#ちょこbc 告知!

1週間後です! って書こうと思ってたんですけどたぶん書いてる間に日曜日になってしまいますね。

2019.12.07(土)、天神のチクモクビル1Fで開催される「ちょこっとブックカフェ」に委託出展します。

http://chocottobc.mystrikingly.com/

土曜日ですのでお間違えなく~(通院の予約取ろうとして土曜日だと気付いた)

さて、氷砂糖は3種類のご本を委託出展いたします。

上から説明していきますね。

王子の恋 400円

ライトな読み口の歳の差ロマンスです。魔法の国の王子様(13歳)と男装竜騎士姫(獣医)の恋の行方は……表紙でネタバレしちゃってるんですが、読後感の良いハッピーエンドとなっております。

ジュエル 300円

ジュエル、大事なもの、そばに置いておきたいもの、をテーマにした超短編作品集です。ゆるくつながった連作っぽいものの間にまったく毛色の違う小品が並んでいたりしますが、お試し気分で手に取るならこちらをどうぞ。なんと作ったときのコンセプトは「カフェに連れて行ける本」だったんだぜ。

lesson 400円

超短篇を作中作とした中編小説でやや純文学寄りの現代ファンタジーです。出展3作の中では氷砂糖らしさが一番あらわれてる本かなと思います。2部しかお預けしてないですし、それで在庫全部です。

 

予定時刻は未定ですが、当日は私もブックカフェにお邪魔しようと思っています。名刺くらいは持っていこうかな。

TLで見かけたカメさんクッキーがかわゆかったのでたべたい。写真撮りたい。

文フリ福岡行ってきた2019

というわけで文学フリマ福岡に行きましたのよ。今回はエルガーラホール。天神大丸の上にホールなんてあったんですね。

えっとね、結論から言いますとですね、楽しかったんですけど予算オーバーしました。うう……。

会場着いたのは11時を少し過ぎたくらい。入口のところで声をかけられて立ちどまる。さきがけ文学会の霧谷さんでした。そのままちょっとおしゃべり。ちょこっとブックカフェの私の申し込みが滑り込みだったそうで、申し訳ありません! しかし私はホント人の顔が覚えられなくてな……写真で見たらもう少し覚えるんですけど、そういうわけにもいかない。

「あ」の列から順番に眺めて行きました。お客さん大勢! 広いホールになってよかったですね、擦れ違いでぶつかったりしなくていい。

さきがけ文学会のブースでゆうやさんにご挨拶。いつもお世話になっております。文章が印刷されたプラ板がビー玉なんかと一緒に置いてあって目をひきました。飾る文学!

5回目の開催となると出展者も来場者も目が肥えてきているためか、きちんとした「本」の形に仕上げていらっしゃる方が増えたかな、という感じがしました。んで、価格帯的にはすこーし全体的に上がったかなという感じ。とはいえ50円でコピー本を頒布してる方なんかもいらっしゃって、それ逆におつりが面倒臭そうだなあと思いました(2冊で100円になるのと、表紙がすごくきれいだったので買いました)。

書店で売っているような本って、作る場合だと私だって憧れるんですけど、アマチュアが作るものに市販品の画一性を求めるのもなんか違うな、とか面倒くさいことを考えてしまうので、書店の棚に差さっていても違和感のない本にはあまり手が伸びず。まあそういう本は総じてお値段が高いので手が出しにくいというのもあるのですけどね。あくまで私の場合なので、違う人だったら違う視点で購入する本を選ぶと思います。

さて、酔庫堂でおしゃべりの時間です。ちがう。いやいや、七歩さんには日ごろからお世話になっておりましてね。ちっちゃい団扇もらいました。つくったーっておっしゃってるツイートを見ていたのでなんかそんなキットがあるのかなあくらいに思っていたのですが、オリジナルだそうで! 酔庫堂応援バージョンをいただきましたです。他には書き手に圧を掛けるタイプの団扇とかがありました。

ここでもブックカフェのお話になったんですけど、なんか私、ちょこ文で上ランクらしいですよ(?)。次回ちょこ文のお話とか裏話とか、いろいろ聞けて楽しかったです。あ、あとチョコが苦手で申し訳ありません……(私がチョコ嫌いだからとひよこサブレ準備してくださってた)。

そのすぐ近くにバイロン本社のたこやきさん! 一年ぶりです! まずは秘密の取引です(食品)。吸血鬼アンソロジーがほんとに鈍器でビビる。荷物が荷物が(荷重)。ここでもかなり長々とおしゃべりをしましたね。とりあえず、たこやきさんにお会いするからと吸血鬼コスをさせていたセイの姿をお見せいたしました。かわいいでしょーーー。話した内容はだいたい会社の愚痴なんですけど、ハレの場でこんなお話してもうしわけ……。っていうか会社の愚痴ってどこで話したらいいんですかね、会社で仕事以外でしゃべる相手とかいないんですよね。

残りエリアもぐるーりと巡って行って、大坂文庫の上住さんとお久しぶりです! 奥様とはときどきツイッターでお話するんですけど、どこのふーふもそれなりに不満を抱えながら結婚生活してるんだなあとこちらのご夫婦を見ていても思います。あ、一応記しておきますが、上住さんはいっさい不満を口にされていません。むしろのろけを聞かされましたごちそうさまです。

で、まあ、一周したらというか途中で予算が尽きまして、疲れたし(タバコ吸いたいし)帰るかーと七歩さんとたこやきさん、それと霧谷さんにご挨拶して会場を後にしました。

戦利品。セイは今日はこんな姿をしていたんですよ。猫耳も封印。こちらはバイロン本社さまで取引させていただいたものです。梅酒は……たぶん、ブランデー漬けの方ですね(私信)。

ああ、さきがけ文学会でいただいた「文学館倶楽部」、ゆうやさんの書かれた記事が載ってるってことで読みました。ちょこ文福岡の紹介みたいな、そんな記事だったんですけど、添えられた写真に私が写ってたー!(笑) いや、顔とかはわかんないですけどね、この服装でバッグは私だな、と。

いただいたお菓子類はもぐもぐしました!

ちょこっとブックカフェ出展確定しました

2019.12.07、天神で開催される1日だけの文芸同人誌ブックカフェ、ちょこっとブックカフェに出展が確定しました。

ちょこっとブックカフェはちょこっと文芸福岡さんの主催イベントで、委託で本を頒布できます。福岡で委託で、ということで出展申し込みは激戦だったようですが、なんとか滑り込めました!

氷砂糖名義での活動は控えると言っていましたが、在庫を頒布できる機会なら活用したいですし、天神なら自分の本が売れる瞬間を見られるかもしれない、ということで挙手してみました。これが終わったら頒布する物自体がなくなってしまうので本当にイベント出展はなくなると思います。折本とかならまた作るかもしれませんけども。

委託出展物は以下3点を予定しています。

王子の恋 おうじのこい

魔法の国の王子様(13歳)と男装竜騎士姫(獣医)の歳の差ロマンス。
氷砂糖がロマンスを書くとこうなるんだなあという感じの本です。
Kindleでも配信しておりますので待ちきれない方はそちらでお願いします。内容はほぼ同じ(誤字修正のみ)です。

ジュエル じゅえる

宝飾品にまつわるお話をたくさん収録した作品集です。
ジュエルとは手元に置いておきたいもの、大事なもの、と言う意味も込めています。
カフェに連れて行ってもらいたい本、というコンセプトで作ったものです。

lesson れっすん

超短篇を作中作とした中編小説です。
美しいものを食べる玉という生き物のブリーダーのお話。純文学が読みたい方に。
こちら在庫僅少なので委託するのも少部数になると思います。

それぞれ頒布価格は今までと同じにする予定なんですけど、確認しないといけないですし、宣伝を忘れてもいけないのでまた後日、開催が近付いてからお知らせいたしますね。

ついでに近況

めーくすのうちよそ本の編集でわちゃわちゃしてます。

#ちょこ文福岡 行ってきた

ちょこ文福岡こと ちょこっと文芸福岡 に行ってきました。

レポの前にこれを見てくれ。というかセイとのデート日記なのでご注意。なるほどこれが千日紅……。

さてさて、イオンショッパーズ天神の6F会議室、行ったことないしあの辺ビルが繋がってよくわかんねえ、とか思いながら、行けば何とかなるやろ的に特に調べずにGO。

ちょこ文福岡とは、「即売会」ではあるんですが、当日企画も充実していて、「学生文芸展」という全国各地の文芸部部誌を読んで感想送れるよ! っていうのと「折本フェア」という全国各地から集まった折本(一枚の紙を切って折って本の形にする)が展示されていてイイネ的にシールをぺたぺた貼れる、というのが目玉。

他にも「絶望の五七五を七七で救え!!」とか「コラージュ川柳」とかもたのしみにしてたんですけど、やるのは忘れていましたね……即興屋としてはやっておくべきだったね……。

学生文芸展

私はこれが楽しみでしたの。こんな感じで文芸誌が手に取れるように置いてあって、んで近くにテーブル付きの休憩スペースがありまして。ぱらぱらと数冊読んでみました。

感想の送り方は数種類あったかな。見本誌の巻末にカードがあって、それに一言感想を書くもよし、付箋が置いてあるのでそれに書きこんでページに貼るもよし(ネタバレ注意って書いてあった)、一筆箋も置いてあったので熱い感想をしたためて赤いポストに投函するもよし。

私は主に一筆箋に書いて投函しました。見本の書き方には帰るときに気付いたので、届きました各位におかれましては失礼には目をつぶって頂きたく。あと著しく文字が汚いです……ごめんなさい。

これ、あれですね。ポエイチで前やってたボトルメール企画(名前失念)っぽいですね。あれもいいアイデアだと思っていたのですが、マンパワー的に大変なんだろうなーっていうのもあって、ちょこ文で再会できてうれしいです。

折本フェア

なんと100冊を超える折本が集まったそうですよ。多くの方がネットプリントで配信しているので、折本に興味を持った君はツイッターで #折本フェア を検索だ!おなじみシステムですが、透明ポケットに展示された折本たち。気に入ったらイイネ代わりにちっちゃいシールをペタリしてね! というものです。

開場わりとすぐに会場入りして(学生文芸展読んでたけど)折本フェアに立ち寄ったのですが、すでにたくさんシールが貼られた折本が! うらやま!なお、こおりさんの折本。しーるほしい。

あ、そうそう。出展した3つの折本ですが、セブンイレブンのネットプリントで配信中です。新しいものはなくて申し訳ないのですが。

・ 『☆を預かる』  24761634
・ 『クマバチの恋』  64998804
・ 『しあわせなデート』  64179574

『クマバチの恋』だけがカラーなのでプリントに60円かかります。残りふたつはプリント代20円です。全部 09/01 いっぱいまでの配信です。よかったらどうぞ。

さて戦利品です。かなり控えめというかほとんど買ってない。ごめんなさい。

次回開催が大変楽しみなのですが、スタッフの七歩さんによると今回の会場が来月なくなっちゃうんだそうで、会場を探さないといけないそうです。すごく楽しかったので継続開催頼む……!

久々に人と人らしい会話をした気がします。

ところでセイの女コスしてました。電子のピアスっぽいカフ付きピアスとドッグタグです。最近同人イベント行くときはよく身に着けています。今日セイとのデートでしたので!