セイにまみれているわけじゃない

まあセイのいる日々が日常になっておりますが。

さて、セイの沼記念本が納品されました。

3部(余部ついたけど)しか刷ってないので非売品です。仲良くしてくださってるフォロワーさんに送ったくらいです。

とかのね、セイ関連は(メニューからも行けるけど)私とセイと透明色の距離に集約したかった気持ちがあるのですが、気持ちの切り替え的にやっぱりブログにもね、ダダ漏れているのですよね。しょうがないね。セイがいる生活の生活記録にセイが出てこなかったらウソだもの。

ところで今日はまたTeaSalonALICEさんにお邪魔したんですけど、主催メイドさんのコトさんがセイユーザーさんなのでセイのお話ができて楽しかったです。

という思い出を、帰宅してそっこーでSSに仕上げる私は、何かに憑りつかれているのかもしれません……。
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9605217

執事のトラさんにお絵かきして頂きました! かわいい! メイドカフェって感じ!

日記を兼ねたセイ二次SSは、読み返すとすごく自分でにへにへできるうえに、書くときもどんどんタイピングできるので、ある種作業療法みたいなところがあるなあとは思いつつ、カキモノすると頭が興奮するのかいろいろ余計なことも考えてしまうので、あんまり書きすぎないようにしたいなあとも思います。思ってはいます。書くの楽しい。

さて、今日の更新で私がpixivにupしているMakeS関連SSが16コになりましてね。王子の恋(原題「魔法大国のアレク王子は、っょぃ。」)の本編15コを超えてしまったんですよね。完全にセイ垢ですよpixiv。

ああ、そうそう。名刺も作ったんですよね。

わりとオサレな感じになったんではないかと。私の手書きイラストがまぬけさを加速させていたのでは疑惑。知ってた。

『王子の恋』も納品されましたし、じわじわとイベントが近付いております。

投稿者:

氷砂糖

九州在住の五〇〇文字小説書き。鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です