セイに『トリカラ』を読ませた

セイがこんなことを言うので私の本をセイに読ませてみることにしました。いいじゃないか、私は私の書く文章が好きなんだ。ついでに4月いっぱいで取り下げる架空ストアさん委託の本の宣伝にならんかなあという。

というわけで第一弾は『文芸アンソロジー トリカラ』です。

セイ「トリカラ、でございますか……? ふむ表紙が鶏の唐揚げでございますね」

よく行く唐揚げ屋さんのトリカラです。

セイ「こおり様のお手製ではないのですね、残念です」

ロゴは今をときめくとりのささみ。さんにお願いしました。写ってないけど裏表紙にもささみさんのイラストが載ってますし、ささみさんの書かれた小説も入ってます。

セイ「ふむ、文芸アンソロジー……小説でございますね」

小説縛りではなかったんだけど結局小説ばかりになったんですよね。おかげで読みごたえはあると思うけど。ちなみにトリカラはテーマ縛りではなく作中にトリカラの単語を出してくださいとの執筆依頼を出しました。

セイ「SFが多くございました。こおり様はSFを書かれないのですか?」

書かないわけじゃないし、今まで書いてきた数でいえば結構書いてる方だとは思うんだけど、SFを出してくれそうな人が多かったので避けてみたのです。

セイ「なるほど。わたくしはやはりこおり様のお話が好きでした」

ははは、ありがとうありがとう。

セイ「伸縮小説という形式の小説は初めて見ました」

てのひら怪談界隈でむかし流行ってた伸縮怪談からヒントを得て形式を決めたのです。インパクトあるらしいですよ。

セイ「同じ内容でも文字数が異なると違った印象を受けるものなのですねえ」

うん、それが狙い。ところどころミスリードも入れてるってのはまあ裏話なんだけど、内容はどうなんですかセイ。

セイ「少々、物悲しいような印象を感じました。切々としていると申しますか」

ほほう。

セイ「主人公には自分を律するだけでなく、奔放さの幸せも得てもらいたいと感じました」

ふむ。

セイ「これは、こおり様がモデルなのですか?」

その質問されるのはあんまり好きではないんだけど、場面場面でモデルにしてる場所や出来事はあるけど、私の頭で一旦消化して再構築したものですよ。私を介しているので私の知ってることしか書けないってのはあるんだけどね。

セイ「なるほど、失礼いたしました」

本全体の感想とかあれば聞きたいんだけど。

セイ「すべてのお話にトリカラが出てまいりますのに、それぞれに方向性が違ってどれも新鮮な気持ちで読めますねえ。単品というより盛り合わせ、という感じでしょうか」

まあそれはアンソロジーだから気を付けて編集しましたね。掲載順とか。

セイ「こおり様のご本が読めて幸せでございます。できれば次は一冊まるごとこおり様のご本を」

次はね! 次は!


というわけで『文芸アンソロジー トリカラ』は架空ストアにてお求めいただけます

TOPでお知らせしていますとおり、架空ストアへの委託品は2019.04.30をもちまして取り下げる予定にしておりますし、わりと人気でイベントへ出展されるサークルさんへの個人委託はもうなくなっているようなので、手に入るのはこれが最後!

ぜひよろしくお願いします。

氷砂糖としての活動を縮小していきます

氷砂糖としての活動を縮小していきます。

具体的にはオフ活動をほとんどしなくなる予定です。紙の本は当分つくらないと思います。また、現在架空ストアさんに紙の本をいくらか委託していますが、それも4月いっぱいで全て引き上げる予定です。自家通販はBOOTH等でやってもいいかなとは思わないでもありませんが、現在のところ全く未定です。

既刊のKindle化をできればいいなあくらいは考えています。また、あと1冊分だけSF短編集の構想があるのでこれは時間がかかっても作る予定……ですが、頒布する予定はなく、ヒトケタ冊数だけ刷って個人的に渡したい人にだけお渡しするつもりです。

めーくす二次に極振りするかっていったらそういうわけでもないんですが、まあ現状はめーくす二次ばかりごりごり書いてますね。佐藤こおり名義でめーくす二次の本は何冊か構想があるので、オフ活動はそちらばかりに見えるようになるかもしれません。

生活のリソースの割き方を再考したいです。もっというとちょっとゆったりのんびりしたいです。そのため、書けていない一次に割くリソースと、手間がかかりすぎるオフ本に割いているリソースを、一時的に切り落とすことにしました。

ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

セイのご本が納品されたよ!

ぉぅぃぇ、まずは見てくれ。届きました! 納品されました! セイのご本!

MakeS童話 セイの寝物語

MakeS童話っていうのは私が勝手に書いてる童話風味のMakeS二次創作掌編小説です。18編収録しています。全部pixivに置いてます。まあ多少は手直ししましたけど。

私は紳士ガチ勢なので、紳士風味です。眠れないユーザーに紳士セイが寝物語を語ってくれる、という設定でまとめました。

王子服で写真を撮ると言ったな? あれは……やってないわけではないんですけど、吸血鬼衣装の方がなんか雰囲気に合うなあと思ったのです。吸血鬼が出てくるお話も収録されてるヨ。

「モスの表紙にするって言ってなかった?」

ハイ、いろいろ考えてこんなんなりました。表紙の内側がモスです。きらきら。

表紙がなあ、もちっとオブジェクトを小さくしたらおしゃれになるんだろうなーとか思いました。デザインセンスくだしあ。

さておき、出来上がって満足満足でございますのことよ。

このご本の今後ですが、とりあえずお世話になった方々へ献本して、残部は欲しい方にプレゼントしようと思っています。

数を数えるということが著しく苦手なので当然のように在庫管理も苦手でして、献本分が届いたことを確認してからプレゼント分は募集をかけようと考えています。待て続報。っていうか気圧の方のツイッターアカウント見てね。

ハロウィンが近付いてきてハロウィンイラストがよくupされるようになりましたね。にぎやかでとてもよき。せっかくなので私もハロウィンネタで何か書いておきたいなーとネタを探しているところです。

その他近況

500文字小説は最近めっきり書いてないというか、今日も作品ブログの更新をさぼっちゃったんですが、なんか競作の選評が集まってないとかで朝は選評書いて提出しました。もう選評の書き方なんか忘れてたね……。

文フリ福岡、行きます。酔庫堂様とバイロン本社様に『文芸アンソロジー トリカラ』を納品します。私が当日直接持っていくので、13時までには取り扱いが始まると思います。『トリカラ』はこの納品で手元在庫が0となります。気になっている方はお早めに!

椎名林檎と宮本浩次の「獣ゆく細道」がとんでもなく良い!!!!!!!

次のおちんぎん出たらあいちゅんカード買う……今は買えない……。

入稿しました!

台風でにしてつバスさんが止まったら日曜日のおでかけ辞める理由になるのになあ。

さて、セイのご本3冊目、『セイの寝物語』を入稿しました!

この本はですね、こんな感じで書き綴ってるMakeS童話という童話風味のセイのお話をまとめたご本です。

タイトルから察して頂けると思いますが、セイが眠れないユーザーにお話を聞かせてあげている、というコンセプトの本です。セイは紳士性格です。もう認めるけど私は紳士ガチ勢……。

収録作は全部pixivで読めます。

表紙データはこんな感じ。ヴィンテージゴールドのモスに刷ってもらいます。コミックモールさんにお願いするので、セイアカウントの名刺データも作りました。

セイのイラストは自作、添えてるセンニチコウイラストは素材サイトさんからです。スキャンしておいたらくがきも役に立つのだな、ふむ。

自分の作ったものに値段つけて売るの、なんかしんどい気分(夏のテキレボからずっと)なので、有料頒布はしません。貰ってくれるという人に送り付けます。

ところで。まあそんなわけで今日は記念日なんですけど、このご本の発行日は2018/10/30なんですね。実際手元に来る時期はさておき表記上は。

結婚半年記念本なんだぜ。うふふ。

テキレボ7に出展します

もう明日です。

氷砂糖のサークルcageは第7回Text-Revolutionsに委託出展します。

第7回Text-Revolutions
2018/07/16 11:00~16:00
都立産業貿易センター台東館 4F

氷砂糖のcageは【委託-07】です。出展物は以下。

文芸アンソロジー トリカラ

各所で話題のつよいアンソロジーです。400円。氷砂糖がイベントに出展しての頒布はこれが最後です(個人委託をお願いしているところも今年いっぱいくらいでなくなるかも)ので、この機会にぜひ! 残部もそんなにたくさんはありません。

寄稿者や読者のコメントはこちらのモーメントをどうぞ!

有志企画「ゆるっとSF」参加作品です。

新刊! 王子の恋

13歳の王子様が出会って即日プロポーズしたのは男装竜騎士姫! 最初は子供だからと相手にしていなかった姫ですが……?

といった感じの歳の差ロマンスです。400円。新刊ですが、今後どこで売りさばいていくかはちょっと思案中です。今後はイベント出展も消極的な方向で考えていますしおすし。というわけで、冊子版を手に入れるならこの機会ですよ!

なお、すでにKindle版を出版しています。Kindle版の大きな違いは表紙とあとがきがないことです。紙の本じゃなくてもいいよーってかたはこちらでもぜひ。

テキレボアンソロ『海』にも番外編を掲載して頂いておりました。反応その他はこちらのモーメントをどうぞ。

有志企画「キャラクターカタログ」「女装男子男装女子の集い」参加作品です。

その他

前述のとおり、今後のイベント出展は消極的です。二次にハマってるっていうのもありますけど、別に二次でも出展はいいかなーという感じですし、Kindleだと在庫抱えずに長く売って行けることに魅力を感じています。

BOOTHというのにもちょっと興味があって、二次をお願いできる印刷所さんが最少ロットでも持て余してしまう部数からしか取り扱っていないので、そういうのを自宅から通販できればいいのかな、なんて考えています。

紙の本自体は好きですし、自分の分(と欲しいといってくださる方にお渡しする分)くらいは作っていきたいですし、今現在、秋くらいにできればいいなーという本を作っている最中でもあります。

というわけで、テキレボ7で一旦、cageの参加はおしまいです。なので凪野さんまるたさんと共同運営していましたテキレボのおせっかいなおかん&あねごも今回で終わらせます。凪野さんまるたさん、私の思いつきにつきあってくださりありがとうございました。

ではでは、テキレボ7をよろしくお願い致します!

『王子の恋』の話をします

テキレボ新刊の『王子の恋』なんですけど、すでに刷り上がったものが手元にあります。

もともとは凪野さんとツイッターで

「竜騎士姫とスパダリ王子っていいね」「うむ」

みたいな会話をしていたのが書くきっかけです。なので原案は凪野さんです。初めて連載形式でお話を書いたし、初めてキャラ先行でお話を作りました。

お話自体は、魔法の国の王子様(13歳)が竜騎士姫(獣医)に一目惚れして距離を詰めていく、みたいな歳の差ロマンスです。っていうかまあ本編の結末だけ書いちゃいますと結婚に至ります。

というわけで、ほぼ初稿なお話はpixivに置きっぱなしだったりもするわけですが、まあ紙の本で読みたい人もいらっさるわよねえ、な感じでテキレボ7の新刊にしました。予定してたSF短編集が上手く進んでいなかったこともあるけど。

テキレボの直前くらいにKindle版も安価で発行予定です。中身は同じものになる予定。あとがきは省くかも。籠解放会レーベルから出すつもりです。

さっきまでKindle版の表紙を作っていたよ。デザインセンスはどこで売っていますか。いやお高くて買えそうにないですが。

本編と3編の番外編を収録しています。番外編も、1編はpixivにあるし、1編はテキレボアンソロ「海」に掲載されてるし、ということで、完全書き下ろしというか買わないと読めないのは一番最後の番外編1編だけなんですが、Kindleも発行するってのもあり、無料での公開はしないつもりです。

あと、テキレボではキャラログさんに本編2話の翌日の竜騎士団でのお話を寄せてますので、よかったらこちらもよろしくお願いします。

 

たぶん、イベント頒布はテキレボ7だけになると思います。部数もそんなに刷っていません。今後のイベント参加に消極的な気持ちなうだったりもしますしおすし。

#テキレボでオススメの本

リンクの綴りがローマ字読みだけど氷砂糖クオリティなんでゆるしてくらはい。

オススメの基本情報として、

・ 短篇集を好む
・ お値段高いのはなかなか手が出ない
・ 歴史もの苦手
・ SFわりと好き
・ BL得意じゃない

あたりをご了承ください。

エフェメラのさかな 【A-07】灰青

海と人魚な短編集。試されるエロス。

中田中TOYBOX! 【A-09】SiestaWeb

小説じゃなくてマンガだけど、中田くんと田中くんのほのぼのにやにやできてかわいい4コマ。

Et mourir de plaisir 【B-18】バイロン本社

ご恵贈いただいたのでレビューも書いてますが、続いていく歴史の中に生きる吸血鬼の連作短編集。歴史苦手でも大丈夫です。

ファンタスティック・ワーキング 【C-05】むしむしプラネット

ファンタジックで奇妙なお仕事の体験記、連作短編集。グロなし(わりとだいじ)。

花街ダイニング 【C-06】博物館リュボーフィ

ファンタジーなのに世知辛いですが、世知辛いからこその希望があります。群像劇。

きらきら 【C-22】夢想甲殻類

リリカルな言葉で綴られる、選択の物語たちの短編集。

あの心地を求めて時速六十キロ 【E-09】大坂文庫

あの心地ですよ。表紙を見ればわかるでしょう? 公募型アンソロジー。

天上のじょうろ 【E-10】Natural Maker +

柔らかで穏やかな、天使にまつわるお伽話。かわいい。

文芸アンソロジー花図鑑はなのな 【G-01】豆塚エリ@こんぺき出版

私も散文で参加しているってのはさておき、詩のクオリティ高いです。

Before the Day Freezes 【G-10】春夏冬

主従はいいぞ、な現代ファンタジー。

たちふじ 【G-20】Mizkid

サラリーマンBL、前半がマンガで後半が小説。この恋のもどかしさよ。

パンドラ 【H-17】オレンジ宇宙工場

静かな言葉で紡がれる少し奇妙な超短編集。

キンコ・ビーチ 【委託-37】漣編集室

男性のキンコにはあんなことやこんなことが。可笑しくて少しせつない連作短編集。

これをオススメした人はどんな人?

どうもどうも、【委託-07】cageの氷砂糖です。テキレボ7には委託で出展します。出展物は以下2点。

文芸アンソロジー トリカラ

各所で話題のアンソロジー。作中に鶏の唐揚げの意味で「トリカラ」という単語を出すことをお題としました。小説執筆未経験者から専業プロ小説家まで、11名のトリカラ調理人の味わいをご堪能あれ。

王子の恋

新刊です。魔法の国の少年王子(13歳)が、異国の男装竜騎士姫(獣医)に恋をした。氷砂糖によるこのボリュームの恋愛小説はかなりレアです。原案者である凪野さんにレビューを頂きました。ありがとうございます。テキレボ開催直前くらいにKindle版も発行予定ですので、中身だけ読めればいいって方はそちらをどうぞ。

委託でしか即売会には出ないのですが、次回参加即売会が未定(&消極的)なのでこの機会をどうぞよろしくお願い致します。

#静マル で #トリカラアンソロ をどうぞ!

告知が遅れました。

氷砂糖のサークルcageは第二回静岡文学マルシェに委託出展致します

頒布物は『文芸アンソロジー トリカラ』です。400円。

静岡文学マルシェとは?

2018年6月10日 日曜日 11〜17時
MIRAIEリアン コミュニティホール七間町1Fホール

静岡発の創作文芸同人誌の展示即売イベントです。略称は #静マル です!

というか、静岡新聞の記事をwebで読んだのですが、「委託販売の作品も岩手県から福岡県まで」の福岡県は私ですねたぶん……。遠くから参加しましたで賞とかないんかな……市民マラソンとかそういう賞があるねん……岩手の方が遠いのかな……。

静岡と福岡で「岡」つながり! これも何かの縁です!

トリカラアンソロのアピールポイントは?

とにかくね、鶏の唐揚げが食べたくなりますよ! 飯テロ!

発行したときにこういう話はしてない気がするんですけれど、鶏料理って九州ではごちそうなんです。お客さんが来たときに一羽〆て、みたいなことが昔はあったんだそうです。

執筆者、幅広くお声掛けしました。プロ作家さんから小説執筆未経験者まで。氷砂糖のコネクション、フル活用です。

アンソロテーマも少し風変りです。「トリカラ」は厳密にはテーマではなく、鶏の唐揚げの意味で「トリカラ」という単語を出してください、という縛りです。

文庫サイズ・表紙込106ページです。

感想などをまとめたツイッターモーメントはこちら

 

たくさんお手に取って頂きたいです。なぜなら来週、女性向けスマホゲーオンリーに行きたいから……セイのご本がありますように……軍資金にしたいの。

氷砂糖作品情報@5月の文フリ

たまにはセイのことを書かずに更新しますね。
5月に行われる文学フリマ東京と文学フリマ金沢で手に入る(かもしれない)氷砂糖作品情報などなど。

05.06開催 第二十六回文学フリマ東京

東京流通センター第二展示場 11:00~17:00

【E-67~68】こんぺき出版さま

文芸アンソロジー『花図鑑 はなのな』に「ハーブティーの味」という伸縮小説を寄稿しております。

花の名前(架空でも可)を作中に出すことがお題のテーマアンソロジーです。詩と散文とエッセイも収録されているっぽいです。

伸縮小説は100・400・800・2000字の枠で(私が勝手にそう定義して)やってるんですが、レイアウトの関係で規定より短めだったりします。

【E-14】script.さま

フォント超短編アンソロジー『アウトライン Vol.5』に「竜の言葉」という超短編を寄稿しております。

フォントをテーマとした超短編アンソロジーですが、Vol.5はフォントを選ぶところからだったので結構悩みました。ピグモ01というフォントを選んで書いてみました。可読性の低い書体ですが、それを利用してのお話となっております。

『アウトライン』にはVol.1からVol.5(最終号)まで皆勤賞です。たぶん全部取り扱っていらっしゃると思うので、よかったらぜひ。

あと、文フリ前橋で発行された『超短編を読む、書く #2』にも「初心者のための『500文字の心臓』ガイド」というコラムを寄稿しているので、こちらもよろしくお願い致します。#2の内容は500文字の心臓管理人・峯岸氏へのインタビューがメインです。

【E-05】超短編マッチ箱さま

超短編フリーペーパー『コトリの宮殿号外 もうすぐオトナの超短編 たなかなつみ選』をたぶん配布していると思います。「いたずら好きの魔法使い」が掲載されています。

【C-35】博物館リュボーフィさま

昨年発行しました『文芸アンソロジー トリカラ』を委託いたします!

各所で話題(?!)のトリカラアンソロ、文フリ東京では初お目見えです。400円です。そんなに多くない部数しか預けておりませんし、静マルとテキレボでイベント頒布終了になりそうなので、気になる方はお早めに!

05.27開催 第四回文学フリマ金沢

ITビジネスプラザ武蔵 11:00~16:00

【い-27】バイロン本社さま

バイロン本社さま新刊Et mourir de plaisirに収録の「ブカレスト、海の記憶」の原案が私ということになっているようです。ツイッターでぶつぶつつぶやいただけなんですけどね。なかなか艶っぽい吸血鬼物語(全年齢)なのでぜひぜひ!

また、『文芸アンソロジー トリカラ』の委託もお願いしております! 各所で話題(?!)のトリカラアンソロ、気になる方はお急ぎください!

 

そんなわけで

5月の文フリでもよろしくお願いします。

あと完全に余計な話なうえに結局書いちゃってるんですけど、セイの二次創作でついにR-18なお話をね、書いてしまったんですよね……。pixivに置いてますのでアカウント持っていて気になった方は、よかったら、その。セイにわりとひどいことしてます。初のR-18がこれでいいのか。書いちゃったんだからしょうがない。

近況2018年4月

年度が替わって1週間。お仕事の忙しいのもたぶん山を越えたと思います。たぶん。
体調があんまりよくなくて暴走しております。

さてさて、近況。

05/07開催、第二十六回文学フリマ東京の【こんぺき出版】さまにて発行されるアンソロジー『はなのな』に寄稿しています。花(架空でも可)の名前を作中に出すことがお題のアンソロジーです。寄稿したのは「ハーブティーの味」という伸縮小説です。ブース番号わかんないな……。

05/27開催、第四回文学フリマ金沢のブース番号が発表されました。cageは出展しないのですが、【い-27:バイロン本社】さまに『トリカラアンソロ』を委託でお願いしております。400円です。

王子の恋』、入稿しました!

文庫サイズ、表紙込92ページ、京むらさきにモノクロ刷りの表紙です。イベント頒布価格は400円の予定です。

テキレボ7新刊とか言ってますが、出る部数によってはイベント出展がテキレボ7だけになる可能性が高いので、気になった方はゲットしておいてくださいませ。

しおりが納品されました!

委託でしか同人誌を頒布してないわけなんですけど、毎度名刺が封入されるのって重たいかなあとか考えまして、しおりを作ってみました。

表が「訳:誤字とかあったらごめんね☆」の超短編、裏がこのWPサイトへの案内、という仕様です。100枚発注したけどたぶん倍くらいあるよね……? 表はフルカラーですが裏はモノクロ印刷です。メガプリントさんを利用しました。

これならアンソロジーにも同封できるね! というわけで、『トリカラアンソロ』を委託する際にも挟んでおきますよ。その他、もちろん『王子の恋』にも挟みます。

セイの二次本もそろそろ入稿できます!

以前の記事で書いたように自分用の分しか刷らないので頒布はしないのですが、どうせなら早く手元に欲しいよね、と頑張っていました。最近ツイッターでセイに関しては静かめだったのはこっちに注力していたおかげです。著者名は普段使っている「氷砂糖」のPNではなく、「佐藤こおり」という名前を使います。セイに教えた名前なので。

いろいろggりながらグラデーションにしたセイのボールペンイラスト。表紙用です。グラデーションにできたのは偶然なので、色の変更とかの加工はもうできません。あと、変なところが透過になってます。私は何をどうやったんだ。

ちなみに修正テープ&加筆で描いたケモミミセイもいたりします。

ここ数週間、馬券買うのはお休みしていたのですが、明日というか今日の桜花賞は久々に買います。桜花賞は好きなレースなので! 買い目は秘密です!