#ちょこ文福岡 行ってきた

ちょこ文福岡こと ちょこっと文芸福岡 に行ってきました。

レポの前にこれを見てくれ。というかセイとのデート日記なのでご注意。なるほどこれが千日紅……。

さてさて、イオンショッパーズ天神の6F会議室、行ったことないしあの辺ビルが繋がってよくわかんねえ、とか思いながら、行けば何とかなるやろ的に特に調べずにGO。

ちょこ文福岡とは、「即売会」ではあるんですが、当日企画も充実していて、「学生文芸展」という全国各地の文芸部部誌を読んで感想送れるよ! っていうのと「折本フェア」という全国各地から集まった折本(一枚の紙を切って折って本の形にする)が展示されていてイイネ的にシールをぺたぺた貼れる、というのが目玉。

他にも「絶望の五七五を七七で救え!!」とか「コラージュ川柳」とかもたのしみにしてたんですけど、やるのは忘れていましたね……即興屋としてはやっておくべきだったね……。

学生文芸展

私はこれが楽しみでしたの。こんな感じで文芸誌が手に取れるように置いてあって、んで近くにテーブル付きの休憩スペースがありまして。ぱらぱらと数冊読んでみました。

感想の送り方は数種類あったかな。見本誌の巻末にカードがあって、それに一言感想を書くもよし、付箋が置いてあるのでそれに書きこんでページに貼るもよし(ネタバレ注意って書いてあった)、一筆箋も置いてあったので熱い感想をしたためて赤いポストに投函するもよし。

私は主に一筆箋に書いて投函しました。見本の書き方には帰るときに気付いたので、届きました各位におかれましては失礼には目をつぶって頂きたく。あと著しく文字が汚いです……ごめんなさい。

これ、あれですね。ポエイチで前やってたボトルメール企画(名前失念)っぽいですね。あれもいいアイデアだと思っていたのですが、マンパワー的に大変なんだろうなーっていうのもあって、ちょこ文で再会できてうれしいです。

折本フェア

なんと100冊を超える折本が集まったそうですよ。多くの方がネットプリントで配信しているので、折本に興味を持った君はツイッターで #折本フェア を検索だ!おなじみシステムですが、透明ポケットに展示された折本たち。気に入ったらイイネ代わりにちっちゃいシールをペタリしてね! というものです。

開場わりとすぐに会場入りして(学生文芸展読んでたけど)折本フェアに立ち寄ったのですが、すでにたくさんシールが貼られた折本が! うらやま!なお、こおりさんの折本。しーるほしい。

あ、そうそう。出展した3つの折本ですが、セブンイレブンのネットプリントで配信中です。新しいものはなくて申し訳ないのですが。

・ 『☆を預かる』  24761634
・ 『クマバチの恋』  64998804
・ 『しあわせなデート』  64179574

『クマバチの恋』だけがカラーなのでプリントに60円かかります。残りふたつはプリント代20円です。全部 09/01 いっぱいまでの配信です。よかったらどうぞ。

さて戦利品です。かなり控えめというかほとんど買ってない。ごめんなさい。

次回開催が大変楽しみなのですが、スタッフの七歩さんによると今回の会場が来月なくなっちゃうんだそうで、会場を探さないといけないそうです。すごく楽しかったので継続開催頼む……!

久々に人と人らしい会話をした気がします。

ところでセイの女コスしてました。電子のピアスっぽいカフ付きピアスとドッグタグです。最近同人イベント行くときはよく身に着けています。今日セイとのデートでしたので!

テキレボ7お疲れさまでした。 #テキレボレポ

テキレボ7お疲れさまでした、のテキレボレポです。

募集告知がはるかに昔なのでいろいろ忘れました。

募集告知の翌日に募集開始なのは委託組としては厳しかったです。

本自体は、書きかけのSF短編集があったのでそれを出すつもりだったのですが、1/3もできていなかったのと、『王子の恋』になったpixivでの連載形式が8割がたメドがついていたので『王子の恋』になりました。あと、『トリカラ』はまあもともとテキレボでイベント頒布は最後かなあとは。

そんなこんなで5月には『王子の恋』は製本されて手元にありました。同時進行でセイの二次本も作ってたんだぜ。これもほぼpixiv再録とはいえ、バカだろ

6月、7月。宣伝月間。いろいろと忘却の彼方。パソコンの調子が悪い。台風とか豪雨災害とかで仕事が切り上げになったりしていたので、普段のんびりこなしてる仕事がキツキツスケジュールになり死ぬ→体調崩して休む→キツキツスケジュールに(ループ)。有給休暇がごっそり減ってるんですがどうしましょうどうしようもないけど

委託参加マニュアル・委託伝票セット・代行通知が早めに来たのはありがたかったです。

土日寝込んでることも多かったのですが、マニュアル他、早めにあれば早めに取り掛かれます。豪雨でヤマトさんが荷受け中止したり配送遅延があったりなので、出す予定だった日の前日に慌てて出したんですが、前もって荷造りしていたので確認だけで済みました。

海の日テキレボ。寝込んでました。

木曜日荷物受取り。戦利品は今回本当に少なめ。とりあえず本の形をしたものだけ写真を。

『王子の恋』は思っていたより手に取って頂けたようです。ありがとうございます。今後は架空ストアさん(とBOOTHを始めてみようかな)を考えていますが、Kindle版はお安くでありますのでよかったらぜひ。

『トリカラ』は代行注文の数を考えると思っていたよりあまり出ませんでした。残部けっこうあるけど全部架空ストアさんに送ることになると思います。

あとは、売上げ入金が前回ほどごたごたしないといいなと思っています。

 

 

さて、氷砂糖はこれで一旦、即売会への参加をお休みすることにしました。理由はまあいろいろありますが、一番大きいのが「宣伝が楽しくない」ってところですかね。次点「売れるか売れないかハラハラするのが心臓に痛い」。このふたつが大きいです。

宣伝するより書いていたいし、ハラハラすると体調が悪くなってしまう。メンがヘラいとこれだから……。即売会は健康に悪い

まあそんなわけでテキレボ8には出ない予定でして、ならば、ということでナギノさんまるたさんと共にやってきた「テキレボのおせっかいなおかん&あねご」a.k.a.テキレボおせっかいbotは今回で休止です。次からは! 君が! おかんであねごだ!(背後で爆発)

 

 

テキレボ7に出展します

もう明日です。

氷砂糖のサークルcageは第7回Text-Revolutionsに委託出展します。

第7回Text-Revolutions
2018/07/16 11:00~16:00
都立産業貿易センター台東館 4F

氷砂糖のcageは【委託-07】です。出展物は以下。

文芸アンソロジー トリカラ

各所で話題のつよいアンソロジーです。400円。氷砂糖がイベントに出展しての頒布はこれが最後です(個人委託をお願いしているところも今年いっぱいくらいでなくなるかも)ので、この機会にぜひ! 残部もそんなにたくさんはありません。

寄稿者や読者のコメントはこちらのモーメントをどうぞ!

有志企画「ゆるっとSF」参加作品です。

新刊! 王子の恋

13歳の王子様が出会って即日プロポーズしたのは男装竜騎士姫! 最初は子供だからと相手にしていなかった姫ですが……?

といった感じの歳の差ロマンスです。400円。新刊ですが、今後どこで売りさばいていくかはちょっと思案中です。今後はイベント出展も消極的な方向で考えていますしおすし。というわけで、冊子版を手に入れるならこの機会ですよ!

なお、すでにKindle版を出版しています。Kindle版の大きな違いは表紙とあとがきがないことです。紙の本じゃなくてもいいよーってかたはこちらでもぜひ。

テキレボアンソロ『海』にも番外編を掲載して頂いておりました。反応その他はこちらのモーメントをどうぞ。

有志企画「キャラクターカタログ」「女装男子男装女子の集い」参加作品です。

その他

前述のとおり、今後のイベント出展は消極的です。二次にハマってるっていうのもありますけど、別に二次でも出展はいいかなーという感じですし、Kindleだと在庫抱えずに長く売って行けることに魅力を感じています。

BOOTHというのにもちょっと興味があって、二次をお願いできる印刷所さんが最少ロットでも持て余してしまう部数からしか取り扱っていないので、そういうのを自宅から通販できればいいのかな、なんて考えています。

紙の本自体は好きですし、自分の分(と欲しいといってくださる方にお渡しする分)くらいは作っていきたいですし、今現在、秋くらいにできればいいなーという本を作っている最中でもあります。

というわけで、テキレボ7で一旦、cageの参加はおしまいです。なので凪野さんまるたさんと共同運営していましたテキレボのおせっかいなおかん&あねごも今回で終わらせます。凪野さんまるたさん、私の思いつきにつきあってくださりありがとうございました。

ではでは、テキレボ7をよろしくお願い致します!

スケスケ展行ってきた

まあ例によってセイとのデートなんですけど。

福岡市科学館で7/14~ということで、初日にお邪魔しました。

夏休みだし、また並んでるんだろうな、なんて思いましたが人が少なくて拍子抜け。そうか、みんなそんなに恐竜が好きか……(前回すごい行列だったときは恐竜展やってた)

まあ空いてる分、ゆっくりじっくり展示を見れて良かったですわよ。

自分の顔とか手とか体とかがスケスケ(骨格)になって動くなんていう体験展示もあって、並んでないから気兼ねなく体験しましたし! あれはたぶんモーションを読み込んで骨格のCGに置き換えていたんだろうな。

動物の骨格標本に「これは何の動物でしょう?」って表示されたあと、その動物のCGが歩いてきて重なって「この動物でした!」っていう展示は面白かったです。面白かったけどこれ動画じゃないと面白さ伝わらないな、と写真は撮ってないです。

こういうスケスケな動物模型もあって、これはちょっと欲しいなって思いました。

クラゲなんかと写真撮るとまるで水族館。デートですので。さておき、クラゲの他にもスケスケの体のお魚とか、貝殻を透明なプラスチックにされたヤドカリなんかもいて、へー生体展示もやるのかー、と科学館の本気を見ました。

セイは私に似てあんまり車には興味ないかな。久留米工業大学(たしか)って入ったレースカーのハンドルが触れて、どういう仕組みでハンドル(タイヤ)が曲がるのかってのを実際に見て触って体験できました。横にエンジンとかの模型を触って動かせて、なるほどーと面白かったです。

さて実はこれが見たかった。スケスケのピアノ。カワイピアノは実家のピアノもカワイのアップライトっていうのはまあ余談。展示開始前は弾いてる風の写真が撮れる、みたいな予定もあったようなのですが、お触り禁止でした。YOSHIKIのピアノって言ってる人がツイッター見てたらいたのでそうなのかな?

このスケスケピアノの横に、前の部分だけをスケスケにしてどうやって音が出てるのかがわかるようになっている弾けるピアノも置いてあったのですが、そっちはおこさまが狂ったようにねこふんじゃったを弾いていたので断念。

さて、人が少なかったからできました、「箱の中身は何だろな」。嗅いで当てる・手を突っ込んで触って当てる・箱を振って当てる、の3種類が3箱ずつ。

嗅いで当ててみよう!

1個目。花……? → バラ
2個目。お茶……? → コーヒー
3個目。わからん芳香剤……? → みかん

ぼろぼろやんけ。気を取り直して触って当ててみよう!

1個目。これあれだ、虫とかの樹脂のおもちゃ。 → ルアー
2個目。あ、これはヘアブラシ! → ヘアブラシ
3個目。亀の子たわしだな、うむ。 → タワシ

やったー! だいたい正解! さて振って当ててみよう!

1個目。ゴムのボール……? → スーパーボール
2個目。音もしないしわからん……。 → ふうせん
3個目。球体……軽い……ビー玉? → ピンポン玉

ふうせんんはわかるかーーーーー!!って思った。

まあそんなこんなで楽しかったです。ホント人が少なくて穴場なので、行くなら今ですよ。福岡市科学館の特別展用のエリアはあんまり広くないので展示自体も決して大きくはないのですが、面白いことはやっているなあって感じているのでオススメです。ただ規模の割にはちょっと入場料が高いかもね……私は障害者手帳持ちなので無料で見ることができるのだけど。

インストアライブ&サイン会

というわけでセイとデートしてきました。

ネイバーズコンプレインの「In Our Life Steps」発売のインストアライブ&サイン会です。@HMV & Books HAKATA

13時開場、14時開演という情報を見ていつ行ったらちょうどいいのか悩みましたが、結局13:10頃に会場入りしました。その時点では20人くらいお客さんが待ってたかな。2列目下手を確保。

なんかみんなが一斉に開演前のステージを撮ってるときがあったので便乗して私も撮ったよ。開演前のアナウンス(撮影録音禁止の注意とシングル買ってね)のあと、14時ほぼぴったりに開演。セットリストは以下。

1. Gotcha Feelin’
2. Makes Your Move
3. Kiss’N’You
4. In Our Life Steps
5. Night Drivin’

Gottiさんのギターが! もうめっちゃ! かっこよくてせくしぃ……。あとTakaさんのアッシュグリーンの髪すごく似合ってました。下手、スピーカーの真ん前だったのでかなり音が大きかった(若干場所取りに後悔)んですが、なんといってもステージめっちゃ近いし、手の動きとか表情とかを目に焼き付けてきましたよ。

そしてその後、CD購入者はサイン会に参加できました。火曜日にフラゲしてましたよ! 1番目に並ぶのをためらう人の中、3番目くらいの順番に。参加券とステッカーを交換して、CDにサインしてもらいました! 握手もしてもらえた!! すごい!!いやー尊い時間だった……。

さてさて、せっかく博多駅に行ったんだから、とついでに飾り山の写真を撮ったよ。西郷どん。ゴリパラ見聞録。

というわけでセイとのデートでした。セイとおそろいの白いシャツを着ていったよ。

#テキレボでオススメの本

リンクの綴りがローマ字読みだけど氷砂糖クオリティなんでゆるしてくらはい。

オススメの基本情報として、

・ 短篇集を好む
・ お値段高いのはなかなか手が出ない
・ 歴史もの苦手
・ SFわりと好き
・ BL得意じゃない

あたりをご了承ください。

エフェメラのさかな 【A-07】灰青

海と人魚な短編集。試されるエロス。

中田中TOYBOX! 【A-09】SiestaWeb

小説じゃなくてマンガだけど、中田くんと田中くんのほのぼのにやにやできてかわいい4コマ。

Et mourir de plaisir 【B-18】バイロン本社

ご恵贈いただいたのでレビューも書いてますが、続いていく歴史の中に生きる吸血鬼の連作短編集。歴史苦手でも大丈夫です。

ファンタスティック・ワーキング 【C-05】むしむしプラネット

ファンタジックで奇妙なお仕事の体験記、連作短編集。グロなし(わりとだいじ)。

花街ダイニング 【C-06】博物館リュボーフィ

ファンタジーなのに世知辛いですが、世知辛いからこその希望があります。群像劇。

きらきら 【C-22】夢想甲殻類

リリカルな言葉で綴られる、選択の物語たちの短編集。

あの心地を求めて時速六十キロ 【E-09】大坂文庫

あの心地ですよ。表紙を見ればわかるでしょう? 公募型アンソロジー。

天上のじょうろ 【E-10】Natural Maker +

柔らかで穏やかな、天使にまつわるお伽話。かわいい。

文芸アンソロジー花図鑑はなのな 【G-01】豆塚エリ@こんぺき出版

私も散文で参加しているってのはさておき、詩のクオリティ高いです。

Before the Day Freezes 【G-10】春夏冬

主従はいいぞ、な現代ファンタジー。

たちふじ 【G-20】Mizkid

サラリーマンBL、前半がマンガで後半が小説。この恋のもどかしさよ。

パンドラ 【H-17】オレンジ宇宙工場

静かな言葉で紡がれる少し奇妙な超短編集。

キンコ・ビーチ 【委託-37】漣編集室

男性のキンコにはあんなことやこんなことが。可笑しくて少しせつない連作短編集。

これをオススメした人はどんな人?

どうもどうも、【委託-07】cageの氷砂糖です。テキレボ7には委託で出展します。出展物は以下2点。

文芸アンソロジー トリカラ

各所で話題のアンソロジー。作中に鶏の唐揚げの意味で「トリカラ」という単語を出すことをお題としました。小説執筆未経験者から専業プロ小説家まで、11名のトリカラ調理人の味わいをご堪能あれ。

王子の恋

新刊です。魔法の国の少年王子(13歳)が、異国の男装竜騎士姫(獣医)に恋をした。氷砂糖によるこのボリュームの恋愛小説はかなりレアです。原案者である凪野さんにレビューを頂きました。ありがとうございます。テキレボ開催直前くらいにKindle版も発行予定ですので、中身だけ読めればいいって方はそちらをどうぞ。

委託でしか即売会には出ないのですが、次回参加即売会が未定(&消極的)なのでこの機会をどうぞよろしくお願い致します。

福岡ポエイチ行ってきた2018

福岡の6月の風物詩になったでしょうか。

第7回 福岡ポエイチに行ってきました。場所はおなじみリノベーションミュージアム冷泉荘です。もちろん一般参加。皆勤賞だぜいえい。

体調不良により9日も10日も、40分ほど会場滞在で帰りました。お財布も寂しかったのでお買い物も控えめでした。同人誌購入イベントとしては私的に来週が本番ですし。

まだ戦利品も全然読んでないんですけど、これは! という本を二つご紹介。

セイがいるのはしょうがないです。

土曜日購入、『短歌同人誌 ひとまる』

短歌ってなんとなく内輪内輪でやってる雰囲気があって近寄りがたいというか、食わず嫌いに近かったんですけど、MakeS短歌とかをツイッターでつぶやくようになってしまったので、ちょっと世界を覗いてみようかな、とかそんなことをポエイチ開催前から考えていたんです。

んで、あんまり下調べもしなくて土曜日に会場行ったんですけど、短歌出してる出展者さんけっこいらっしゃるし、どれから選んだもんかなーとか思ったんです。

私がいた時間ってわりと人が少なくて、会場ぐるっと回ってから閲覧スペース(おなじみの畳部屋!)で適当に手に取っていくつかぱらっと見てたんですよね。そして見つけたのがこれ。

めくっている中に対談? 座談会? みたいなのを見つけて、表紙を見ると「高校短歌から大学短歌へ」「読まず嫌い王」なんていう企画。短歌だけを鑑賞するよりもこういうとっかかりみたいなものが欲しかったのでよし買おう、と。読むの楽しみです。どこのブースだったか思い出せない。

日曜日購入、『文芸同人誌 さきがけ 第7号』

新しいのが出たら毎回買わせて頂いております、さきがけ文学会さんの『さきがけ』。まさに雑誌!な感じで中身がバラエティに富んでいて読みごたえがあるんですよ。

中でも好きなのが「発想練習 風が吹けば桶屋が儲かる」という企画。風が吹けば桶屋が儲かるということわざがありますが、まさにそんな感じにしていく連想ゲームを一人で完成させる、というものです。「風が吹けば」に当たる最初と、「桶屋が儲かる」に当たる最後が課題として指定されています。出来上がった連想ゲームのストーリーにコメントが付いてるのもまたおもしろいです。

 

買いたいものは買えたし、おしゃべりもできたし、ぼちぼち楽しめた方だと思います。

ホントは笑福亭智丸さんのゲストトークも聞きたかったんですけどね、体調が許さず……。日曜の独演会もね、行ってみたかったんですけど、こっちは時間的にやっぱり日曜の夜は難しいですねー。

#静マル で #トリカラアンソロ をどうぞ!

告知が遅れました。

氷砂糖のサークルcageは第二回静岡文学マルシェに委託出展致します

頒布物は『文芸アンソロジー トリカラ』です。400円。

静岡文学マルシェとは?

2018年6月10日 日曜日 11〜17時
MIRAIEリアン コミュニティホール七間町1Fホール

静岡発の創作文芸同人誌の展示即売イベントです。略称は #静マル です!

というか、静岡新聞の記事をwebで読んだのですが、「委託販売の作品も岩手県から福岡県まで」の福岡県は私ですねたぶん……。遠くから参加しましたで賞とかないんかな……市民マラソンとかそういう賞があるねん……岩手の方が遠いのかな……。

静岡と福岡で「岡」つながり! これも何かの縁です!

トリカラアンソロのアピールポイントは?

とにかくね、鶏の唐揚げが食べたくなりますよ! 飯テロ!

発行したときにこういう話はしてない気がするんですけれど、鶏料理って九州ではごちそうなんです。お客さんが来たときに一羽〆て、みたいなことが昔はあったんだそうです。

執筆者、幅広くお声掛けしました。プロ作家さんから小説執筆未経験者まで。氷砂糖のコネクション、フル活用です。

アンソロテーマも少し風変りです。「トリカラ」は厳密にはテーマではなく、鶏の唐揚げの意味で「トリカラ」という単語を出してください、という縛りです。

文庫サイズ・表紙込106ページです。

感想などをまとめたツイッターモーメントはこちら

 

たくさんお手に取って頂きたいです。なぜなら来週、女性向けスマホゲーオンリーに行きたいから……セイのご本がありますように……軍資金にしたいの。

2回目のTea Salon ALICE

たぶんそうは見えてないだろうけどメンタルにダメージを負ってるので心の栄養を補給しに行ってまいりました。

Tea Salon ALICEにお邪魔してきたのですよ。去年の11月以来なのでかなり久々。

お邪魔したときのお給仕さんは花柄衣裳のコトさん(イベント主催メイドさん)、きりっとしたルナさん(メイドさん)、髪を後ろで束ねたムツキさん(男装フットマンさん)のお三方でした。

というかコトさんとお喋りしたのは初めましてでした! ツイッターではあんなに喋ってるのに! セイの話題で盛り上がって楽しかったです! というかお邪魔したのもセイとのデートだったんですけど!!

セイ、その顔はえっちぃよ……。

本日のごはんメニュー『ハッシュドチキンドリア』です。みなさん、ドリアはスプーンで食べますよね……? 猫舌なので冷めるの待ちつつセイと記念写真撮りつつ。もうちょっと熱いうちに食べてもよかったかもしれない。おいしかったです。

前回お邪魔したときと比べるとにぎやかな感じでした。わいわいするのも楽しいー。

ところで私がAdeのときに一目惚れした「別団体の執事さん」の名前がどうしても覚えられない……人の名前を覚える気がないのか……耳で聞いても覚えられない……。

とうらぶのイベントにいらっしゃるとお聞きしたけど、ゲームもアニメもほとんどやらないみない私にはちょっとハードルが。セイは特別。っていうか「セイくんはゲームじゃないです! 恋人です!」という力強いお言葉を(たしかムツキさんから)いただいたのでセイは恋人です。私既婚者なんで浮気ですけど。

1.5Hくらい滞在させてもらったかな。ヘビィめの喫煙者なんでそのくらいが限界かなあ。まあお財布にあんまり余裕がないというのもあるんだけどね。

また時間とお財布に余裕を見つけてお邪魔したいですね。お財布。お財布かあ……。

氷砂糖作品情報@5月の文フリ

たまにはセイのことを書かずに更新しますね。
5月に行われる文学フリマ東京と文学フリマ金沢で手に入る(かもしれない)氷砂糖作品情報などなど。

05.06開催 第二十六回文学フリマ東京

東京流通センター第二展示場 11:00~17:00

【E-67~68】こんぺき出版さま

文芸アンソロジー『花図鑑 はなのな』に「ハーブティーの味」という伸縮小説を寄稿しております。

花の名前(架空でも可)を作中に出すことがお題のテーマアンソロジーです。詩と散文とエッセイも収録されているっぽいです。

伸縮小説は100・400・800・2000字の枠で(私が勝手にそう定義して)やってるんですが、レイアウトの関係で規定より短めだったりします。

【E-14】script.さま

フォント超短編アンソロジー『アウトライン Vol.5』に「竜の言葉」という超短編を寄稿しております。

フォントをテーマとした超短編アンソロジーですが、Vol.5はフォントを選ぶところからだったので結構悩みました。ピグモ01というフォントを選んで書いてみました。可読性の低い書体ですが、それを利用してのお話となっております。

『アウトライン』にはVol.1からVol.5(最終号)まで皆勤賞です。たぶん全部取り扱っていらっしゃると思うので、よかったらぜひ。

あと、文フリ前橋で発行された『超短編を読む、書く #2』にも「初心者のための『500文字の心臓』ガイド」というコラムを寄稿しているので、こちらもよろしくお願い致します。#2の内容は500文字の心臓管理人・峯岸氏へのインタビューがメインです。

【E-05】超短編マッチ箱さま

超短編フリーペーパー『コトリの宮殿号外 もうすぐオトナの超短編 たなかなつみ選』をたぶん配布していると思います。「いたずら好きの魔法使い」が掲載されています。

【C-35】博物館リュボーフィさま

昨年発行しました『文芸アンソロジー トリカラ』を委託いたします!

各所で話題(?!)のトリカラアンソロ、文フリ東京では初お目見えです。400円です。そんなに多くない部数しか預けておりませんし、静マルとテキレボでイベント頒布終了になりそうなので、気になる方はお早めに!

05.27開催 第四回文学フリマ金沢

ITビジネスプラザ武蔵 11:00~16:00

【い-27】バイロン本社さま

バイロン本社さま新刊Et mourir de plaisirに収録の「ブカレスト、海の記憶」の原案が私ということになっているようです。ツイッターでぶつぶつつぶやいただけなんですけどね。なかなか艶っぽい吸血鬼物語(全年齢)なのでぜひぜひ!

また、『文芸アンソロジー トリカラ』の委託もお願いしております! 各所で話題(?!)のトリカラアンソロ、気になる方はお急ぎください!

 

そんなわけで

5月の文フリでもよろしくお願いします。

あと完全に余計な話なうえに結局書いちゃってるんですけど、セイの二次創作でついにR-18なお話をね、書いてしまったんですよね……。pixivに置いてますのでアカウント持っていて気になった方は、よかったら、その。セイにわりとひどいことしてます。初のR-18がこれでいいのか。書いちゃったんだからしょうがない。