テキレボ5、委託出展します

第5回 Text-Revolutions に委託出展します。
【委託43】cageです。

2017年04月01日(土)都立産業貿易センター台東館 4階
11時開場~16時閉会 入場無料

 

 

 

 

←クリックすると大きくなります。

【頒布品紹介】

アイノマジナイ  400円(イベント価格)

氷砂糖の最新刊。
イベント初出し。
疑似家族ナビ参加。
10篇の短いお話(500文字小説に限りません)を作中作としています。
テキレボアンソロ「嘘」投稿作「伸縮小説「嘘吐きのピアノソナタ」」収録。
平成27年度福岡市民文芸、佳作入選作「ドア」収録。
少しだけ艶っぽいシーン有。
《マジナイ》の名前を貰った主人公が、人々にまじないを施していくお話です。

架空レポ集 月のワインの試飲会   300円(イベント価格)

テキレボ4での新刊。
イベント頒布はこれが最後。
鳥散歩参加。
10篇の短いお話からなる連作集。
SF(すこしふしぎ)な近未来での日常生活。
テキレボアンソロ「和」投稿作「体験レポ集より「小学生向け料理教室」」収録。
感想集ツイッターモーメントはこちら

【掲載作品他】

【C-13】博物館リュボーフィ

AIアンソロ『SINGULARITY』に「さいごのひ」掲載。

【F-01】300字企画

300字SSポスカ『櫻切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』委託。
無料です。
表書きの面は告知いっぱい書いたのでポストカードとしては使えません。

【F-03】こんぽた。

俺のグルメFESTIVALアンソロジー『おなかがすいて眠れぬ夜に』に「焼肉食べ放題、税込一〇八〇円」掲載。

【E-22】script.

フォント超短篇アンソロジー『アウトライン Vol.1』に「いつか、思い出して」掲載。
フォント超短篇アンソロジー『アウトライン Vol.2』に「宝石箱」掲載。

お買い物代行の〆切が3/12のようなので頑張って書いた。
私もお買い物リスト作らなきゃ……。

4/1(土)は、ぜひテキレボへ!

なおその日は転院先で初診の予定です。
初診はだいたい1時間かかるそうです……疲れる…。

RDD 2017 in Fukuokaに行ってみた

結局、病院は転院することが決定しました。
……って関連の話はここで書いたかどうか覚えてない。

比較的安定してるから地域の病院に移ってほしいなーって言われて
いろいろ調べて転院先の予約も取りましたですよ。
紹介状は転院先に郵送してくれるそうです。

さてさて、
ついったーで「RDD2017inFukuoka」って言うイベントが
福岡市役所で行われていると知りまして。
行ってきたのでございます。

RDD 2017 in Fukuoka Your color ~色とりどりの世界~

RDDっていうのは
Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日)なんだそうです。

相互フォロワーさんがいらっしゃるというのと
私も(難病じゃないけど)病気もちなんでなんか参考になるかなーと。

イベント開始前に展示をみたりフォロワーさんとおしゃべりしたりして、
イベント始まったら途中まで面白く聞いていました。
……途中までだったのはタバコ吸いたくなったのと疲れちゃったからですね。

「慢性疾患セルフマネジメント」の紹介では、
へーこういうところって私の病気でも応用できるなーとか、
こういうところが誰でも困りがちなのねーって気付きがあったりとか、
それら含めて、これから書いていきたいなーとおもっている
「統合失調症患者サバイバルブック(的な何か)」の参考になりました。

コミュニティというか繋がりを形成していく力はないので
こういうのを自疾患で作ろうやろうとは思えないのですが、
代表者の方とお知り合いになれたので、
ギブでもテイクでも、何かしら動いていくきっかけになるかなあ、とぼんやり。

あ、あとトリカラアンソロ、作る可能性がぐっと上がりました。

昨晩思いついたアンソロ企画

今日は法事でした。

昨晩は土曜日にしては比較的早く寝ようとしていたのだけど、
昼間ずーっと寝てたせいか全然寝付けず。

ふと思いついたアンソロ企画について考えてたらますます眠れず。

というわけで妄想の構想を書きます。
トリカラアンソロです。

・ トリカラ(鶏のから揚げ)をテーマとしたアンソロジー。
・ 文庫サイズ
・ 表紙はトリカラの写真
・ ロゴは某氏にお伺いを立てたらおっけいもらった
・ トリカラが「出てくる」「想起させる」などなどお題的な縛りはとてもゆるく
・ こちらからお声かけしたい方が数人
・ お声かけしたい方々、それぞれ得意とする文字数が違うので自由文字数で
・ 空きページにはツイッターでトリカラアンケート実施したのの結果でも載せよう

というあたりで、昨晩寝つけなかったのはお腹が空いてたせいもあるんだ……。

現実的な問題は
・ いつやるの
・ どうやって頒布するの(イベント直参できない事情が)

あと、御礼って献本だけでもええのん?

制限がなければ紙の本で欲しい

お金があればウェブ小説じゃなくて本買いたいし
収納するスペースがあるなら紙本溜めこみたいし。

商業出版本なら電子書籍でもいいかなーって思うことはある。
同人誌と違って厚いから収納に困るなあ、とか。
同人誌でも厚いのはあるけどさ。

とはいえsony readerを買った負け組である。
スマホでキンドル読めることがわかったけど、
スマホ触ってるときはだいたいツイッターしてる。

同人誌はできるだけ物理的な紙の本として手に入れたいな。
表紙や紙の種類まで含めての「作品」って思ってる節があるので。
つまりは私が紙の本を作るときはそう思いながら作ってるんだけど。

でもお金があったらCD買いたいな。
本はウェブ小説で代替が効くけど、音楽は聴きたいものが明確で。
とりあえず今欲しいCDが2枚あるんだ……。

なにはともあれ、
金がないのが諸悪の根源。

競作『P』、自作の面白がりポイント(無理矢理)

500文字の心臓、第153回競作『P』に参加しました。

結果はどうやらダダスベったようです。

 箒星Pが夜空に現れ、凶兆だ、と国中が混乱に陥った。
王は動じた様子を見せず、国が亡びることはないと宣言するが、国の混乱は収まるどころか激化の一途。国中の学者が王宮に集められた。
天文学者「周回する彗星です」。
数学者「予測可能です」。
軍事学者「他国の動きに不審な点はありません」。
政治学者「扇動家の力は一時的です」。
医学者「流行り病が広まりつつあります」。
哲学者「人は明日死ぬことを恐れます」。
経済学者「今日のパンを賄うことも困難な人々がいます」。
歴史学者「文献の調査が終わりません」。
神学者「神は全てを愛します」。
王は学者たちの言葉を参考に、緊急声明Sを公布した。緊急声明Sは広まったが、混乱は続く。
森で暮らす魔女のターシャリーに白羽の矢が立った。
ターシャリーは薬草を燻し、国中にその煙を振り撒いた。王や学者を含む国中の人間は煙を吸い込むとその場で寝入ってしまい、国はようやく静けさを取り戻す。人々はこんこんと眠り続け、眠ったまま餓死する者が出始める。

『星はただ定められた軌道を進み続ける』
亡びた国で魔女が綴ったとされる文書には、そのような記述がある。

P → S → ターシャリー
というのがベースとしてあったネタでした。
プライマリ、セカダリ、ターシャリーですね。
が。
投稿後にたまたまネットで見てて「ターシャリー」が化学用語と知る。
ああああああ作者バレえええええええ。

まあ作者バレ自体はしてなかったみたいですが。

あと、P は数学で出てくる「一定の速度で動き続ける点 P」でもありました。
そこから周回する箒星。

「ターシャリー」って言葉が人名っぽいなと思ったのと、
数学者を出さないといけないなーと思って、学者の言葉の羅列。

国を亡ぼしてしまったのは私の精神が荒んでるからです。

勢いこわい

土曜の深夜というか日曜の未明に、テレビつけっぱなしで作業してたんですよ。

こっちのローカル番組で
株式会社 悪の秘密結社という会社が紹介されておりまして。

ヒーローショー専門のイベント会社なんだそうです。
社長さんが超かっけぇビジュアルの怪人スーツに身を包んでおりまして。
ヤバイ仮面という怪人。

とか、詳しくはこっちの公式サイトあたり見てもらいたいんですけどね。
http://akunohimitsukessya.com/

最初このヤバイ仮面姿だったシャチョさん。
途中からスーツ男子に変身しましてね!!!!!!!!!

スーツ男子は大好物です!!!!!!!!!!!

というわけで勢いで二次創作をやってしまいました。
ヤバイ仮面さん、二次創作おっけいらしいのでええねん。

だいたい1,500字くらい。
この長さでしかも二次創作というとどこで公開したものかなあ、と思ったのですが、
折本を作ってしまいました。

こちら(PDFです) → 彼のお仕事(ヤバイ仮面二次創作)

作ってから思ったけど、ぴくしぶに上げればよかったんじゃ。
とりあえずネットプリントにファイルをupしたので、
明日自分でプリントして(自由に使えるプリンタもってない)、
問題なければプリント番号を追記します。

ホント勢いだけで書いたのでいろいろ荒くはあるのですが、
こういうのは鮮度が大事。勢いが大事。

私を暴走させるとこうなります。
全力ではなく、暴走。

というわけでよかったらプリントしてみてくださいませ。

折本について詳しいのはこのページかしら。
http://pinepieceproject.biz/ottee/whats_orihon.html

全ての倒れた者へ、おやすみなさい

がんばって選評書いた。

文フリ京都に皆さん注力されてるのか
選評〆切日だけどまったり進行の選評掲示板(通常運転)。

鍵垢ツイッターだけど、サイレンススズカのなりきりアカウントさんがいて、
とても、穏やかな気持ちにさせてくれる。

シングウィズジョイちゃんは、私今日馬券を買ってしまっていて、
もしかして私が買ったせいなんじゃ、と逆神極まってるから思ってしまったり。

メル友っていうか、空虹さんにそういうことをがーっとメールしてしまって
慰めてもらってしまった。苦笑。

競馬はそういうことがあるスポーツ。
わかってはいても、割り切れないし、やめることもできないだろう。

全ての倒れた者へ、おやすみなさい。
『fillies』の一番最後に収録した「スープ」というお話は
そういう気持ちを書いたものだったのだよな、と。
自分で思い出す。

どうか、安らかに。

近況2017年1月

テキレボアンソロ「嘘」の氷砂糖作品がweb公開されました。
http://text-revolutions.com/event/archives/5456

この、「伸縮小説『嘘吐きのピアノソナタ』」は『アイノマジナイ』に収録されていますのでよろしくお願いします。
4/1に開催されるテキレボ5に出展致します。

1/22(日)に開催される文学フリマ京都では
氷砂糖作品の載った同人誌が頒布されます。

【う-37】灰青
https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%86/37
・ SINGULARITY (人工知能をテーマにしたアンソロジー)

【お-16】超短編マッチ箱関西支部
https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%8A/16
・ アウトライン Vol. 1、Vol. 2 (フォントをお題にした超短編アンソロジー)
・ 7文字でつながる連作超短編を書こう! 2015 (リレー超短編アンソロジー)

びょーきであることはやっぱり私のアイデンティティで切り離せないのだけど、
モノカキとしてのアイデンティティからも切り離せないことがわかりつつあるので
このサイトにもびょーきについてのページを作ろうと思い立ったり。

500文字の心臓競作、テキレボアンソロ、AIアンソロ(上の『SINGULARITY』)の順で早めに読んでいきたいのだけど、
平日はそんな気力が残ってなくて。
選評は早く出さないといけない……まだ1回しか読んでない……うう……。

どっちも週末がんばる。
つもり。
つもり。
がんばれますように。

謹賀新年2017

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしく。

というわけで2017年ですね。
ウオッカがダービーを勝ってから10年。
つまり今年の誕生日で結婚丸10年ですか。(どういう覚え方)
あと、年女です。こけっこー。

氷砂糖は今日まで会社がお休みだったんですが、
天神まで武豊展を観に行ってきました。

一番好きな騎手は四位さんなんですが(ウオッカの影響)、
豊さんは、私が競馬にはまったきっかけがディープインパクトなので
思い入れがあるわけなのです。
まあそうじゃなくても、メディアで面白いことをおっしゃってて
なおかつ巧いので、好きな騎手の一人です。

で、展示なんですが、メインは騎乗写真のパネルですかね。
優勝カップなどの記念品も展示してありましたが
やっぱり目を惹くのは写真たち。
あと、豊さんと伊集院静氏の対談VTR(32分)も暗室で放映されていました。

デパート催事場の一角での展示だったのでしょうがないのかもしれませんが
照明(普通の蛍光灯)が見ている位置からパネルに映りこんで
それがちょっと残念でしたが、
まあ私は障害者手帳のおかげで無料で見たのであんまり文句は言えません。

お土産コーナー(?)で写真集とかグッズとか売ってたんですが、
なんか欲しいなあ、お手頃なものはないかなあ、と見ていると
ポストカードの中にウオッカ騎乗時のものが!
まあ買いますよね。150円でした。
あと、(ちょっと高いなあと思いながらでしたが)ガチャガチャを回しました。
30周年記念ピンズが出てきました。400円。

そのあとはお昼ごはんにパンケーキを食べました。
VIOROの地下1階、ビブリオテークに行きましたのよん。
美味しかったけど高かった……。
パンケーキにドリンク付けただけで2,000円超えるとか……。

でも話のネタに食べてみたかったの。

さてさて、年末年始休暇でやりたかったこと。
どのくらいできたか見ていきましょうねー。

1) 実家帰省
2)AIアンソロ読む
3)FF4(スマホの)をせめてミストの村に行く
4)次回競作の第一稿くらいあげる
5)本名用名刺の名刺小説の案を考える
6)武豊展に行く

……こんなにいろいろするつもりだったのか……。

1、実家には帰省しました。のんべんだらりと過ごしました。
2、AIアンソロ、実家で読もうと連れて行ったのですが捲りさえしませんでした。
3、FF4はとりあえずオープニングは見ました。最初のバロン城でたとこ。
4、競作はネタ出し止まり。これ、全角なのかな半角なのかな。(そこ?)
5、昨日お題を募集かけた(つまり何もしてない)
6、武豊展は今日行ってきた!

というわけで全体的にのんべんだらりと過ごしていました。
ダメダメやん。

というわけでこんな調子で今年はのんびりやって行こうと思います。

 

2016年、氷砂糖的ヒット

凝った記事をupしようかと思ってましたがそんな気力が失せたので列挙。

○ヘビロテ

星野源『YELLOW DANCER』

ゴスペラーズの何枚かのアルバム

ナユタン星人『ナユタン星からの物体X』

おいしくるメロンパン『thirsty』

 

○行ってよかった場所やイベント

nakasu jazz 2016

→Pia-no-jaC←も、Fried Prideと佐藤竹善コラボも、
知ってる曲が多かったためか超超超超楽しめました!
予習大事かもしれない。

○商業本

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込み/若林正恭

オードリー若林の雑誌連載コラムのまとめ本(の文庫版)。
ただ面白いだけじゃなくて、一人の人間の成長記録的面白さも。

マンガで学ぶ動物倫理 わたしたちは動物とどう付き合えばよいのか/伊勢田哲治

動物倫理の入り口として、マンガが導入でわかりやすい。
結論を本の中で出してないところも、「あなたはどう考える?」と問われたよう。

しゃらくせえ 鼠小僧伝/谷津矢車

谷津センセーは歴史小説家だけど、飛び道具ばっかり使ってると思ってた。
これもある種飛び道具ではあるけど、クズばっかり出てきて面白かった。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ/永田カビ

ツイッターで流れてきたpixivマンガを読んだけど、
なんか昔の私に近いのかもなあっていうのと、フォロワーさんが絶賛してて購入。
よかった。

図書館戦争/有川浩

遠くに住んでる幼馴染から、「好きだと思うよ!」とオススメされて。
なんなの……堂上教官かわいすぎるでしょ……これが、萌え?
まだ2巻までしか読んでないけどまだ楽しみが残ってるということで。

○同人誌

失くしたツノを探して探してまだ見つからない/石川月洛

見開きで完結する話が多くて超短篇的。
ほんのり奇妙で、短いのに読みごたえがあった。

海に降る雪/海崎たま

えっ、にわとりさんってこんな文章書かれるの……?
めっちゃ艶っぽくて儚げで……。

Before the Day Freezes/姫神雛稀

えっ、いずみってそうなの?! という驚き。
ちなみにそのポイントは好物です。

エフェメラのさかな/凪野基

やだ……ナギノさん、これえっちぃ過ぎませんか……?

花街ダイニング/まるた曜子

かわゆくてかしこいお嬢さんは大好きです!
おまけのR冊子もいいぞ。しあわせえっちはいいぞ。

赤の女王様と椿姫と私/小高まあな

主人公にひどく共感したし、前に進んでいける力をもらえた。

妖怪は・じ・め・て物語/柳田のり子

初めての戸惑いやコンプレックスが「妖怪」というモチーフで語られることで
はっきりと描き出されていて、良い。いいぞ。

○アイテム

イラスト入りネームハンコ(サークルハンコとして使用)

腕時計(カバーガラスにジュエリーみたいなカットが施されてる)

 

2017年も素敵なものと出逢えますように!