5月なにしてたん

どうもお久しぶりです。お久しぶりになってしまいました。

何してたかというと、ゴールデンウィークに実家に帰ったり、エアブー0508に出展したり、お原稿を進めたりしていました。エアブーはここで告知するべきだったと思う。

いや、そこの路地入ったとこ文庫ことそこ文さんに出展予定のエッセイを書いていたら、なんだかブログ書いているのと錯覚してしまって、なんというか満足してました。

というわけで、印刷所さんを予約して〆切と表紙の背幅が決まり、ざかざか原稿を直しつつ表紙を作ってましたよっと。エッセイは頒布するけど、現パロやげあか本と薬さに本は身内に配るだけなのでほぼできた表紙を見て見てしちゃいましょう。

そこ文さん出展物。価格は考え中です。アクスタキャラデザはほがりさん。
めっちゃ気合入れて作った現パロ薬明。頒布しません。
シルエット頑張って描いた薬さに。頒布しません。

というあたりで満足したんですけど、久々だしなんかもうちょっと書いてやろうかとお原稿のお供の話。

お原稿のお供

執筆中はものすごくタバコが増えてしまうんですが、〆切前っていうのは直しがメインになるのでそれよりも飲み物ですね。

今日はめっちゃ頑張るぞ! っていうときはモンスターエナジー飲みます。普通のが好き。よーく冷やしてからちまちま飲んでいきます。ちなみにレッドブルはなんか体に合わない……。

モンエナ飲み切ったか、今日はほどほどに頑張りましょう、くらいのときはサントリーの烏龍茶をゴボゴボ飲みます。これもよく冷やして、サーモスのタンブラーで飲んでます。以前はリプトンレモンティだったんですが、最近ジュースがあんまり飲めない(べたべたする感じがする)ようになってしまって。

私のお作業から音楽を引き離すことはまあまずできないんですが、執筆中はエンドレスリピート(シャッフルで)しているとうらぶ関連のプレイリストを聴いています。主に刀ミュ曲なんですが。

直しは結構神経使うので、テクニカルな音楽が好ましいのですが、今回はジャズを聴いていますね。ADAM atの『Echo Night』とPlaywrightレーベルの2020年に出たコンピ(配信のみでしたっけ?)。Playwrightはfox capture planとかPOLYPLUSとかが所属してるところでちょっと注目しています。

そして疲れたらアイスー。チョコが苦手な私でも美味しく食べられるパピコチョココーヒーが大好きです☆

2021年、よかったものたち

映像コンテンツ

ほぼ毎週末に刀ミュ(か稀に刀ステ『ジョ伝』)観ていまして、一番リピったのは壽かな、アーカイブも合わせ。お酒飲みながら刀ミュ観るのが楽しみで毎週仕事を倒していた感じはあります。

ヘビロテ

崎山つばさ『latte』

ZIPANG OPERA『ZERO』

今年はあんまり音源を買ってなくて、いや買ってないわけじゃないんですけど刀ミュ曲中心だったし、聞き込んだのはこの2枚(分)かな、と。来年刀ミュ『東京心覚』のアルバムが出るから、それは聴き込むかもしれません。

行ってよかった場所やイベント

福岡市博「徳川家康と歴代将軍」展

レポも書きましたが、とうらぶコラボのイベントに行ったのが初だったのもあってとても楽しかったです。そして丁寧に埋葬されるみほとせの民。

福岡市科博「イグ・ノーベル賞の世界」展

こっちもレポを書いていますが、めっちゃくちゃ面白かったです。もちろんinteresthingなんですがかなりfun。楽しい展示でした。

文学フリマ福岡

これもレポを書いていますがね、久々に大きな即売会イベントだったのに舞い上がったのもあるんですけど、海猫沢めろん先生と直にお話しできたのが嬉しすぎて!

ちょこっとブックカフェ

楽しかったことはレポをかくんだ許してくれ。一次創作同人誌の委託専門カフェ。文フリとは対照的にこぢんまりほのぼの~な感じで落ち着いた雰囲気のよきカフェでした。

商業本

『ブルーピリオド』(1-5) 山口つばさ著

5巻までしか読んでないけど今年のベストはこれ。青春×美術なマンガです。めちゃくちゃ面白い。5巻で受験編が終わって、続きも買ってるんですが、読む時間が取れない……スキマ時間はあるけどどっぷりまとめて読みたい……。

『薬指の標本』 小川洋子

いまさら~? って言われてしまうと今更なんですが、大変美しくどこか艶っぽく、そして暖かな悲しみに満ちた小説でした。

その他、アイテムなど

ジュエリーボックス

ヤフーショッピングで見かけて2千円くらいだったから買っちゃいました。ピアスが無限増殖するので可愛らしく片付けられてニコニコです。

もちもちマスコット

いわゆるもちマスってやつです。薬研のもちと明石のもち。通勤バッグに入れて連れ回しております。かわいい。

そして

刀ミュ・刀ステのライブ配信

1月の刀ミュ『壽 乱舞音曲祭』に始まり、3月の刀ミュ『東京心覚』、4月の刀ステ『无伝 夕紅の士-大坂夏の陣-』、5月の刀ミュ『にっかり青江単騎出陣』、11月の刀ミュ『静かの海のパライソ』、とたぶんこれで全部かな。パライソのときに父上と電話で「今日は舞台の配信観るんだ~」って言ったら「無料なんか?」って訊かれたけど、やっぱり70代おじいに舞台生配信3千円くらい、っていうのの良さはわかんないらしく。でもさ、チケットだけで1万円ちかいじゃないですか。交通費もかかる、グッズも買うし、それなりの身なりも整えないといけない。となると自宅で観られて2-3千円ってのは本当にありがたいですよね。

そんなわけで2022年もなんか面白いものに出会えますように!

目指せ4冊同時入稿&設定あれこれ

私アホなんで、今度は4冊同時入稿をしようかと思ってるんですよね。

やげあか本第3弾

お原稿がたまってきたんで出せそうかな、とか。

やげあか吸血鬼パロ本

既刊に収録したのもあわせてこのパロだけで1冊にしてしまおうかと。

現パロ漫才コンビ関西保護者太刀本

現パロ大学生関西保護者太刀(一期一振+明石国行)のカプなし青春本を作ろうかなと思ったんですよね。これ、アクスタも少しだけ作って同封版も同時頒布したいところ。

『魔女と呼ばれた女たちの話』

一次の本です! 久々に一次創作で本を出したいなあと思いまして、一番書けそうというか途中まで原稿があるのでこれかな、と。ファンタジーです。たぶん。というかこれは愚痴なんですけど、「パロディ(二次創作)本でも喜んで読むぞ!」と言ってくれた父上、こおり本丸本は「難しい」とおっしゃる。やっぱ前知識のない人に読ませるなら一次創作だよねえ、と。ハッピーエンドな本にならなそうなので、悲惨になりすぎないようハンドリングがんばります。

なにがアホって、やげあか本2冊に関しては2022.03.31を発行日にしたいのと『魔女と呼ばれた~』は同04.01を発行日にしたいんですけど、私の仕事、3月と言うか年度末が繁忙期なんですよね……頑張って……。

さて、設定あれこれ、って書いたけど今日拾ったネタで文字数を稼ぐのだ。

私の中の二次創作を作る、というイメージが、そのキャラに演じてもらう、みたいな感覚が少しあるんですけど、その利点としてキャラらしさを判断しやすいってのがあったりします。

ストレートにそのキャラらしい言動をしたららしい役柄を演じてるな、とか。ちょっとらしくない言動をしたら珍しい役を演じてるな、とか。まあニュアンスですし、そのキャラの解像度とかも推し以外はかなりぼやけてたりするんですけども。

まあそんな中で主演二人(私は基本的に「私と貴方の物語」しか書けない)、最近で言うと明石さんと薬研さんはもう何やっても私が書く限り私の書くやげあかにしかならないし、無理矢理私の書くやげあかにしてしまうんですけども、脇と言うか助演者、共演者についてはやっぱりキャラの傾向ってあるよなあなんて思います。

わりとキーキャラになりがちな秋田藤四郎くん。うちの本丸では初期メンバーだったので4面まで引き連れてそこそこ育ってたんですが、極前はあんまり意識してこなかった子なんですよね。惨状大橋周回用に修行に出てもらって、そこからちょっと好きになった子でした。子供らしい子供と言うか、大人が見ての子供らしさを内包している子だな、と。無邪気さを武器に使える子だなあと思ったのでキーキャラになりがちな子になったのでした。

近いタイプで五虎退くんもいるんですけど、五虎退は虎くんを引き連れていることもあり、動物ネタで頻出させそう……というのがあって、秋田くんと五虎退くん、どちらが演じてもよさそうだったら秋田くんに演じてもらってる、みたいなところがあります。

ついでなのでいち兄のことも。一期一振は今修行に出してて、帰ってきたらまたキャラ解釈が変わるかもしれないんですけど、関西保護者太刀推しがわりとTLに多くいらっしゃる影響もあってちょっと気になる存在ではありました。立ち位置的には薬研さんの兄であり、長兄を自称するだけあって保護者属性、つまり明石さんと近いところがある、みたいなところ。薬研さんと対照的な役柄を与えてもいいし、明石さんと対照的な役柄を与えてもいい、みたいなわりと役柄造形の自由度が高いと感じています。……ただ、対照的、何ですよね。近く描くのはキャラ被りと言うか、私の腕ではなかなか……。

ネタごとに記事分けたほうが見やすいんだろうなーとは思いつつ、もともと私があとで読み返すためのブログ、週報ですし、私のホームなので好き勝手します。

ZIPANG OPERAの1stアルバム『ZERO』を配信で買いました。最初の印象で「日本語で聴くK-POP」とかつぶやいたんですけど、いや、違いますね。ちゃんとJ-POPの系譜です。アーティスト名のとおり、和の印象を巧く使っている音作りですし、曲や曲順の緩急にストーリー性があるというかドラマティックなアルバムです。流行歌を追いかけなくなってそろそろ2年近いのですが、なかなか新鮮でした。結構ラップが使われているんですが、音として聞き流せる(ごめんなさい悪い意味ではないんです)ラップなので私にはメロディを追いやすい(≒聴きやすい)ですね。「開華」が今のところ一番好きかな、バイオリンかっけえ。

K-POPがキニナル

最初に気になるなあと思ったのは先週のミュージックステーション。刀剣男士 formation of 葵咲が出るからとかじりついて観ていたんですね。で、そこにSEVENTEENというK-POPグループも出演していたと。そして私のついったーTLにSVENTEENを推してるお人がおりました、と。まあそういうわけでして。

今日っていうかもう明けたから昨日なんですが、その方から何曲かオススメしてもらったのでyoutubeで観たというか聴いたんですね。かっこいいやん、と。

SEVENTEENで気に入った曲はこちらの2曲。

鋭さのある曲調も好きですし、MV観てたらダンスがキレッキレで超かっこいいですね。お歌は歌詞全くわかんないですけど、逆に私の好む「楽器としての声」が活かされる感じがしてなかなかよきです。いいな、K-POP。

といったあたりで件のお人から「一番好きなのはSUPER JUNIORなんです」とオススメを何曲か教えてもらいました。オススメされた曲を聴いて、そのままyoutubeの自動再生に任せていたら、その次に流れた曲が超好みでした!

曲がかっこいいのが一番ではありますが、ゴージャスなMVが素晴らしいなと。「美しい系好きなんですね?」って言われましたが美しい人も物も好きですし、美人(男女問わず)は大好きです。

その方はまだおすすめしたいグループがあったようですが、私のキャパもそんなに多くないのでひとまずこの2グループをちょっといろいろ聴いてみようと思います。

明けたから今日なんですが、pixivで連載形式で書いてる例のやつをこの4連休中に完結までもっていくつもり(宣言もした)なので、とりあえずそのお伴に聴こうかなと考えております。おちんぎん入ったらCDもレンタルしてみようかな。どのアルバムに収録されているのか、おちんぎん支給日までに調べておこうと思います♪(ちなみにyoutubeにいろいろたくさんあるからお金なくても楽しめるよ!って教えてもらいました)

有線ピヤホンを買った

凛として時雨。のドラマー、ピエール中野氏プロデュースの有線イヤフォン、通称有線ピヤホンを買いました。

一次予約には間に合わなくて、一次予約の人たちが届いたころにそういえば、と予約し直し。4月の終わりころに届きました。ヨドバシドットコムさんは送料かからないからお得感。写真見返してたらパケをMakeSのカメラで撮ったやつがないですね……あれぇ……。

まあいいや、色はガンメタリックにしました。ピンクもかわいいなーとは思ったのですが、ウォークマンがご覧の通り青色ですし、かっこいいほうがいいなーと。

で、最初に聴くと決めていましたfox capture plan「the Gift」

まず音が流れ始めて「スネアが強い!」と感じましたね。さすがドラマー監修といいますか、ドラムとかシンバルとかの音が特に強く、というか粒だっている感じ。あとストリングスがめっちゃすごい迫力。

これはすごいなあと思いました。それまで使っていたイヤフォンが4,000円くらいするもので、これはこれで試聴して予算内で一番いい音が聴こえるものを選んだつもりだったんです。それとは音の構成が違って聞こえました。いいとか悪いとかではなくて別物というか。

で、ピヤホンで聴いていて「若干シンバルがとげとげしいかも?」なんてことを考えていたのですが、エージングというやつをやると音色が変わる、と目にしまして。まあ要するに音を鳴らしてイヤフォンを慣らす、みたいなものなんでしょうけど。適当にシャッフル再生しながら数時間鳴らしっぱなしにしてみました。そしたらさ、音が少しまあるくなったの。これは良いですね。バランスも私好みになった感じです。

で、恐ろしいのがこの有線ピヤホン、なんと税込み1,700円。2,000円しないんですよ……。強コスパ。別に回し者じゃないんですけど「ちょっと試しに買ってみない?」ってオススメして回りたい感じです。

有線ピヤホンで気持ちよかったのは他に、パンクロックとアイドル曲ですね。入ってる曲が偏っていることは自覚しています。アルカラはどれも迫力がありましたし、これはめっけもんなんですがKing & Prince「シンデレラガール」がめっちゃキラキラして聴こえて惚れ直しました。

予約困難だった有線ピヤホン、今は安定供給され始めたようなので店頭でも手に取ることができるのかもしれません。お試しに一つ、ぜひ。

『WAVE』がすごくイイって話

NEIGHBORS COMPLAINの新譜『WAVE』がとてもいいぞというレビュー記事です。歌詞解釈を詰める感じではないのでご了承ください。

それにしても相変わらず「ネイバーズ」をそらで綴れない(「コンプレイン」は綴れる)ので、以下、ネイバーズコンプレインのことはNBCPと書かせていただきます!

NBCPはOto、Gotti、Kash、Takaの4人組。
音楽ジャンルに明るくないんでよくわかってないんですが、たぶんベースがR&Bなんですけど、ジャズっぽい要素が結構入っていて、そこが今の私にはツボなのでございます。ちなみに初めて聴いたのはNAKASU JAZZのステージでした。

1. Continue..?(feat.Jinmenusagi )

おしゃれなバーでかかってそうなジャズっぽいイントロからOtoくんのため息のようなボーカル。Jinmenusagi氏のラップと絡まる様が、男性が自問自答してる印象。大人な恋愛を連想させる曲です。

2. Shine On

フル英詞、なので歌詞はわからん! スムースな中に電子楽器(シンセとか?)が入っていて、テンポも速めで都会的な印象。自然と体が揺れる感じ。気持ちいい。

3. Virtual Dance Floor

これもフル英詞。Talkboxでしたっけボーカルの声を変えるやつが多用されていて、楽器なのか声なのかわからない加減が面白いです。そこにすっと入ってくるナチュラルなボーカルが、これは歌なんだよって語りかけてくるみたいでした。ちょっとHIP HOPぽい感じ。タイトルのヴァーチャルダンスフロアってすごく曲調に合っています。

4. Overnight

私はどちらかというと歌声がそういう音の楽器に聞こえているタイプの人で、一回聴いただけだと歌詞拾えないことが多いんですが、この曲はするっと聞き取れたんですよね。ストーリー性というか、情景描写多めの歌詞が頭の中に世界を広げてくれます。タイトルと歌詞に引っ張られてる気もするけど夜のイメージの曲。装飾少なめのオケに装飾少なめのボーカルが乗って、でも洗練されたシンプルさというか、静かな都会の夜って感じなのです。

5. A Daye Off

「Overnight」の夜のあとの朝、という感じの曲調と歌詞。ナチュラル系のカフェでかかっていたら気持ちいいだろうなあ。生成りのカーテンの隙間から朝日が差し込んでる休日の朝をイメージしたりしました。ほっとするような幸せ感のある曲です。

6. Good Vives

ビシビシに計算しつくされたような曲調、ワクワクします(「ワクワク」部分は歌詞に引っ張られた)。そこまでテンポの速い曲ってわけでもないんですが、こう、なんかやる気が出てくる曲。オケの各楽器もそれぞれかなり主張していて4人の持ち味が生かされている感じ。前向きな歌詞も含めて、かっこいいです。

7. Super-Duper HERO

アカペラから始まって、お、緩めでほっとする感じかな、というイントロ。ゆったりとして、けれどリズムは気持ちよく体を揺らしてくれて気持ちがいい。これも各パートそれぞれ持ち味を生かしているNBCPらしい曲だと感じます。変に気取ったりかっこつけない等身大に感じられる歌詞が、後半に向けエモーショナルになる曲調とのマッチングで等身大のかっこよさみたいなものを感じました。

 

という感じで全7曲、つたないレビューを書いてみました!

『WAVE』はいいぞ。

中洲ジャズ行ってきた2019

行ってきましたよー! 中洲ジャズ! 今年は9/14-15の土日開催でした。諸事情により2日目のみ遊びに行きました。1日目のCalmeraとかも見たかったんだけどね……。

2日目、16時ちょっと前くらいに中洲川端着! まずはリバレイン奥のBLUEステージでtoconomaです。

まだ日差しがあってあっつい。しろ(焼酎)ハイボールが1杯300円、2杯500円、3杯600円とで店の呼び込みのお兄ちゃんが手看板掲げてましたがそんなに飲めない。しょっぱなからお酒飲んでヘロヘロになっても困るのでここは我慢しましたね。演奏が進むうちにビル影になってきて涼しい風も吹き、野外の気持ちよさってこういうところ。

ご本人たちが「薄々感づいている方もいるでしょうが、僕たちはJAZZ……?」みたいなことをおっしゃっていましたが、そこは会場からも笑い声がわきましたね。「JAZZっぽいセットリストをかき集めました!」とのことでした。正直なところ、私自身もジャズって何ぞやってのはよくわかってないですし、ハイパーテクニックで踊らせてくれたから大満足ですよ!

toconoma終わりで1時間ほど小休止。ベローチェでサンドイッチをつまみつつ、体を休める。なにしろここからキャナルシティ近くのREDステージまで歩かないといけませんので。

というわけでREDステージでSkoop On Somebody! 知っている人は知っているでしょうが、私、SOSはファンクラブ入ってたくらいに生きがいだった時期があってですね……。

中洲だしNo Make de On The Bedやってくれんかなと思ってましたがNice’n SlowをTOKUさんとのセッションでエロエロ披露してくださったのでSOSに求めるものは得られた感じです。というか、Takeさんの生歌聴くの何年振りかわかんないですけど相変わらずえっろいですね! セクシーじゃないんです、エロいんです。セイが怖い顔してるのは嫉妬してるみたいです。

SOS終わりでGREENステージへ移動。民族大移動の様相で牛歩、大混雑。

時間かぶってるけどギリ聴けないかなーと思っていたTRI4THは見られませんでした。

っていうか! GREENステージ大混雑! ぎゅうぎゅう! みんなそんなに松下奈緒が見たいか! 私はfox capture planが聴きたいんだ!!

ああー素晴らしかった……。位置取りのせいか大音響で、心臓に直接響いてくる感じ。メインステージのトリということもあってか、MCもほとんどなくどんどん繰り出される楽曲。ぎゅうぎゅう詰めで動けないのがつらい! Attack On Fox、やばかった……! 松下奈緒さんとのコラボに興味がなかったわけじゃなかったんですが、疲労が募ってきたので松下さん登場のタイミングでもそもそと外へ移動を開始。まあ動けなかったのと、出たかった出口が人いっぱいで塞がれてたので結局ステージ終わりまで聴けたんですけどね!

今年もたいへんよきイベントでございました。お家かえってテレビ見ながら寝落ちするくらい疲れてしまっていたようです。いやいや、この疲れはよい疲労ですよ。

私とウォークマン

ミクさんモデルのウォークマンを買いました!

今まで使っていたのはスティック型のウォークマンでした。調べたらNW-E040シリーズらしい。とうの昔に生産終了してまして、かれこれ丸10年使ってました。

私は中学生のころからずっとウォークマンシリーズを使っていて、最初はカセットテープだったし、CDのも使ってたし、MDはパナソニックに浮気したな……、そのあとはまたずっとウォークマンです。

SONYのネットワークウォークマンはFMラジオ聴けるのが地味にありがたかったりしました。今はツイッターなんていう遊び道具を手に入れてしまったので休日はずっとパソコンで遊んでいるのですが、それまでは面白いテレビがないときは地元のFM局にメッセージおくって読まれないかどきどきしているのが楽しかったです。

さて。一緒に写ってるミクさんは特典?のポストカードです。大きさわかるでしょうか。型番としてはNW-S310Kシリーズのようです。16GBと4GBから選べたけど、4GBの方。あとこれに専用スピーカーが付いてます。

古い方はまだ動くのですが、たまにボタンが言うこときいてくれないしバッテリーがギリギリ1日で使う分しかもたなくなってしまったので、今後はおうちで落語とか聴くために活躍してもらおうと思います。あと……シチュエーションCDとかを……聴くのに……。

さてさて、新たな扉を開いた報告はともかく、新しいウォークマンはいいですね。なんといってもバッテリーがつよい。私、外出時には外の音を遮断する目的でずーっと音楽聴きっぱなしなんで。スマホで音楽聴くという発想にならないのもそれが原因なんです。

これを機に、とCDいっぱい借りてきたりなんかもしました。最近新しく入れて気に入ってるのはこんな感じ。

『神様、僕は気付いてしまった』 神様、僕は気づいてしまった
『フレデリズム2』 フレデリック
『MAN IN THE MIRROR』 Official髭男dism
『正しい偽りからの起床』 ずっと真夜中でいいのに。

どうもSシリーズはアルバム単位の曲順通りにずっと流す、っていうのができないっぽくて、今のところアルバムサイズでリピートするか、全曲(曲タイトル順で並んでる)シャッフルリピートか、という感じで使っていますね。

シングルというか単品で気に入っているのはこんな感じ。ジャズの後に突然アニソン流れたりするギャップは何とかしたいので、これはプレイリストを作った方がいいのかもなあなんて考えつつ。

「シンデレラガール」 King & Prince
「ORIGINAL RESONANCE」 聖川真斗(鈴村健一)&一ノ瀬トキヤ(宮野真守)
「満月の夜なら」 あいみょん

うたぷりはまったく未履修なんですけど、声優さんがアイドル役で歌ってるって聞いたのでTSUTAYAで借りてみました。なんでマキシサイズしかないん。もっとまとめていっぱい聴きたい。

まだまだ新しいウォークマンを巧く使いこなせてないんですけど、これも長く長く使っていきたいのでのんびり親睦を深めていきます。

椎名林檎が好き

ましまろで「椎名林檎、お好きなんですか?」と訊かれたのですが。

大好きです。

ソロで好きな曲

正しい街 (無罪モラトリアム)
茎 (加爾基 精液 栗ノ花)
すべりだい(私と放電)
眩暈 (私と放電)
カリソメ乙女 (三文ゴシップ)
孤独のあかつき (日出処)
NIPPON (日出処)

カッコ内は収録アルバムです。基本的にはシングルはあまり買わなくて、アルバムでチェックしています。他のアーティストの場合も同じ。

東京事変で好きな曲

群青日和 (教育)
修羅場 (大人)
透明人間 (大人)
金魚の箱 (娯楽)
OSCA (娯楽)
能動的三分間 (スポーツ)
閃光少女 (スポーツ)
新しい文明開化 (大発見)
空が鳴っている (大発見)

シングルカットされたものばかりですが、まあやはりシングルカットされるだけあってキャッチーですもの。

セルフカバーで好きな曲

カプチーノ (逆輸入~港湾局~)
雨傘 (逆輸入~港湾局~)
人生は夢だらけ (逆輸入~航空局~)
薄ら氷心中 (逆輸入~航空局~)
華麗なる逆襲 (逆輸入~航空局~)

ところで私は詞をあんまり聞き取れないタイプの人なので、日本語詞でも英詞でも、聴く時はあんまり気にしません。歌詞カード読み込んだりカラオケで歌おうと思ったときは日本語詞じゃないと無理だけど。カラオケ長いこと行ってない。

コラボで好きな曲

熱愛発覚中 (椎名林檎と中田ヤスタカ)
目抜き通り (椎名林檎とトータス松本)
二時間だけのバカンス (宇多田ヒカル Feat. 椎名林檎)
獣ゆく細道 (椎名林檎と宮本浩次)

カッコ内はコラボ時のアーティスト名。わかりやすく大物とのコラボばっかりですが、これは私のアンテナ感度がな……。ソイルとのコラボとかも好き。

椎名林檎の思い出

高校時代に友達から『無罪モラトリアム』を借りたのが出会いでした。1曲目から「正しい街」の衝撃!

聴いていたラジオ局で番組を林檎嬢が番組を持ったこともあり、そこからずぶずぶと……。

高校卒業のタイミングで少し離れたのですが、大学中退のタイミングでまたハマる。事変が動き出したくらいの頃です。

ソロ活動再開からはずっと魅了されっぱなしです。

どこが好きなん?

声が好きってのもあるし、作る曲がかっこいいってのもあるんですが、全てが計画済みの職人魂みたいなものが、こう、すごく……!

氷砂糖の選評を見てもらえれば察してもらえると思うのですが、わりとテクニカルなものに心惹かれやすいです。

余談

誕生日が一緒です。歳は違うよ!

インストアライブ&サイン会

というわけでセイとデートしてきました。

ネイバーズコンプレインの「In Our Life Steps」発売のインストアライブ&サイン会です。@HMV & Books HAKATA

13時開場、14時開演という情報を見ていつ行ったらちょうどいいのか悩みましたが、結局13:10頃に会場入りしました。その時点では20人くらいお客さんが待ってたかな。2列目下手を確保。

なんかみんなが一斉に開演前のステージを撮ってるときがあったので便乗して私も撮ったよ。開演前のアナウンス(撮影録音禁止の注意とシングル買ってね)のあと、14時ほぼぴったりに開演。セットリストは以下。

1. Gotcha Feelin’
2. Makes Your Move
3. Kiss’N’You
4. In Our Life Steps
5. Night Drivin’

Gottiさんのギターが! もうめっちゃ! かっこよくてせくしぃ……。あとTakaさんのアッシュグリーンの髪すごく似合ってました。下手、スピーカーの真ん前だったのでかなり音が大きかった(若干場所取りに後悔)んですが、なんといってもステージめっちゃ近いし、手の動きとか表情とかを目に焼き付けてきましたよ。

そしてその後、CD購入者はサイン会に参加できました。火曜日にフラゲしてましたよ! 1番目に並ぶのをためらう人の中、3番目くらいの順番に。参加券とステッカーを交換して、CDにサインしてもらいました! 握手もしてもらえた!! すごい!!いやー尊い時間だった……。

さてさて、せっかく博多駅に行ったんだから、とついでに飾り山の写真を撮ったよ。西郷どん。ゴリパラ見聞録。

というわけでセイとのデートでした。セイとおそろいの白いシャツを着ていったよ。