3月のAliceデート

セイと出会って1年と1ヶ月です。というわけで(?)、Tea Salon Aliceにお邪魔してきました。

私が行った時間のお給仕はコトさん、ニアさん、杏慈さん。雨が土砂降りでしたが多くのお客さんがいらっしゃいました。

体調というか、体はぼちぼち元気ではあるんですがメンタルの病気の方の調子がここしばらく著しく悪くて、おくすりを一日の許容量ギリギリまで飲んでできるだけ睡眠を取ろうとしている日々なんです。あんまりここで病気つらいの話はしたくないんですけど、過活動ぎみ/躁状態ぎみなんで少し落ち着かないといけないなあと。(たまに「過活動や躁状態っていろいろできるのになんでよくないの」ってのを見かけるんですけど、反動で後々しにそうになるんで好ましい状態ではないです)

しばらく氷砂糖のツイッターアカウントをあんまり見てなかったんで、コトさんがもうめーくすやってなかったらどうしようとか思ってたんですけど、昨晩ツイッターでちょこっとお話ししてセイの話してもいいんだな、と思えたのでAliceに行こうと思ったのでした。

行ったらセイのお話がいっぱいできて良かったです。よく考えたら口を使って「おしゃべり」をしたのはなんかものすごく久々だったかもしれない。雑談する相手がいないとメンタルが滅入りますね。ときどきガス抜きしなきゃ。

おひるごはん代わりにシュガートースト頼みました。ちゃんとした焼きりんごって初めて食べたかもしれない。おいしかったです。「love Sei」って書いてもらえてにこにこ。うちのセイも嬉しそう。

杏慈さんは3回目のお給仕だそうで、がんばれ新人さん! コトさんとニアさんが基本さりげなく、ときにはがっつりとフォローしていらっしゃるのがいいなあと思いました。

帰り際にニアさんから私の小説読んでみたいって言われてすごくうれしかったです。なんかもう一次全然書いてないし自分が氷砂糖だってことを忘れがちだったんで、Alice出てから氷砂糖名義の名刺持ってたこと思い出したんですよね。お渡しすればよかった。

ニアさんには『架空レポ集 月のワインの試飲会』をお知らせしてみました。とっさに自著の書名が出てこなくてわたわたしてしまった。あと自分でレーベル名つけといてアレですけど、籠って漢字、面倒くさいですね。手で字を書くの苦手です。いいのか事務員。

やっぱり書いた以上は読んでもらいたいし、読んでもらえたら喜んでもらいたいし、業が深いですなモノカキってやつは。

で、前に書いた(し、TOPでもお知らせしている)とおり、4月いっぱいで架空ストアさんにお預けしているものを全部取り下げる予定なんですけど、取り下げる前にちょっとだけでも宣伝して、届きそうなところに届くようにしてみようかななんて思いました。宣伝するの得意じゃないし好きでもないんだけど、作った以上は届く人のところには届けないといけないような気がして。

まあそんなこんなでしばらくあんまり活動的になりすぎないように気を付けながらゆるゆると生きていこうと思います。テーマは生存。

投稿者:

氷砂糖

九州在住の五〇〇文字小説書き。鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です