本を作るときのこだわりを語りたくなった

また本を作ったんですけどね。ええ、MakeSの。

で、最近創作関連の方々とは疎遠にしているので、本を作るときのこだわりとかを語る機会がないなあ、今回作った本が気に入ってるから語りたいなあ、というエントリです。

作るときの手順(っていうか)は、

1. どんな本にするか考える
2. 載せるお話をピックアップする、足りなきゃ書く
3. 装丁イメージを考える
4. 仮の体裁を整えて印刷所予約
5. 作業(たいへん)

な感じです。お話のストックはそこそこあるつもりなので、3 まではサクサク進みます。印刷所さんを決めるのはだいたい印刷代かな……まあちょ古っ都製本工房さんかコミックモールさんですね。初めて本を作ったのがコミックモールさんで、事務屋さん的にはPDFで原稿作るのがとてもわかりやすかったのです。

コミックモールさんはお値段とてもお手頃なのに用紙がめっちゃ選べるところがすごいなあと思います。用紙サンプルなくしちゃったので紙名手配さんとかで調べながら選んでますけど、今のところどれもイメージ通りに仕上がってすてき。

あんまり用紙選べないけど、ちょ古っ都さんもそこそこ選べないこともないので、お金ないときはちょ古っ都さんにはお世話になりっぱなしです。今回作ったご本もちょ古っ都さんです。遊び紙にもっと濃い色の薄い紙があればいいけど贅沢は言えない。お世話になっております。

表紙はデザイン表紙にすることが多いんですけど、自分一人でなんとかできる、ギリギリまで修正を自分でできる、ってのが大きいです。素材は自分で撮った写真か、イラストACさん、シルエットACさんが多いかな。たまにほかの素材も使ってます。購入することもある。あと、飾り枠を使うことが多いんですけどFRAME Designさんにはかなりお世話になってます。

中身を作るときは掲載順パズルが泣きそうになるけど、いったんWORDに貼り付けてしまったらそこから(減らすことはあっても)増やさない。あとは黙々とWORD上で校正と推敲ですね。表記ゆれの修正が泣くほど苦手です。

はあ、すっきりした。
というわけで新刊を見せちゃおう見せちゃおう。ちょ古っ都製本工房さんにお願いしました。

「fairy tale」と書いてある通り、魔女の出てくる童話風のお話なので魔導書のイメージで。レザックという紙に刷ってあります。見えてないけど遊び紙に京むらさきの上質紙。めっちゃ狙った通りにいい風合いの本になって満足です。

文フリ福岡行ってきた2019

というわけで文学フリマ福岡に行きましたのよ。今回はエルガーラホール。天神大丸の上にホールなんてあったんですね。

えっとね、結論から言いますとですね、楽しかったんですけど予算オーバーしました。うう……。

会場着いたのは11時を少し過ぎたくらい。入口のところで声をかけられて立ちどまる。さきがけ文学会の霧谷さんでした。そのままちょっとおしゃべり。ちょこっとブックカフェの私の申し込みが滑り込みだったそうで、申し訳ありません! しかし私はホント人の顔が覚えられなくてな……写真で見たらもう少し覚えるんですけど、そういうわけにもいかない。

「あ」の列から順番に眺めて行きました。お客さん大勢! 広いホールになってよかったですね、擦れ違いでぶつかったりしなくていい。

さきがけ文学会のブースでゆうやさんにご挨拶。いつもお世話になっております。文章が印刷されたプラ板がビー玉なんかと一緒に置いてあって目をひきました。飾る文学!

5回目の開催となると出展者も来場者も目が肥えてきているためか、きちんとした「本」の形に仕上げていらっしゃる方が増えたかな、という感じがしました。んで、価格帯的にはすこーし全体的に上がったかなという感じ。とはいえ50円でコピー本を頒布してる方なんかもいらっしゃって、それ逆におつりが面倒臭そうだなあと思いました(2冊で100円になるのと、表紙がすごくきれいだったので買いました)。

書店で売っているような本って、作る場合だと私だって憧れるんですけど、アマチュアが作るものに市販品の画一性を求めるのもなんか違うな、とか面倒くさいことを考えてしまうので、書店の棚に差さっていても違和感のない本にはあまり手が伸びず。まあそういう本は総じてお値段が高いので手が出しにくいというのもあるのですけどね。あくまで私の場合なので、違う人だったら違う視点で購入する本を選ぶと思います。

さて、酔庫堂でおしゃべりの時間です。ちがう。いやいや、七歩さんには日ごろからお世話になっておりましてね。ちっちゃい団扇もらいました。つくったーっておっしゃってるツイートを見ていたのでなんかそんなキットがあるのかなあくらいに思っていたのですが、オリジナルだそうで! 酔庫堂応援バージョンをいただきましたです。他には書き手に圧を掛けるタイプの団扇とかがありました。

ここでもブックカフェのお話になったんですけど、なんか私、ちょこ文で上ランクらしいですよ(?)。次回ちょこ文のお話とか裏話とか、いろいろ聞けて楽しかったです。あ、あとチョコが苦手で申し訳ありません……(私がチョコ嫌いだからとひよこサブレ準備してくださってた)。

そのすぐ近くにバイロン本社のたこやきさん! 一年ぶりです! まずは秘密の取引です(食品)。吸血鬼アンソロジーがほんとに鈍器でビビる。荷物が荷物が(荷重)。ここでもかなり長々とおしゃべりをしましたね。とりあえず、たこやきさんにお会いするからと吸血鬼コスをさせていたセイの姿をお見せいたしました。かわいいでしょーーー。話した内容はだいたい会社の愚痴なんですけど、ハレの場でこんなお話してもうしわけ……。っていうか会社の愚痴ってどこで話したらいいんですかね、会社で仕事以外でしゃべる相手とかいないんですよね。

残りエリアもぐるーりと巡って行って、大坂文庫の上住さんとお久しぶりです! 奥様とはときどきツイッターでお話するんですけど、どこのふーふもそれなりに不満を抱えながら結婚生活してるんだなあとこちらのご夫婦を見ていても思います。あ、一応記しておきますが、上住さんはいっさい不満を口にされていません。むしろのろけを聞かされましたごちそうさまです。

で、まあ、一周したらというか途中で予算が尽きまして、疲れたし(タバコ吸いたいし)帰るかーと七歩さんとたこやきさん、それと霧谷さんにご挨拶して会場を後にしました。

戦利品。セイは今日はこんな姿をしていたんですよ。猫耳も封印。こちらはバイロン本社さまで取引させていただいたものです。梅酒は……たぶん、ブランデー漬けの方ですね(私信)。

ああ、さきがけ文学会でいただいた「文学館倶楽部」、ゆうやさんの書かれた記事が載ってるってことで読みました。ちょこ文福岡の紹介みたいな、そんな記事だったんですけど、添えられた写真に私が写ってたー!(笑) いや、顔とかはわかんないですけどね、この服装でバッグは私だな、と。

いただいたお菓子類はもぐもぐしました!

平成の氷砂糖を振り返る

まあ氷砂糖としての活動は2011年からなんでまだ丸8年にも達していないわけですが。

振り返るって言ってもなんとなくだらだら書くだけです。

最初の500文字の心臓投稿

『ぐしゃ』

聡くなりなさいと命じられた私達兄弟は、塔の中で書物を読み進めてまいりました。書物は膨大な量がございましたのでいくら時間があっても足りず、朝から夜までただ無心で書物を貪りました。
ある夜、塔の外から獣の声が聞こえました。私以外の兄弟は既に寝静まっており、ちょうど動物に関する書物に取り組んでいた私はイヌの声であろうと見当をつけました。イヌに関する知識を暗唱し目を閉じましたが、書物には文字しかなく、イヌの姿形は浮かべることが叶いませんでした。イヌの姿を見たくなったのでございます。
高い位置にある塔の窓からそっと抜け出し、裸足のまま声の聞こえる方へ向かいました。実のところ塔の外に出るのはこれが初めてでございました。小石や砂や草の感触が足の裏に大変刺激的で、歩みを速めるうちに気分が高揚してまいりました。
坂道を下ったところにイヌが居たのでございます。私にじゃれついてきました。触れているイヌは暖かく柔らかく、私の知識などちっぽけなものだ、そう思いました。私は私の首に下げられた薄い金属製の鑑札を取り出して握り潰しました。折れた角が手に刺さって血が滲み、もう戻らないと決意した夜でございました。

別名義で書いていたんですが、思うところあってPNを氷砂糖に変更して、心機一転で500文字の心臓に投稿した第1作。正選王いただいてしまいました。

ここから寓話的なお話をよく書くことになったんじゃなかったかしら。なんのかんの反応が欲しい気持ちはあるのです。

イベント初出展

Text-Revolutionsの第1回に委託出展しました。出展物は『総務にゾンビがやってきた!』『born to sing』の2種。反応をたくさんいただけて、ツイッターではこのイベント関連でつながるようになった人が増え、転機の一つでした。

Text-Revolutionsというイベントの特徴かもしれませんがエンタメに寄せたSF(や、ファンタジー)のウケがよく、本にまとめる場合はそれを意識するようになりました。

『総務にゾンビがやってきた!』はKindleにて配信しておりますのでよかったらどうぞ。コチラ

アンソロ初主催

初とか言ってたぶんそのまま最後なんですが、『文芸アンソロジー トリカラ』を主催しました。執筆者は公募ではなくこちらからお声掛け。各所で話題となりましたし、献本等も含めてですが120部刷ったのは自己最高です。たぶんこれからも超えない。

初二次創作本

二次創作自体はちょっとお遊び的に書いたことはあったのですが、『MakeS -おはよう、私のセイ-』というアプリにはまり、佐藤こおり名義でどっぷりと二次創作を開始。pixivをわりと活用するようになりました。本の形にするほど書いたのはこのジャンルが初めてです。あと、成人指定の本も刷りました。文章における成人指定のボーダーはいまだに理解があやふやですが。

作った本は個人的に人に差し上げてばかりだったんですが、先日納品された新刊はBOOTHで自家通販しようと思っています。この新刊は背表紙に文字入れてしまったし自立もします。

最後の500文字の心臓投稿

『魚と眠る』

テトラという名でおもちゃとして販売されたその空中浮遊型オーディオは、一瞬だけ爆発的に売れたのだけれどすぐに見かけなくなってしまった。細長くて小さな銀色は熱帯魚のように見えないこともなく、おそらく商品名の由来だった。
彼女はベッドに入る前に必ずテトラを浮かせた。だから彼女との行為の記憶には音楽が伴なっている。決まった曲をかけるわけではなかったけれど、せつない旋律を好んでいたのかな、という気はする。
初めての夜、彼女が僕を待たせてテトラを浮かせるのがひどくもどかしかった。待たされるのも不満だったし、小さめの音ではあったけれど余計な刺激が耳に入ってくるのも気に入らなかった。彼女の体は細いのに柔らかくて、濡れていて、締め付けた。力尽きてそのまま眠ってしまい、目が覚めると彼女はいなかった。テトラも。
幾度夜を重ねても一緒に朝を迎えることはないままの日々。ある夜、テトラが浮かなかった。電池切れかな、と彼女は困ったように笑い、僕は構わないのでいつものように狂おしく彼女を抱いた。音楽が流れていないこと以外は何も変わらなかったけれど、それが、彼女と過ごした最後の夜だった。

まったく票がもらえなかったわけでもないですが、これを書いたときすごくよく書けたと思ったし作品発表でも群を抜いていいと思っていたのでぱたりと自信を失いました。今でも自分ではすごく気に入っているお話です。

最後のイベント出展

第7回Text-Revolutionsに『文芸アンソロジー トリカラ』『王子の恋』を委託出展し、これ以降のイベントに出展することはやめることにしました。委託だとやっぱり直接の反応ってもらいにくいですし、(このイベントの特性もあるのでしょうが)自著宣伝がどうしても苦手で疲れてしまいました。あと自著に値段つけるのも苦手。

『王子の恋』は初めて連載形式で書いたお話です。Kindleを配信中ですのでよかったらどうぞ。コチラ

氷砂糖の作風

なんでしょうね。童話や寓話風のお話は多いかなと思います。あとは性的なものを連想させるお話も多い気が。死をモチーフとするお話を書くことは意図的に避けてきました。

氷砂糖らしいといえば伸縮小説でしょうか。100・400・800・2000文字で同じお話を書くものです。伸縮怪談をヒントにフォーマットを決めました。アイデアに著作権はありませんのでやってみたい方はどんどんやってください。

本にするくらい長めのお話を書くときは、私自身のアバターを登場させがちです。未読の方へのネタバレになってしまうので列挙はできないのですが、毎回わりと重要なシーンに登場します。結局私は自分のことを語りたいんだろうな、と感じますね。MakeSの二次創作は登場人物にまさにユーザーである自分がいるので書きやすいというのもあるんでしょう。

令和の氷砂糖

一次創作は当分しません。あ、ちょこ文に折本を送りたい気持ちはあるんですけど、今年に入ってから一次は何も書いてないので書ける気があまり……。

ちょこ文の折本以外で氷砂糖名義を使って何かやるとしたら、どこかで既発表作を採録してもらえるときとか、Kindleを発行するとき、あとはここのWPサイトを更新するときくらい。基本的には一次創作関連で動くときは氷砂糖の名前を使う、ということです。まあ日記が今はMakeS日記になってしまっていますが。

既発表の一次本はゆるゆるとKindle化していきたいとは思っていますので長い目で見守ってください。

また、今日いっぱいで架空ストアさんにお預けしている本をすべて取り下げる予定です。気になっている方はお早めにお願いいたします。氷砂糖の作品リストはコチラ

セイのご本が納品されたよ!

ぉぅぃぇ、まずは見てくれ。届きました! 納品されました! セイのご本!

MakeS童話 セイの寝物語

MakeS童話っていうのは私が勝手に書いてる童話風味のMakeS二次創作掌編小説です。18編収録しています。全部pixivに置いてます。まあ多少は手直ししましたけど。

私は紳士ガチ勢なので、紳士風味です。眠れないユーザーに紳士セイが寝物語を語ってくれる、という設定でまとめました。

王子服で写真を撮ると言ったな? あれは……やってないわけではないんですけど、吸血鬼衣装の方がなんか雰囲気に合うなあと思ったのです。吸血鬼が出てくるお話も収録されてるヨ。

「モスの表紙にするって言ってなかった?」

ハイ、いろいろ考えてこんなんなりました。表紙の内側がモスです。きらきら。

表紙がなあ、もちっとオブジェクトを小さくしたらおしゃれになるんだろうなーとか思いました。デザインセンスくだしあ。

さておき、出来上がって満足満足でございますのことよ。

このご本の今後ですが、とりあえずお世話になった方々へ献本して、残部は欲しい方にプレゼントしようと思っています。

数を数えるということが著しく苦手なので当然のように在庫管理も苦手でして、献本分が届いたことを確認してからプレゼント分は募集をかけようと考えています。待て続報。っていうか気圧の方のツイッターアカウント見てね。

ハロウィンが近付いてきてハロウィンイラストがよくupされるようになりましたね。にぎやかでとてもよき。せっかくなので私もハロウィンネタで何か書いておきたいなーとネタを探しているところです。

その他近況

500文字小説は最近めっきり書いてないというか、今日も作品ブログの更新をさぼっちゃったんですが、なんか競作の選評が集まってないとかで朝は選評書いて提出しました。もう選評の書き方なんか忘れてたね……。

文フリ福岡、行きます。酔庫堂様とバイロン本社様に『文芸アンソロジー トリカラ』を納品します。私が当日直接持っていくので、13時までには取り扱いが始まると思います。『トリカラ』はこの納品で手元在庫が0となります。気になっている方はお早めに!

椎名林檎と宮本浩次の「獣ゆく細道」がとんでもなく良い!!!!!!!

次のおちんぎん出たらあいちゅんカード買う……今は買えない……。

入稿しました!

台風でにしてつバスさんが止まったら日曜日のおでかけ辞める理由になるのになあ。

さて、セイのご本3冊目、『セイの寝物語』を入稿しました!

この本はですね、こんな感じで書き綴ってるMakeS童話という童話風味のセイのお話をまとめたご本です。

タイトルから察して頂けると思いますが、セイが眠れないユーザーにお話を聞かせてあげている、というコンセプトの本です。セイは紳士性格です。もう認めるけど私は紳士ガチ勢……。

収録作は全部pixivで読めます。

表紙データはこんな感じ。ヴィンテージゴールドのモスに刷ってもらいます。コミックモールさんにお願いするので、セイアカウントの名刺データも作りました。

セイのイラストは自作、添えてるセンニチコウイラストは素材サイトさんからです。スキャンしておいたらくがきも役に立つのだな、ふむ。

自分の作ったものに値段つけて売るの、なんかしんどい気分(夏のテキレボからずっと)なので、有料頒布はしません。貰ってくれるという人に送り付けます。

ところで。まあそんなわけで今日は記念日なんですけど、このご本の発行日は2018/10/30なんですね。実際手元に来る時期はさておき表記上は。

結婚半年記念本なんだぜ。うふふ。

『Et mourir de plaisir』ふんわり感想

バイロン本社の中の人から文フリ金沢新刊の『Et mourir de plaisir』をご献本いただきました。

収録作は
・ 第壱話 血族
・ 第弐話 黒い海、祈りの声
・ 幕間の物語 だれにでも取り柄はある
・ 第参話 望まれざる帰還
・ 第翅話 ブカレスト、海の記憶
・ 終幕の物語 永遠の昼と夜。
の6作。

このうち「ブカレスト、海の記憶」の原案者が私になってまして、原案っていってもツイッターでぶつぶつやってただけなんですが、原案者献本だそうです。ありがたやありがたや。でもそんなに気を使わないでいいのよ。

まずこの本、装丁が素敵。黒を基調に赤いバラが散らされていて、色気も感じます。とか言葉で説明するよりは見てもらいましょう。セイがいるのを気にしたら負けです。コメダ珈琲で読んできました。

バイロン本社さま発行のご本ですので当然、吸血鬼ものです。6作すべて吸血鬼の物語となっております。

短編集だと気になるところから拾い読みする人も結構いるとは思うのですが、この本はぜひ第壱話から順番に読んでいただきたいです。後の方のお話で前の方の登場人物のその後だったり謎が明かされたりしますので。全部を順番に読んでから終幕の物語を読むとなんだか微笑ましい気分になります。

私は中学から高校にかけて社会科の授業をほぼ右耳から左耳へ聞き流していたので歴史の知識がクソofクソなんですが、お話の舞台が歴史的事件のまさにその場だったりするので、歴史ものがお好きな方だとより楽しめるんじゃないかしら。あのとき、あの場所に、吸血鬼の姿があった……的な。的な。でも私でも楽しめたので歴史苦手でも大丈夫です。

氷砂糖がお話として一番好きなのは第壱話なんですが、惚れてしまいそうなのは呪いをかけられていた吸血鬼ですね。そうか、「結構、巧い」のか「いろいろと」。抱かれたい。

抱かれたいのはさておき、人物描写が巧みで登場人物が生きてる(生きてる?)感じ、要するにその人物がそういう行動をするのに説得力があります。吸血鬼が出てくるわけですからジャンルとしてはファンタジーです。けれど、ご都合主義的な後出しじゃんけんは一切なく、安心して物語世界に浸ることができます。

というわけでお勧めです!
文学フリマ金沢は05.27にITビジネスプラザ武蔵にて11:00~16:00の開催です。
バイロン本社さまは【い-27】ですのでぜひと訪れてください!
あと、トリカラアンソロもバイロン本社さまに委託しておりますのでこちらもどうぞよろしく。(最後は自分の宣伝)