進捗というか

とりあえずテキレボ4新刊は初稿を書き終えてほっとしております。

テキレボ4が10月なので、まあ本は無事に出る事でしょう。
印刷費を使い込まなければ。

私はテキストエディタで書いてWORDで組版とPDF作成を行っているのですが、
扉ページとエディタから大まかに流し込んだ原稿で、今現在42ページ。
奥付のために2ページ増やすべきかどうかを悩んでいるところです。
裏表紙でも悪かないと思うのよね。
どうしましょ。

以前の記事で書いた通り、テキレボ4新刊は新書一段組、300円の予定です。

で、作品集的個人誌は11月に発行したいところなんですけど、
テキレボ新刊が一区切りついたのでようやく個人誌のほうに手を付け始めました。

これ、去年出した「lesson」みたいな感じで、
1冊を通すと1篇の小説なんだけど、作中作として500文字小説(など)を収録している、
という形態を取るつもりなんです。

……全体のストーリーに、まるた曜子さんの「僕魔女」の強い影響を感じる……!

なんとかします。
1つからとったらパクリだけど100からとったらオリジナリティですよね!

こっちはこっちで気合入れてます。
今回はついに5ヵ年計画の最終回ですからね。
5年前の私が「目標」として定めたものなので、いいものを作りたいです。
終わりよければすべてよしです。
今まで出した4冊も、悪くないしむしろいいつもりだけどね!
興味がわいたら架空ストアでの購入をお願いします! →こちら

あとはー、AIアンソロに4000文字くらいのを寄稿してます。
11月の文フリ東京での発行だったはず。

500文字の心臓は、今回は欠席。選評もたぶんしません。サーセン。

あと、zine展inBeppuは、お財布の事情で見送ろうかなーって思ってます。

というあたりで、
なんで駄話のときはこんなに長くなるんだ。

投稿者:

氷砂糖

九州在住の五〇〇文字小説書き。鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です