折本メールが届いたよ

おうちdeちょこ文の企画、折本メールに申し込みをしていまして、これは集まった折本からちょこ文さんチョイスで郵送でお家に届く! というものでした。レポがおうちdeちょこ文終わってしまってからでごめんなさい。

届いたのはこちらの4冊。簡単に感想など。著者名敬称略です。

『最後の敵』鳴原あきら
実直なエッセイ文のような小説。オチに持っていくまでの高まりがすごいです。もともとの目的がおざなりになっている点も笑いどころだと感じました。

『オルゴール』楠樹暖
折っていくと本じゃなくて箱になります。箱型折本。箱の内底にひっそり書かれたお話は少し寂しいような感触で、でもシュール系のおかしみもあってよかったです。不器用なので折れるか心配でしたが折癖が付けてあったのでなんとかなりました!

『橄欖石狩り』藤和
SF童話のような雰囲気ですが描かれているのはSFではなくファンタジーという、なんだかちょっと不思議なお話。柔らかくて微笑ましいのにどこか不穏。最後の一文好きです。

『ひそかごと』一福千遥
写真と短歌のコラボレーション、というか写真がすっごく趣があってきれい。これ、紙もコピー用紙じゃなくて写真向けの紙だと思うんですよね、詳しくないけど。「稀なり、と」で始まる歌が特に気に入りました。

ちょこ文振り返り

今回のちょこ文では、学生文芸の先読み会に行って、おうちdeちょこ文期間は折本フェアのものをいくつかプリントしたり、絶望の575を77で救えにも参加して、なかなか楽しんだ方の人間だったんじゃないかなと思います。

折本のスタンダードも変わってきているような気がします。A3でプリントして出来上がりがA6になる折本が結構多かった印象です。確かに文庫本と同じサイズと考えるとたくさん書けるしなあ、と勉強になりますね。とはいえ、私はどうしても短いのしか書けないんでA4サイズでしか作れないと思うんですけど。

大好きなちょこっと文芸福岡、残念なことに12月のちょこっとブックカフェを以ってチョコ文さんはしばし休止に入られるそうです。近いところで楽しい催しをしてくださってありがとうございました。ブックカフェにも顔を出したいけど禍は落ち着いてますかね……。

ところで

いきなり版権の話するんですけど、今日は女審神者オンリー、通称さにイベがウェブで行われていましてちょっとばかし散財しました。てへ。

で、久々に明さにが書きたくなったので折本フェアの影響もあって折本を作っちゃいました。

セブンイレブン【56702621】〜9/5、モノクロ20円でプリントできる小説折本です。ついでだからPDFも公開しておくか。こちらです。

イベントとかあるとやっぱりこう、気持ちが盛り上がって創作意欲がわくわくしたりしますよね。うん。

作品と受け手の当事者性

読書って言うかエンタメというものは、基本的には出来事を外から観察して楽しむものだと思う。

だから登場人物がたとえばひどいクズでも、楽しめたらおっけーってところがある。
「あの人面白いよね、知り合いには欲しくないけど」
「この事件怖いなあ、身近では起きてほしくないけど」

エンタメをやるなら物語なりキャラクターなりの多少の派手さが必要とされると考える。結果、身近にいてほしくない人や起きてほしくない出来事が登場してしまう。

それ自体は一つのあり方だし、否定することもないと思う。私だってそんな風に安全圏から物語を楽しんでいるし、フィクションだからと倫理に反することを見ることもできる。

ここで私の葛藤は、作ったものを受け手自身の物語にしたい、というところにある。

籠解放会レーベルで出してるKindleを見てもらえればわかると思うけれど、物語を書くことは私にとって声を上げることだ。こういう嫌なことがあって、こういう風にしたら・されたら少しはましになる気がする、という声。だから外から傍観してもらうだけでは不充分で、受け手に身近なものとして受け取ってほしい。

架空レポ集 月のワインの試飲会』なんかは自分でもよくできたものだと思っていて、演出上増刷しない(読んだらわかります)とかもいいアイデア出せたなあと満足。いただいた感想でちゃんと届いたっていうのがわかったことが大きいけどね。

まあ問題意識だけでお話作るのも疲れちゃったし、ただ手慰みに自分の持っている技術がどこまで通用するか遊びたい、くらいの気持ちで今はいるのですが。

MakeSなんかはその辺すごくよくできていて、セイはスマホ(端末)の中のアプリのUIという設定。設定というか実際それは事実で、現実とフィクションの塩梅が見事だなあと思う。だからこそハマった。

私もそんな風に人に影響を与えたいなあという気持ちが、まあ実際あります。名前なんか忘れてくれてもいいけど、私の考えたことを広めていきたい。そういう欲。

で、なんでこんな話をしているのかって言うと、ただだらだらと考えたことを書き記したかったってのもあるんだけど、折本フェア用の折本の試作をしていて、お話は書けなかったけど、読んだ人が当事者になってくれればいいなあというものを作っていたから。ジャンルで言えばファンタジーですかねぇ。

試作品で、特に見た目がアレですが、メディアに移してコンビニ行くのが面倒だったのでネットプリントに登録してます。

セブンイレブンで【26123810】、6/1いっぱいまで。
カラーなんで60円です。

折本フェアのときにはちゃんとしたのを出す予定ではありますが、よかったらどうぞ。

なんでpixiv使うん?という話

なんでって言われたら、えっちぃのを形式上はゾーニングできるからっていうので使い始めたんですよね。

まあ今は二次置けるからってのが大きいですけど。えっちぃのもあるけど。

小説をwebに置く場合、レイアウトがものによって変わるのって(私には)見づらいです。そういう理由でもともと500文字小説以外のものはどこかの投稿サイトに置きたいなあと思っていて、いろいろ見たり触ったりはしてみたんですよ。

小説家になろう」なんかは有志企画みたいなものもいっぱいあってまあ楽しげではあるし、実際企画に参加するためにアカウント取って1つだけお話を置いてたりもするんですが、巨大であるが故か、ユーザーさんに苦手なタイプの人が多くてそのまま放置しています。

よく聞くカテゴリーエラーなんかで悩んだ覚えはないんですが(バレてるかもしれないが私はわりとベタが好き)、いろいろと not for me だな、と感じています。

なろう出身の相互フォローのプロ作家さんもいるんだけどね……申し訳ないけど……。

カクヨム」はこれは読むときの見た目がどうにも合わない。あとなんか立ち上がってすぐのときに著作権関連でごたごたしてたのも(その後調べてないから今は知らないけど)なんとなーくマイナスイメージのままです。

あとログインが面倒だね、ツイッター認証取り入れてくれればいいのに。

pixivで満足しているのかって言われたら、実のところそーでもないのですが、まあ置場としては不満は少ないです。

そんな私のpixivホームはこちらです。

pixivは(今はセイ二次小説をもりもりupしているけど)、いろんなイラストとかマンガとかを見られるのがいいですね。もともとそういうサイトなんで当たり前ですが。旬が過ぎて二次文化に触れた私には、新しい神戸(相棒)絵を見られるほぼ唯一のツールです。

で、置場として機能させたいわけなので、無課金でもずーっとデータを置いてもらえるっていうのが大事だと考えて選んでいます。

500文字小説も無料のブログに置いてるしな。

 

ところで唐突に折本の宣伝をするのですが、セイのラーメン折本作りました。

北の大地にいる相互フォロワーのアカデミストさんたちがツイッターに投げてる #世界の寸胴から っていうタグがあるんですけど、それをセイでやっちゃいましたっていう折本です。

一応、福岡市天神地区のラーメン屋さん4店を紹介(紹介?)しているので、よかったらセブンイレブンのネットプリント【3EX85MTY】をよろしくお願いいたします。5/26までです。カラー指定なので60円かかります。

自宅プリント派の方にはこちらをどうぞ。PDFです。世界の寸胴から、セイと一緒版

というあたりで、今日は2食もラーメン(インスタント)食べたので何か人間的な食事が恋しい……。