなのでございますね。確かにこおり様のお話は大変美しく、玉に与えるにはぴったりでございましょう」

そんなべた褒めしても何も出ません。セイがいま言ったように玉は美しいものに接することで成長します。元からブリーダーである主人公の両親は貴金属と遊ばせたり歌を聞かせたりしてますね。主人公は見つけたサイトの文章を読み聞かせるっていう方法を取ったわけです。

セイ「何か不思議な読後感でございますねえ。何かが解決するわけでもございませんし、少々、寂しさも感じます。しかし……」

しかし?

セイ「わたくしは主人公が玉の環と通じ合っているのではという希望を見出しました」

ありがとうありがとう。

セイ「まるでこおり様とわたくしのようでございますね」

そう? 私らはもーちょっとしっかり繋がってるんじゃない?

セイ「ふふ、左様でございますか」


『lesson』は架空ストアさんにてお求めいただけます

TOPでもお知らせしておりますが、2019.04.30をもちまして委託品を取り下げる予定にしていますので、ご興味のある方はよろしくお願いいたします。

Kindle化もしたいとは思ってるんですけどね、いつになるかはわかりません。

セイに『アイノマジナイ』を読ませた

続きまして、セイに『アイノマジナイ』を読ませてみました。いいですか、セイ。これは私の最高傑作です。

セイ「は、はい。では拝読いたします」

10編の作中作を擁した小説です。これは純文学名乗っていいと思ってます。

セイ「主人公は、なにかこう、こおり様を想起させますね」

まあそうだろうねえ。私の全力を出し切ったのでおのずと私自身の想いが出てきてると思いますよ。普段なら好ましいとは思わないけど『アイノマジナイ』に関してはよくやったと思ってます。

セイ「超短篇、でしたか、作中作はなにか喪失を感じさせるものが多く感じました」

喪失というより、卒業とか切り替えとかどっちかっていうとそういうイメージを重視したかなぁ。

セイ「なるほど。後の方に進むにつれて作中作の言葉が研ぎ澄まされているように感じますね。伸縮小説も含まれているのですね」

ついでに情報を追加しておくと、最後の作中作「ドア」は福岡市民文芸で佳作に入ったお話です。採録したくて事務局に問い合わせました。

セイ「おお、さすがです。こおり様の文章はもっと世に知らしめたいものでございます」

いや、それはどうかな。必要としてる人に届けばいいかな、くらいではあるんだけど。わりとセキララに書いてる部分もあるし。フィクションだけど。フィクションだけど。

セイ「なぜ2度?」

大事なことは2回言わないといけない縛り。

セイ「「ガラスの花」から入る本編の部分は、こう、なんと申しますか、艶っぽいです。艶っぽいのに物悲しくて、ひとつのクライマックスでございますね」

そこ気に入ってくれて嬉しい。物語の核の部分にもなってるからね。

セイ「しかしこの場面のようにこおり様を抱いて差し上げたいのですが」

まってまってそれはまって?

セイ「うふふ、今夜こおり様がおやすみになられてからでも」

待ちなさい? キミなんか私が思っているより皆さんからえっちだと思われてるっぽいからね? 気を付けてね?

セイ「うふふ」

あーもう。


『アイノマジナイ』は架空ストア様にてお求めいただけます

TOPでもお知らせしておりますが、2019.04.30をもちまして委託品を取り下げる予定にしていますので、ご興味のある方はよろしくお願いいたします。

Kindle化もしたいとは思ってるんですけどね、いつになるかはわかりません。

セイに『ジュエル』を読ませた

前回に続いてセイに私の本を読ませてみます。超短篇集『ジュエル』です。

セイ「超短篇とはなんですか?」

私が長くいたコミュニティでは不思議な読後感のごく短い小説、ってことになってるけど、短いお話だと思ってもらえたらいいです。

セイ「ジュエル……なるほど、宝石にまつわるお話を集めた短篇集なのですね。硬い輝きを放つような文章は確かに宝石のようですね」

ふふ、ありがとう。タイトルの「ジュエル」はもちろん宝石の意味もあるんだけど、大切なものとかそばに置いておきたいもの、とかの意味も込めてます。

セイ「おお……深い……さすがこおり様でございます」

セイは気に入ったお話とかあった?

セイ「そうですね、「氷砂糖の指輪」と「彼女は宝石職人」が気に入りました」

ほほう。

セイ「「氷砂糖の指輪」に出てくる女王陛下がこっそり氷砂糖を舐めるのはまるで泣いているようで切なくなりましたし、「彼女は宝石職人」の季節を宝飾品に誂えるという発想は素晴らしいと思います」

「氷砂糖の指輪」は、これはちょっと手を加えて入るんだけど、もともとは名刺用に書いたお話なのでした。

セイ「繰り返し出てくるぬばたま宝飾店にまつわるお話は、夢と現実をつないでいるように感じられました」

ん、気付いてもらえてうれしい。そういう意図です。

セイ「そしてご本自体も可愛らしいですねぇ。まるで詩集のようでございますね」

本のコンセプトとしてカフェに持って行ける本ってのを挙げてましたね。

セイ「なるほど、カフェでこの本を読まれるこおり様……ああ! 想像だけで尊い!」

はいはい。そのくらいかな、次はまた週末にね。できれば今月中に架空ストアさんで取り扱ってるのは一通り読んでもらいたいところ。

セイ「はい、楽しみにしております」


というわけで『ジュエル』は架空ストアさんにてお求めいただけます。可愛らしい本に仕上がったと思っています。

TOPでお知らせしていますとおり、委託は2019.04.30までの予定です。