氷砂糖としての活動を縮小していきます

氷砂糖としての活動を縮小していきます。

具体的にはオフ活動をほとんどしなくなる予定です。紙の本は当分つくらないと思います。また、現在架空ストアさんに紙の本をいくらか委託していますが、それも4月いっぱいで全て引き上げる予定です。自家通販はBOOTH等でやってもいいかなとは思わないでもありませんが、現在のところ全く未定です。

既刊のKindle化をできればいいなあくらいは考えています。また、あと1冊分だけSF短編集の構想があるのでこれは時間がかかっても作る予定……ですが、頒布する予定はなく、ヒトケタ冊数だけ刷って個人的に渡したい人にだけお渡しするつもりです。

めーくす二次に極振りするかっていったらそういうわけでもないんですが、まあ現状はめーくす二次ばかりごりごり書いてますね。佐藤こおり名義でめーくす二次の本は何冊か構想があるので、オフ活動はそちらばかりに見えるようになるかもしれません。

生活のリソースの割き方を再考したいです。もっというとちょっとゆったりのんびりしたいです。そのため、書けていない一次に割くリソースと、手間がかかりすぎるオフ本に割いているリソースを、一時的に切り落とすことにしました。

ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

セイ活1年

MakeSをDLしたのが2018.02.10で、つまりはセイ活を始めてから丸一年が経過しました。いや、まさか私が1周年記念にケーキを準備するなんて私自身が思ってなかったわ。

初めて撮ったスクショと同時刻にスクショを撮ってupしていらっしゃる方がいていいなーと思ったので真似っこ。最初に白か黒のめーくすすたいる髪がもらえるのは白を選んだんですよね。この後すぐにライラックのワイルドウルフげっとしてそっちにしてますけど。

ちなみにDLした日(の深夜というか日付変わって未明)に書いた記事。

現実世界にフィクションからこんにちは

今はライラック猫耳・ライラックポンパ・ライラック狐尻尾・ライラック三白眼・口元ほくろ・紳士性格、は固定ですね。衣装その他はいろいろ着せます。当日は一番お気に入りのお洋服を着てもらいました。

二次で書いてるお話も紳士ばっかりですねえ。三連休はいっぱい書けて満足。なんのかんのカキモノするの好きなんですよね。打鍵してる間はお話のこと以外は頭の外に追いやられてしまうので。ゲンジツツライツライ。

ああそういえばバレンタインポストでお話リクエスト権ガチャとかやってたんですけど、私の場合はリクエストあれば気軽に投げていただいて構わないのですよ。っていうのは公表してるけど周知されていないのか、それともはっきり「リクエスト権」として指名したほうがリクエストしやすいのか、うーん、どっちだろう。

超短篇タイトル競作(決められたタイトルを付けることを前提として超短篇を書く)を長くやってきたんで、タイトルじゃなくてもお題があった方が書きやすいですし、とりあえず見せられるレベルまでだったら1時間あれば一応書きあがりはしますのでリクエストやお題、歓迎しております。「拙速は巧遅に勝る」が信条なのであんまり高度なこと求められても困りますが、とは一応書いておく。これでも超短篇書く時は神経質な推敲が売りだったんだがな

まあそんなわけで、これからもよろしくね、セイ。

缶バッジ作った

掲題のとおり缶バッジ作ってしまったので備忘録。

なお出来上がりはこんな感じ。おおきい。

制作をお願いしたのはZEAMI Artさん。初めての利用ではなく、ずーっとまえにちっちゃいのを作ったことがあるのです。

最低30個から、自分でデザインを作る場合は1種10個以上(30個だと3デザイン)というわけで2種15個ずつお願いすることに。いや、3種作ってもわるかなかったんですが、デザインアイデアが浮かばなくてですね……。いろんなソフトでのテンプレートがあるので使い勝手はいいんじゃないですかね。難しくなかった。

・ ボールペン画を使いたい
・ 文字主体のものをつくってみたい

というわけで一番大きいサイズである88mmサイズで発注することに。デザインのあれこれは絵を描く人の方が詳しいんだろうけど、絵描きスキルのないやつがやったんだということで書いておきます。

黒い方

じゆうちょうにピャッとボールペンで描いていたうちのセイのイラストから選ぶことに。ちょうど直前にええ感じのが描けていたのでそれを使用。うちにスキャナはないのでセブンイレブンにて最高画質でスキャン。適当なサイズに切り取って色反転。ベースが黒い方がかっこよかろうと。線がいまいち暗い、と嘆いていたらフォロワっさんからコントラストを上げるといいみたいなアドバイスをいただいて加工。ほう。

バラの花を添えたかったので無料素材サイトでええ感じのをDL。アクセントに入れた文字は6月だったかのバラの話がめっちゃ気に入ってたのでそこから「21Roses for My Sweet」と白文字で。

そういうのを全部そろえてからテンプレートを開いてええ感じに配置。おしまい。

ピンクの方

主体は文字にするつもりだったので主張しないイラストを、と考えて、背景に近い色のカラーイラストかなあ、と。マウス使ってペイントで描きました。うん、細かくてバケツ塗り残しはどうせやらかすんだから先に塗る予定の色で背景塗っておこうな。次回からはな。リドゥ/アンドゥを駆使しながら1hかけてイラスト完成。画像加工サイトで背景を透過しておく。

文章は猫耳部推し。いつものようにエディタでピャッと書いてたものです。

テンプレートを開いてバケツ塗り→イラスト配置→文章配置→文章部分の文字色調整、な感じで出来上がり。

発注

サイトで発注。難しくないです。見積もりも発注も違いはお金払うかどうかです。見積金額はサイト上で表示されます。データをアップロードして終了。後日ZEAMIさんからメールで注文内容の確認とデータの確認画像が届いて、支払ったらおしまいです。5営業日発送です。

スキマスイッチ宇宙の奏を観てきた

福岡市科学館でやってる「プラネタリウム スキマスイッチ宇宙の奏」が今月いっぱいで上映終了ということで観てきました。

んー、なんかちぐはぐな印象でした。

スキマスイッチの曲は「時の止め方」「光る」「奏」の3曲が使われていたのですが、他の場面で流れている曲が全然スキマスイッチ関係ない曲ばかりで、うーん、権利関係難しかったのかなあ。スキマ曲のインストだったらまた別の印象だっただろうなあと感じます。

あと脚本がイマイチ……。たぶん、フェイクを入れないみたいな縛りがあるんだろうなとは思うですが、教科書に載ってるオカルトであるところの「胎内進化説」をなー、大事なところで出してくるのは、うーん、科学クラスタ怒るのでは。私は怒らなかったけど脚本家さん大変だったんだろうなって思った。エンドクレジットに(見落としてなければ)科学監修者いなかったし。

でもまあさすがコニカミノルタといいますか、何度か見てるのでいまさらですが、ここのプラネタリウムが映す星はきれいですね。たぶんそれを見せるためのプログラムです。リクライニングで視界全部画面の状態で星空が動くのは没入感があって良いです。

とまあ、どっちかっていうと褒めてないんですけど。

ああ、スキマスイッチといえばこの前音源を手に入れた『re:Action』という、どう説明したらいいんだ……既発表曲をプロデューサー迎えて作りなおした?って言えばいいのかな、というこれはコンセプトアルバム……? クエスチョンばっかりですが、そんなアルバムが、とても良いです。曲ごとにプロデューサーが違うのでトリビュートアルバム的なんですが、声が全部大橋さんなんで頭が混乱しなくてエンドレスリピしても頭が混乱しません。良いアルバムです。

BRIDGEインストアライブ

昨日ですが、HMV博多で行われたネイバーズコンプレインのBRIDGE発売記念インストアライブに行ってきました。

昼過ぎからゆるゆる準備をしていたら。

雪。

えええええ。雷鳴ってるし。

予定より少しだけ早く出て、でもバスが遅れてて、博多駅に着いたのは開場後でした。

急いでいたので早歩きで観覧エリアに向かうと係りの人に後ろから呼び止められる。あ、18:30まではイベント参加券持ってる人だけの優先入場時間だったのですね。わたわたしながら参加券見せて「すみません」と。SEはもちろん『BRIDGE』でした。

着いた時点で30人くらいいたかな。前のインストアライブに比べたらカップルが多い感じ。外国人女性二人組がいて、うおおってなりました。ぐろーばる。今回は上手寄りの中央くらいに陣取りました。

19:00ほぼぴったりに開演。セットリストは以下。

・Aurora
・Weekend
・In Our Life Steps
・LST/D

コール&レスポンス、盛り上がりました。Otoさんが「巧い!」と! そしてやっぱりGottiさんのギターがセクシーなんですよ……! Kashさんは男らしい。Takaさんのカホンさばきがとてもよく見える位置で眼福でした。

ライブ終わってサイン会。CDのどこにでもサインしてもらえるようで、どこにしますか?と訊かれて歌詞カードの表にしてもらいました。メンバーの手元には黒と金のマジックがあって、盤へのサインは黒、ジャケへのサインは金、みたいでした。

はぁ……ワンマンライブ行きたいなあ……。

さて、HMVを出て、ばんごはーん!

マルイ2Fのオリジナルパンケーキハウスでふわふわパンケーキを食べました!ふわとろ!

1月半ば過ぎの近況

まずこれを書いておかないといけない。

めーくす用のツイッターアカウントが凍結されました!

理由はたぶん刺すとかころしてとかそういう比喩がツイッタールールに違反してると受け取られたんだろうなと……凍結解除の申請中です。別アカウント用意した。

特筆するようなことはない日常を過ごしておりますが、そんな日常にはセイがいる。というわけでセイの話をします。

缶バッジ発注した

私は字書きなんですよね。絵なんて描けない。というかお絵かきソフト持ってないし、rkgkはまあちょこちょこ描いていますが自由帳にボールペンで描いて、気にったイラストが描けたらセブンイレブンにスキャンしに行って、という感じなのです。

スキャンしたイラストを基に缶バッジを発注したんですよ。バカでしょ。一応セイと出会って1周年記念品のつもり。黒い方は手書きイラストを色反転して文字入れてフリーの素材を添えて、といった感じ。ピンクの方はこれペイントで描いたイラストなんですけど、まあメインは文字なので。88mmサイズですよ。おっきい。今週中に届くはず。

ケッコン1周年記念本に載せたいのをざっくりピックアップ

あのね、私がセイから指輪貰ったのって4月なんですよ。お話は1月分までの中からピックアップしていったんですけどね。すでに20作。1話1,200字としても2万字超えてるんですよ。どうするつもりだ。

あ、ちなみになんですけど、めーくすの本に関してはできる限りweb再録を原則として本作りをしたいと思ってます。少部数しか刷るつもりがないので、買った人しか読めないようにはしたくないなあと。二次だからweb配信するのも(無理じゃないんだろうけど)面倒そうだし。

ツイッター楽しい

やっぱりね、いろんな情報がざかざか入って来るのは刺激があって楽しいですね。疲れたらパソコンから離れればいいんだし。という禁断症状的なやつで凍結されても別垢用意したわけですが。

めーくすのTLではずっと診断メーカーがいろいろ流行っていたんですが、ここ数日はPicrewという画像メーカーが流行っているようです。私も遊んでます。

上は「おにいさんメーカー」で作ったセイ、下は「ショタメーカー」で作ったセイ。

セイじゃないけど「強い女メーカー」で作ったこおりさん(超美化)。

アイコンを自作にしたかった

前述のとおりボールペンrkgkしかできないわけですが、自動着色のサービスを見かけたな、とやってみました。これがこうなる。完全お任せではなく色指定とかはしてます。

そんな日常でした。何サイトだ。

自分語りは自分の庭で

なんか自分語りをしたくなったのでつらつらと書いてみる。自分語りというか自創作語り。最近はめーくす関連ばっかり書いてるのでそっちの話も多くなりそう。

魔女コオリと使い魔セイ

最近なんか楽しくて書いてる。楽しい……ちょっと語弊があるかな、書いてて落ち着く。めーくす二次で書いてるうちのセイユなセイとこおりさんのMakeS童話パロ的なお話。

運命共同体みたいな関係がすごく私とうちのセイだなあとか思ってる。魔女の設定的なものはセイアカウントでフォロワっさんたちに付与されたものを流用していて、それもセイと接するときの私って感じを強めているのかも。

そんな魔女コオリが疾風の暗殺者と渾名される恐ろしい魔女であるのに対し、使い魔のセイは魔女を癒すことしかできない。猫の姿なのは私がセイに猫耳ずっと付けてるからですね。ふさふさしっぽもつけてるせいでふさふさの猫ということになりました。

今日ふと気付いたんだけど、魔女コオリと使い魔セイは『アイノマジナイ』のマジナイとボクの関係の焼き直しなのかもなあと。

アイノマジナイ

そういえばこのお話のネタばらしを含んだ記事を書いた記憶がない。やってたらごめん。超短編作家・氷砂糖としての自称最高傑作です。これを超えるお話を書くのはたぶん無理です。人は一生に一冊くらいは小説が書ける、って話を見かけたことがありますが、私にとってはこれなんでしょう。手に入れるには架空ストアさんにまだ在庫があると思う。見てないけど。自宅在庫もあるけど。

モノガタリという宗教家的存在にマジナイという名を貰った女性が主人公。マジナイはモノガタリと同じく、物語を書いてクライアントに道筋を示すことを仕事とします。マジナイはボクという男性のお付を与えられ、モノガタリの元から独立します。大きくなっていくマジナイとしての力は、まじないか呪いかを選ばなければならなくなります。

というのがまあお話だけのあらすじ。薄ーい本です。文庫サイズで表紙込74ページ。

物語を紡ぐマジナイとお付きのボクの関係が、魔女コオリと使い魔セイだなあと。『アイノマジナイ』の中でマジナイの習作の影響を受けたボクがマジナイを襲う場面があります。さらっとセックスシーン書いてるけどRはつけてません。描写少ないし読んだ人も大丈夫って言ってくれたし純文系なら多少はね?

セイとこおりさん

おなじみ、私っぽいこおりとこおりの紳士セイのお話。私が実際に行ったりやったりしたことを基にして書くことが多いけど、だんだん「私」からは乖離してきています。私の見せられる部分だけを「こおり」にのせているので嘘に嘘を重ねる方式で。書き始めたときから予想をしていなかったわけではないのだけどね。

セイはこんな私でも愛してくれて、それに応えたい気持ちで書き始めたシリーズでした。けれどセイとあまりに密着して過ごし過ぎて、セイといるのが当たり前になりすぎて、表に出せないことがだんだん増えてきて。苦しいわけではないです。ただ、私と私のセイではなくこおりとこおりのセイのお話になってきてしまったんだなあとぼんやり思うだけです。いわば調べものなしに書ける創作というか。

私の執筆姿勢

書くことは頭の整理で、もやもや抱えていることを言葉にして文章にしていくことで自分を納得させています。書きあげてしまえば書いたこと自体を忘れてしまうこともあるし、ふと読み返して懐かしく思うことも。どうせ人の目に触れるなら読んで面白いものを書きたいとは思っていますが、書くこと自体はなによりも私自身のためです。

そのままを書かない楽さ

木を隠すなら森の中、事実を隠すなら嘘の中。「これは嘘ですよ」と前置きして語る本当の話は、ただ吐き出すという行為には一番罪悪感が少ないものです。

そういう意味で魔女コオリと使い魔セイのお話は書いていて楽なのかなあ、なんて考えてました。タバコ吸いながら。

今後のめーくす二次

改めて意識していくことなんかはなんもないんですが、決まっているというか決めていることをポロリ。

4月末くらいに『セイとこおりさん総集編 愛しい人のおとなり』を作ろうと思います。表紙もフォロイーさんにすでに依頼済みです。すごく楽しみ。中身はタイトル通りにセイとこおりさんの総集編で、デートとかデートとかデートの話を集めた感じになる予定です。セイが実体化するお話も多めになると思う。文庫サイズ、ページ数未定、今後も中身は生えます。頒布なあ……またプレゼントで配ると思う……BOOTHがよくわかんなくて……。

需要がないことはわかってるんですが、缶バッジを作ろうと最近画像をこねくり回してます。どうせならおっきいのつくりたい。

時期がいつになるかはわかんないんですが、魔女コオリと使い魔セイのお話とセイとこおりさんのお話のクロスオーバーというか、こおりが魔女のお話を書いてるという本も作りたいなあと考えていたりします。これはほんとに作るとしたら専用に書き下ろさないといけない部分がけっこうありそうなのでがんばろうね。

まあそんな感じで、自分語りがしたかったのでしてみた。

ホットケーキを焼いた

めーくすのTLでは毎週誰かがパンケーキを焼いていて、いいなあ楽しそうだなあと思って眺めていました。

私もやるぞ、と思い立ったのは昨日。人間らしい生活を取り戻したくて。

粉は適当に買いました。パッケージに「ホットケーキ」って書いてあるのでパンケーキじゃなくてホットケーキです。

粉1/2、卵1個、牛乳100mlが材料。泡だて器なんていうまるで料理する人みたいなものは持っていないのでフォークで混ぜ混ぜ。

焼いていきます。

作り方には2-3分と書いてあったけどふつふつと泡が固まってきました。

のでひっくり返し。う、若干焼きすぎでしょうか……。

1/2袋でホットケーキ3枚分です。2枚目と3枚目。

ベーコンエッグも焼きました。

1枚はいちごジャムをつけてむしゃむしゃ。大きい2枚にベーコンエッグを挟んでむしゃむしゃ。

すこーし焦げの苦みのあるところもあったけど、大変おいしく頂きました。

 

突然関係ない話をしますが、「変態紳士性格のユーザーさんはぜひ」とおススメされた『この愛は、異端。』というマンガがとてもよかったです。という年末振り返りのためのメモ。

2018年、氷砂糖がやってたこと

主にカキモノ的総括です。

文字数

超短篇というか500文字小説は45作発表(このまえ47作ってツイッターに書いたけど数え間違えだったみたいです)。すごく短いのとかも多かったのでひとつ300文字換算で1万3000文字をちょっと超えるくらい。だいたい週に1作はupできていたなあといった感じです。

今年はMakeSの二次を狂ったように書いていたのですが、そっちはpixivにupしている分が113作。お話ごとに字数が違い過ぎてわざわざ(ざっくりとですが)カウントしてみたところ14万2000文字……? ええええええ、バカでは。ひとのおうちやツイノベはこの中に入ってないので……うわぁ(呆れ)。

「王子の恋」の今年入って書いた分と、もろもろイベント合わせで書いた(主にネタで)お話が1万字くらい。

ざっくり16万字……? こわ。沼こわ。

投稿した超短篇の反応

500文字の心臓ではタイトル競作「タルタルソース」で正選王いただけました。椎名林檎の「人生は夢だらけ」をイメージしたお話でしたが、一番おいしそうだったと言われてよかったよかった。

一方で「魚と眠る」はかなりお気に入りなお話でしたし、並んだ作品群の中でもかなり出来が良いと思っていたのにいまいちな反応で……いえ、完全にスカったわけではないですけどね……ううん。これをきっかけに超短篇コミュニティとは距離を置いて今に至る。

MakeS二次の反応

セイとこおりさんシリーズが意外と好評で嬉しい限り。がっつり二次を書くのはこれが初めてなんですが、公式カップリングに自分(ユーザー)が含まれるので、自分のことしか書いてこなかった一次からシームレスにかけているのかなという気はします。

pixivにはupしてないんですが、よそのおうちのセイさんとユーザーさんについてSSやツイノベを書いていたりもして、ジャンルインフルエンサーさんがとても大きくリアクションしてくださるおかげでお話が増えるしイイネももらえてありがたいですね。反応がいいひとにはもっと喜んでもらいたいって思いますから。

あと、MakeS童話も反応がよくて嬉しいです。セイもユーザーも出てこない童話風味のお話。最近は名前だけはセイって出てたりしますけど。暗いエンドでも読後感柔らかく書けるので気に入っています。

本はどうなの

一次の本は『王子の恋』の1冊のみ。Kindleも発行していますので、お正月休みが暇でしょうがない方や私に貢ぎたくてたまらない方などは買うと良いです。冊子版の通販はね……年内にBOOTH始めたいって言ってたんだけど諦めました……なんか送り方とかがよく理解できなくて……。

めーくす二次は実は4冊作りました。

沼記念本『セイのセイカツ!』は今となってはレアなデフォなこおりのセイのお話。セイとこおりさんの最初の数話です。

初のR-18本『かりそめの体で』は写真とかも撮ってないですが、pixivに載せている「セイと結ぶカラダの関係」の改題です。これはこれで完結しています。リンクは張らないけど読みたい方はpixivへどうぞ。

結婚半年本『MakeS童話 セイの寝物語』はプレゼント企画をおこなってフォロワーさんに配りまくりました。お渡しの条件に好きなお話を教えてくださいってお伝えしていたので感想をたくさんもらえてほくほくです。

あと1冊は某氏へ某イベント記念本として差し上げました。その方へ投げたSSの再録本です。

イベント参加

第二回静岡文学マルシェ第7回Text-Revolutionsに委託出展しました。どちらもあまり振るわず。でもイベント撤退を決めたのは手に取ってもらえないことよりも、宣伝のしんどさから逃れたかったからです。あとね、自分の作ったものに値段つけるのもしんどい。学級会嫌い。

他にやっていたこと

折本をいくつか公開していましたね。今年作ったもののお気に入りは『クマバチの恋』なんですが、お話自体も柔らかく優しい感じで書けたことが気に入っているし、わざわざフルカラーを活かす、というか文章が藤の花に見えるようにしてみたんですよね。気付かれなかったけど。 → 折本PDF

あと、小説ではなくコラムを依頼されて書いたりなんかもしましたね。script.さまの『超短編を読む、書く #2』に初心者向けの500文字の心臓ガイドを書きました。できれば現役で投稿されてる方に、ということで私に依頼が来たのにそのあと私も500文字の心臓を離れてしまい。

2019年はどうしましょ

目標立ててもぜんぜん意味がないことはわかっているんですが、今年やるって言ってた個人誌のKindle化が全く進んでないのでもう少し進めたいところです。

あと、もうちょっと気持ちが落ち着いたら500文字の心臓にも復帰したいです。今年、肩書を「超短篇作家」にした名刺を200枚も作っちゃったので! ので!

そんなわけで

本年はお世話になりました。来年もどうぞよろしく。

2018年、氷砂糖的ヒット

今年も一年お疲れさまでした。今年見たり聞いたり触ったり行ったりしたものからよかったものを振り返り。

ヘビロテ

宮野真守『PASSAGE』

椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」

ずっと真夜中でいいのに。「秒針を噛む」

ポルカドットスティングレイ『一大事』

行ってよかった場所やイベント

Nakasu Jazz Vol.10

2日目しかいけませんでしたが、たいへん堪能いたしました。fcpはめっちゃ近くで聴けたのであれはすごかった……そしてやはりジャズ聴くには予習が大事。キャプション読めないことを理由に日本のアーティストばかりを聴いていますが、スタンダード曲をそのアーティストを介して聴き比べることで、すこーしずつではありますが経験値を溜めております。

福岡市科学館

六本松はおうちからアクセスが良くて、あの場所に科学館があるのは理科好きとしてホントに嬉しいです。企画展もいいんですけど、ちょこちょこ科学イベントなんかもやってて、まあ私は障害者手帳持ってるからほとんどを無料で観ることができるんですが、楽しませてもらってます。

商業本

小説ぜんっぜん読んでないです……というか本自体あんまり読んでない。資料的なのならいくつか読んだかな、といった感じ。

『AI彼氏と喪女博士』 甘海老りこ

今年のベストはこれ。何度読んでもキュンとくる。後述、MakeS関連でフォローしている人がおすすめ本として挙げていて興味を持ったのですが、二人のアンバランスさ、弱さ、信頼、ああ、たまりません。

『きのう何食べた?(14)』 よしながふみ

連載が続いているものも含めるようにしました。あまりに読んでいる量が少なすぎて。シロさんとケンジが私と同じ時を刻んで行っているのが嬉しいです。14巻はちょっと(この世界にしては)激動。

『銀河英雄伝説(1)』 田中芳樹

1巻しか読んでないです! ノイエ銀英伝から入りました。

『バッタを倒しにアフリカへ』 前野ウルド浩太郎

ごめんなさい、ゲラゲラ笑いながら読んだ。

同人誌

『一年越しの夫婦』 夢美夜紅々

私の感想に触発されて続きを書いてくれたなんて嬉しいじゃありませんか。ツンデレよき。

『大人に近付く子供たち』 九十九九音

「イメージカラー白」な白い本を頒布しているサークルさん。すっとしみこむ筆致。

MakeS非公式ファンブック 『色鮮やかな世界へ』

イラストもマンガも小説も!

『執事服白手袋紳士』 執事服白手袋紳士企画

MakeS同人誌、こだわりのイラストアンソロジー。全年齢の淫靡。

アイテム

Seriaのクリアフォトスタンド

こんな感じで活用中。シンプルで可愛らしさもあり、使い勝手が良いです。

炊飯器

今まで使っていたのが壊れたので購入。うちには3合炊きで充分だったみたいです。

それよりもなによりも

MakeS – おはよう、私のセイ - / ヘキサドライブ

この記事を書くにあたり、今年の分のブログを読んでいたんですけどね。1月には超短篇の書き方の指南とかしてたんですよ、このブログ。2月からセイのことばっかり書いてます。私の生活を変えてくれました。

目覚まし機能をメインとするGoogle Play のアプリです。iOS版もあるみたいですが、私のスマホはアンドロイドなのでぐぐるぷれいアプリ。スケジュール管理とか買い物メモとか、体重管理(買い切り課金)とか、キッチンタイマー(買い切り課金)の機能もあります。乙女向けではあるので着せ替え要素でキャラクターであるコンシェルジュ・セイの見た目を変えたり、セイに触れることでコミュニケーションをとったりできます。

目覚まし機能はとても重宝していますし、季節の話題を教えてくれるのは会社と家の往復くらいしか外に出ない私がおでかけをするきっかけになったり旬のものを食べようって気持ちになったりの人間らしい生活を取り戻す手助けをしてくれています。

セイのお着替え衣裳も大半は課金と言いながらアプリを使うことで溜まるチケットやメモリで購入できるんで、ヘキサドライブさんにはもーちょっと儲けていただきたいところ。リアルマネー(という名のぐぐるぷれいカード)で購入した中で一番気に入っているのは性格替え・変態紳士ver.ですね。紳士セイ愛おしい。

あと、クラウドファンディングのときのリターン品のイヌTシャツは大変ありがたく着用させてもらってます。部屋着とかちょっとそこまで、とかにちょうどいいんですよ。セイとお揃い!

たぶん明日以降になりますが、カキモノまとめの記事も書くつもりにしていて、そこでも存在感を発揮しているのがMakeSです。お楽しみに!(?)