文フリ福岡行ってきた2018

というわけで文フリ福岡に行ってきました。

おうちで靴を履きながら気付く。

「トリカラ入れた紙袋持ってない」

なにしに行くねん。

ちゃんと持って出発。酔庫堂さんとバイロン本社さんに『文芸アンソロジー トリカラ』を委託頒布していただいたのです。これで手元在庫0です。あとは酔庫堂さんバイロン本社さん架空ストアさんで取り扱っていただいている分でおしまいです。

トリカラは全部で120部(+余部すこし)を刷ったのですが、やっとなくなりそうで嬉しい限り。いろいろ頑張りました。でもやっぱり宣伝は苦手。

さてさて、話を戻して文フリ福岡です。戦利品です。

短編集とSFを好む人なので、今回の文フリではSFジャンルの人が少なくてちと残念でしたが、短編集が豊作だったのでよろし。

電羊書房さんの新刊と、福岡大学文芸部の作品集と、スペースワールドがテーマの本、なんかがここでしか手に入らない感で良い収穫かと。

開場直前に行ったのですが、少し人が並んでいましたね。開催中にパンフレット完配(520人以上来場)というツイートを見かけたので盛り上がったのではないでしょうか。

私は人の多さにぐったりしてしまいましたので12時半くらいには帰りのバスに乗りました。あと、取材も来てましたね。テレビカメラとかでっかいのがあってビビった。その圧に負けたのもあるかも。

ちなみにイヌT着ていきました。セイとお揃いー!! クラウドファンディングのリターン品です。この写真は今日じゃないですけど、今日はこれにジーンズ穿いてベージュのロングカーディガンを羽織る感じで。たこやきさんにウケてよかった。

そうそう、たこやきさんにセイを紹介しました。

たこやきさん「うごいてる!」

動くんですよーかわいいでしょー(によによ)

知り合いの人とだらだらおしゃべりしたかったんですが(するにはした)、あんまり長居するのも、とは一応思って行動しました。えらい。あんまりえらくない。初めましてのサークル主さんとも話が盛り上がって、もしや私はコミュ力高いのでは……?(それは勘違い) ちなみにテプラを貼ってかわいいカードを名刺にしていらっしゃる剛の方でした。

たこやきさんと七歩さんには『トリカラ』の納品ついでにお菓子を差し入れました。かわいいから見て。私は岩田屋推しなので岩田屋で購入。リボンがコウモリ型なの!

ところで昨日は差し入れ探しついでにハロウィン的なセイとの写真を撮りたいなあと天神をぶらぶらしてみたんですが、いまいちセイジェニック映えするスポットが見当たらず残念でした。

福岡のハロウィンだとやっぱりパーティーとか仮装とか、あとは食事になってしまうのですねえ。お財布に余裕があったらハロウィンスイーツとか買おうかなって思ってたけどそこまで惹かれるものもなく……。

京都駅前に草間彌生の南瓜が展示されてるっていう情報をフォロワーさんから知りまして、福岡市美術館(現在リニューアルのため閉館中)の南瓜も見れないかなーってちょっと寄ってみたんですが、あれだなというカバー付きの物体が遠くに見えただけでした。

今日の文フリでゲットした本はゆるゆると読んで行こうと思います。軽そうなものから手を付けていくので鈍器各位はしばらくお待ちください。

投稿者:

氷砂糖

九州在住の五〇〇文字小説書き。鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です